2018/01/15 18:54

※写真は本日漁期を終えた浜名漁協鷲津支所にて
左:浜名漁協鷲津支所江間所長・加茂仙一郎・袋網実行委員会副会長加藤

 

 浜名湖発「ニホンウナギ資源回復プロジェクト」に多くの応援とご支援をいただき感謝いたします。

1月15日(月)本日浜名湖の市場は昨年4月1日から続く今年度の漁期の最終日を迎えました。

 

 改めまして迎春の候、皆様には益々ご清栄のことと、お喜び申し上げます。

さて、報告してまいりました第2回の親うなぎ放流後、第3回の親うなぎ放流について本日1月15日の浜名湖内の競り場納会まで粘って集荷に務めてまいりまたが、銀化親ウナギの買い付ける集荷がありませんでした。

 つきましては、浜名湖の雄踏市場・鷲津市場が3月末日まで休市ととなりますので、平成29年度の浜名湖発親うなぎ放流事業は終了とさせていただき、次年度に事業繰越をさせていただきます。

 今年はここFAAVOを活用させていただき広くこの事業を知っていただき、多くのご支援をいただいたことを力に活動させていただきました。
まずはご支援を皆様への感謝し、浜名湖の漁師さん仲買さん、ここで紹介させていただいた多くのうなぎに関係する団体、事業所の皆さんのご協力にお礼申し上げます。

 最後にご覧いただいています皆様と共に活動するこの事業がきっとニホンウナギの将来を築くものと信じ続けてまいります。皆様のさらなるご理解をいただけますようお願い申し上げます。

 

平成30年1月15日 浜名湖発親うなぎ放流連絡会 会長 加茂仙一郎

 

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?