2020/08/17 16:35

きみトリMeeting!は書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の出版に向けたクラウドファンディングをきっかけに、執筆メンバーやゲストやアクセスしてくださるみなさんと語るオンラインイベントです。

・・・・・・・・
【きみトリMeeting! きみトリMeeting ! 日本仕事百貨編集長・中川晃輔さんと語る「生きる」と「働く」】

■日時 2020年8月19日(水)15:00~16:00
■参加費 無料!クラウドファンディングでサポートしていただけたらうれしいです!
■参加方法 Facebookにてライブ配信します。
お時間になりましたらこちらにアクセスしてください。  
https://www.facebook.com/manabinosharekai/

■内容 ゲストの方には事前に、『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の一部を読んできていただいています。当日は感想やら応援やらをいただきながら、ご活動との共通点などを語りあう時間を過ごします。
ライブ中はみなさんからのチャット入力でのご質問にもお応えする時間もとります。
ライブ配信は、画面OFF音声OFFでのご視聴+チャットのコミュニケーションです。
どうぞ気楽にご参加ください。


■どなたでもご視聴&ご参加いただけます。
質問や応援メッセージをお待ちしてます!!

・・・・・・・・・・・・・・・


★ゲストについて
今回のゲストは、日本仕事百貨の編集長、中川晃輔(なかがわ・こうすけ)さん。

今回のホスト、聖子が最初に出会ったのは、2015年、中川さんが日本仕事百貨に入社ばかりの頃だったと思います。長野の山中で5泊6日、インタビューしまくるという特殊な環境で出会いました。

丁寧に言葉を選んで、じっくり語る、書く。
オープンな人という印象がずっとあります。

日本仕事百貨では「生きるように働く」をキャッチフレーズに、ライター一人ひとりが日本各地に足を運び、何時間も取材し、人間対人間の付き合いをしながら、誰と働くか、何をして生きるかを見つめながら、求人記事に起こしています。
https://shigoto100.com/

まさに人を求めている。
求人サイトというより、仕事と人、人と人とをつなぐ営みが日々行われている場、というのか。

編集長としてやってこられて、今、中川さんはどんな風景を見ているのか、知りたい。

わたしがきみトリの本に入れたかったけれど入れられなかった、
・その土地とつながって暮らす、生きる。それと共にある「働く」のこと
・従来の"就活"ではない仕事へのアクセスの仕方のこと
・10代の人にとって、未だかつてない厳しい状況にある「働く」のこと
について、一緒に具体的で突っ込んだ話がしたい。
そう思って、お声がけしました。

ちょうど最近10代の人向けに場をひらいたそうで、こんな記事を寄稿されています。
https://webronza.asahi.com/business/articles/2020080700001.html?page=1

中川さんには、『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の一部を読んできていただいて、感想やら応援やら、ご活動との共通点などを語りあう時間にできたらと思います。

ライブ中はみなさんからのチャット入力でのご質問にもお応えする時間もとります。
ライブ配信は、画面OFF音声OFFでのご視聴+チャットのコミュニケーションです。
気楽にご参加ください。

中川さんとどんな話になるのか、皆さんからどんな感想が聞かれるのか、楽しみにしています!

(文責:聖子)


企画・主催:きみトリプロジェクト
HP: http://kimitori.mystrikingly.com/
Twitter: https://twitter.com/kimitori2020
Facebook: https://www.facebook.com/manabinosharekai/

稲葉麻由美
高橋ライチ
舟之川聖子

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?