2020/09/13 21:00

総勢130人を超えるEarth Light Project。

メンバーインタビュー企画「130のストーリー」では、メンバーそれぞれの宇宙への情熱やプロジェクトにかける熱い想いをお届けします。



今回ご紹介させて頂くのは明治大学国際日本学部4年の鶴田拓夢さんです。

誰にでも明るく接する彼の周りは陽だまりのようで、その心の暖かさが画面越しにふんわりと伝わってきました。そんな鶴田さんの人と繋がる秘訣に迫りました。


尊敬している人と何かできる。これが自分の中での醍醐味。


ーELPに参加したきっかけはなんですか?

厚い信頼を寄せる友人の三島から、「面白い人達が沢山いるよ」と誘われたことがきっかけです。実際に「宇宙に炎を掲げる」というELPに込められたメッセージや具体的な内容を聞いて、信頼性が高いと判断し参加を決めました。さらにその時、偶然にも宇宙兄弟を読んでいて、宇宙への関心が高まっていたことも大きいです。運命を感じました。ベストタイミングで誘って頂けたと思っています。


ーELPではどんな活動をしていますか?

ミス・ミスターコンとの提携を進めました。元々ELP内で企画は出ていたのですが、進んでいなかったので、自分がやりたいと思い挑戦しました。

具体的には、ミスコンの運営側にELPの企画をどういった文脈で提案するかが難しかったです。歴史あるミスコンのイメージを損なわないように意識しました。努力の甲斐があり、沢山の大学に参加してもらえて嬉しいです。


ーELPでの醍醐味ってなんですか?

ELPには自分の軸を失わず様々な領域で想いをもって頑張る、多種多様な人達が集まっています。そんな人達と一緒にこの壮大なプロジェクトに挑戦できることが最大の醍醐味だと実感しています。



人が笑う瞬間が好き。幸せを作るムードメーカーであり続けたい。

ー鶴田さんって明るいという印象です!

ムードメーカーという職種でいたいと思っています。人の笑っている瞬間が好きなんです。だから、人を幸せにできるムードメーカーでいたいと思っています。自分も幸せになりますし。

でも案外、悩みを抱えている人って沢山いると思うんです。そんな人の負の部分を少しでも解消出来る人でありたいと思っています。


ーそんなムードメーカーになるために意識していることってありますか?

まず、自分をさらけ出すことです。元々家でも自分の部屋のドアを閉めたことがないんです。悲しいこと、悔しいこと、恥ずかしいこともすべてオープンにする家庭で育ちました。だから僕自身、人と何かを共有することに対して抵抗がないんです。友達にも自分のすべてを包み隠さず話すと「あ、なんでも話していいんだ」という雰囲気が作れます。

自分がさらけ出さないと、相手はさらけ出せない。だから自分から心をオープンにすることから始めます。



しがらみを取っ払った先にある決断に覚悟がある

ー鶴田さんの将来の夢はなんですか?

僕は父親のようになりたいです。この思いはずっと変わらないもので、幼い頃から父親への憧れが大きかったです。自分のやりたい仕事に打ち込みながら、どんなに忙しい時でも家族の雰囲気を大切にしてくれています。明るくて、居心地の良い家族です。
僕もやりたいことに忠実に取り組める、最高な家族を築ける人になりたいです。


ー鶴田さんは様々な活動されていますね。迷いとかありませんか?

僕は常に本当に何をやりたいのかに焦点を当てます。お金や体裁など意思決定にまとわりつくしがらみは様々です。でもそのしがらみを取っ払って決断したいと思います。


ー最後にメッセージをお願いします。

これだけのメンバーが集まって、これだけの熱量を持って取り組み、成し遂げられないことなどない。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?