2020/08/09 21:00

皆さん、こんにちは。

このたびは私共「越前海岸盛り上げ隊」のクラウドファンディングに際し多大なご支援を賜り心から厚く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

私は越前海岸盛り上げ隊のメンバーの藤井省三(フジイショウゾウ、66歳)と申します。多分盛り上げ隊隊員では最年長でしょう。メンバーの皆さんは20~40代が大半ですので、もう私の息子や娘の年齢です。実際、可愛い息子と娘がたくさんできた心境です。頼もしく優しい息子娘たち、さらに孫同然のその小さな子供たち。大家族の歓びを味合わせてもらっています。家族って良いものです。私の方がいつも暖かく見守ってもらっています。ありがとう。

<生い立ち>

私は生まれも育ちもここ越前海岸。生まれた福井市西畑町(昔は、坂井郡西畑村)はその東端にあります。浜辺から1キロほど奥に入った、11軒の小さな農村です。村は田畑や林に囲まれ、東南西側にはなだらかな山や丘が寝そべります。海は北側で徒歩10分ほど。海水浴ができるビーチです。幼馴染たちと一緒に野山を駆け巡り、夏は海で真っ黒に日焼けして遊んだ少年時代の日々は、まさしくトムソーヤの冒険そのものでした。

<都会へ>

物心ついた18歳に、広い世界を見てみたい、と父に懇願し、この寒村を離れ東京へ大学進学しました。その後千葉で高校教師に着任。教師は父が夢見て果たせなかった仕事だったのです。百年前の1919年、父の父つまり私の祖父は39歳の若さでスペイン風邪によって落命。父は生後わずか6か月でした。我が家では一家の男の働き手は父のみ。小学生でありながら下校帰宅すると鍬を担いで田畑に飛んで行ったそうです。今なら児童労働で訴えられますね。そんなわけで過酷な百姓の労働と師範学校受験勉強の奮闘空しく不合格。貧しい我が家に彼の二度目のチャンスはありませんでした。それだけに私には心に期するものがありました。

<帰郷>

生き馬の目を抜く都会の華やかな生活の中にあって、いつも思い出すのがふるさとでした。夕陽に染まる村の我が家や両親の笑顔が回り灯篭のように私の心の中でくるくる回り続けていました。

私が37歳の春、両親がそろって病に倒れました。母は直腸ガン、父は白内障です。その知らせを妹たちから受けたとき、20年暮らした都会を離れる私の決断にためらいはありませんでした。

私達は赤ちゃんだったことを忘れてはいけないと思うのです。腹を空かせば泣くしかなかったことを忘れてはいけないと。親の助けが無ければ今の私は無い。強かった親もいつの間にか老いて弱っている。彼らを助けようという思いは無償の愛だと。そんな当たり前の衝動でした。

帰郷後しばらくすると母のガンは消えていました。きっとほっとしたんでしょうね。それから20回の四季をこの故郷の我が家で共に過ごし、2013年に母を、翌年に父を見送りました。ささやかな恩返しの一つになれたかなという思いを今こうして抱いています。

<消え去る村>

 両親亡きあと私に広大な田畑山林の保全管理の仕事が両肩にのしかかってきました。見渡すと、村が、ふるさとが大変なことになっていました。すでに村内の全戸が離農しており放棄された農地には背丈以上に雑草が伸びています。林は間伐もされずに薄暗く、つたが生い茂りジャングルそのものです。通り抜けの道がない行き止まりの我が村は、このままだと誰にも気づかれずにひっそりと消滅し廃村となってしまう。まずはこの村をたくさんの人に見てもらわなければ!村に来て泊まってほしい。そんな思いで私は2017年に農家民宿を始めました。

<村を救う観光牧場を作ろう!>

草刈りすらままならない村の老人たちに代わって雑草要員となってくれるかもと期待を込めて、私は山羊を試験的に飼い始めました。草だらけの田んぼを芝刈り機で刈ったようにきれいに草を食べてくれるヤギたち。それどころか、人懐っこいヤギたちはたちまち民宿の宿泊客や近隣の子供たちのアイドルになりました。

これだけ可愛がられるヤギたち。

そうか、ヤギの牧場を作ったらたくさんの観光客の皆さんに村に来てもらえるかもしれない。羊も飼おう。ラム肉を生産し牧場レストランでジンギスカンBBQを楽しんでもらえる!

あの有名な六甲山牧場(兵庫県神戸市)は今でこそ年間28万人の集客を誇る大観光牧場ですが、始まりの62年前は羊2頭からでした。うちの牧場もきっとできる!そう思うのです。

自然大好き。動物の世話大好き。そんな若者が牧場とレストランで働いてくれて、村に移住して、村で家族を持ち子育てを楽しんでもらえたら。それが実現したとき村は生き延びているでしょう。



<越前海岸盛り上げ隊の未来>

「越前海岸盛り上げ隊」はとてもユニークなグループです。

この越前海岸が故郷である私のような地元民もいれば、Uターンや都会からIターンで移住してきた、実に個性際立つメンバーです。世代も出身地もバックグラウンドも、スキルも実に多様多彩な彼らですが、皆に共通しているのは「熱く、楽しく一緒に暮らそうよ」という家族の絆です。それぞれが思い思いの生き方を追い求めながら、困ったときはみんなで助け合う。絆という焚火に手をかざす暮らし。

さ、越前海岸(盛り上げ隊)へようこそ。ありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?