2020/08/05 18:00

こんにちは。

越前海岸盛り上げ隊隊員の、田中俊之と申します。

おかげさまでクラウドファンディングの目標を達成することができました。

現在ネクストチャレンジということで、さらに多くの皆様からご支援をいただき、誠にありがとうございます。

私は越前海岸沿いの福井市国見地区でクラゲ専門店Atollaを営む傍ら、主に生き物に関わる仕事を生業にしておりますが、生まれと育ちは福井市の中心地で、多くの住宅や商業施設が立ち並ぶ場所に居を構えています。

<越前海岸との出会い>

そんな私がはじめて越前海岸にふれたのは、小学生時代、課外学習で海洋生物の専門家だった当時の校長先生と一緒に越前海岸(鷹巣地区の亀島)で磯の生き物観察会をした時でした。

今まで図鑑でしか見たことのない、様々な海の生き物たちに心躍った記憶は今でも忘れません。

その後、元来生き物好きだったこともあり、好きなことを仕事にしたい!との思いと、都会へのあこがれから、24歳で仕事を辞め、東京の専門学校に入学し、そのまま関東圏の水族館に飼育員として就職しました。(ここでクラゲと出会いました)

そして数年後、父親の逝去を機に福井に戻ってきたのですが、都会に行く前と帰ってきてからでは、福井の見え方や感じ方がまるで違っていたことに気づきました。


<福井にUターンして気づいたこと>

特に、福井に帰ってきてすぐ、友人の紹介などで様々な地域コミュニティの活動に顔を出す機会があったのですが、そこに集まるのは福井を盛り上げるため、地域を盛り上げるために自ら動いていく熱量を持った人たちでした。

「福井にこんな人たちがいるんだ…」と、当時は圧倒されました。

そして、なんといっても自然の豊かさ。

生き物の仕事をしている手前、地域の生き物には敏感になるのですが、福井には本当にたくさんの、多種多様な生き物たちが身近に棲んでいます。それは、生き物が住みやすい豊かな自然環境がまだまだ残されているということで、こ都会では味わうことができない福井の魅力の一つです。

<越前海岸で仕事をする>

福井に帰ってしばらくして越前海岸沿いで現在の仕事を始めたのですが、当時全く知らない場所で、知り合いもいないこの地域でうまくやっていけるのか不安でいっぱいでした。

そこで私は仕事と並行して、地域の方に自分自身を知ってもらうことにも重点を置いて活動しました。

ありがたいことに、現在では地区の行事にも参加させていただく機会も増えてきました。

そして、いつしか自分自身もこの地域や人々に生かされていることに気づきました。

それは、この地域や人々とのつながりが、自分自身の人生を豊かにしてくれる原動力だと分かったのです。

そして今度は、自分がこの地域に何か恩返しがしたい、という思いが強くなり、現在も越前海岸を盛り上げるために微力ではありますが活動させていただいてます。

その活動の一つが、来年以降、この地域に小さな水族館をつくることです。

まだまだ計画段階ではありますが、着実に前に進めていきたいと思っています。

<越前海岸盛り上げ隊>

そんな私が所属する越前海岸盛り上げ隊は、今の言葉でいう多様性の集まりです。

仕事はもちろん、考え方や地域への思いも様々なメンバーが主張を出し合い、お互いの意見を尊重し、議論を重ね、越前海岸を盛り上げていきたいという熱い思いで活動しています。

今回の「はりいしゃ」改修事業も私たちの活動の一つでしかありませんし、その他にも様々な体験コンテンツの発掘や企画を考えていますが、その拠点となるのが「はりいしゃ」です。

ぜひ皆様の支援のほど、よろしくお願いいたします。


越前海岸で皆様にお会いできる日を楽しみにしています!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?