2020/08/17 13:36

きみトリMeeting!は書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の出版に向けたクラウドファンディングをきっかけに、執筆メンバーやゲストやアクセスしてくださるみなさんと語るオンラインイベントです。

・・・・・・・・
【きみトリMeeting! マドレボニータ代表・吉岡マコさんと語る「仕事」と「シチズンシップ」】

■日時 2020年8月18日(火)11:45~12:45
■参加費 無料!クラウドファンディングでサポートしていただけたらうれしいです!
■参加方法 Facebookにてライブ配信します。
お時間になりましたらこちらにアクセスしてください。  
https://www.facebook.com/manabinosharekai/

■内容 ゲストの方には事前に、『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の一部を読んできていただいています。当日は感想やら応援やらをいただきながら、ご活動との共通点などを語りあう時間を過ごします。
ライブ中はみなさんからのチャット入力でのご質問にもお応えする時間もとります。
ライブ配信は、画面OFF音声OFFでのご視聴+チャットのコミュニケーションです。
どうぞ気楽にご参加ください。


■どなたでもご視聴&ご参加いただけます。
質問や応援メッセージをお待ちしてます!!

・・・・・・・・・・・・・・・

★ゲストについて
今回のゲストは、認定NPO法人マドレボニータ代表でファウンダーの吉岡マコさん。
https://www.madrebonita.com/

1998年の出産をきっかけに、産後の心身の過酷さや回復のためのサポート体制がないことを知り、独自に産後ケアプログラムを開発、2008年にNPO法人マドレボニータを設立。
近年は、シングルマザーのセルフケア、女性のリーダーシップトレーニング、2030SDGsゲームなど活動の幅を広げておられます。

プライベートでは社会人一年生の男子の母。ひとり親。
趣味は映画、家庭菜園、コンポスト、ダンス、ゴルフ、マラソン。
著書『みんなに必要な新しい仕事』『産前産後のからだ革命』など。

......ということで、社会に必要なものを作り、ひろげてきた、先輩でもあります。

執筆メンバー・高橋ライチは、先日のトークゲスト・加納土監督の母、穂子さんを通じて20年ほど前にマコさんと知り合いました。
英語を教えてもらったり、ライチの娘の保育を泊まり込みでしてもらったり、マコさんの産後にはこちらが押しかけてお手伝いしたり、ライチの第二子の産後にはマコさんが酵素玄米やハラマキなど身体によいものを差し入れてくださったり、、、とプライベートでのおつきあいと仕事面でのご活躍に刺激をいただいてきました。

執筆メンバー・舟之川聖子は、マドレボニータとNECの協働事業「ワーキングマザー・サロン」のファシリテーターを務めたことが、場づくりをしていく上で大きな転機になったといいます。


今回のライブ配信でマコさんと語りたいのは、

・私たちが子育てに際して「マジか…」という過酷さに直面し「なんで誰も教えてくれなかった?」感を持った時に、どう行動したか?
・それを解消すべく活動してきたことが「仕事」をつくることになったのだけど、
・それは仕事の話でもあり、社会をつくっている市民である「シチズンシップ」の話でもある、


というあたり。

それから、マコさんもライチも子育てが終わり(かけ)、いま、若者に希望を感じている、ということなど。
興味・関心・問題意識も、役割も、移り変わりながら、私たちは「自分のトリセツ」を更新し続けているんですよね。

当日は、マコさんからわたしたちにインタビュー的にきみトリプロジェクトのこともご質問いただけるそう。

60分でどこまで話せるか?楽しみです!

(文責・ライチ)

企画・主催:きみトリプロジェクト
HP: http://kimitori.mystrikingly.com/
Twitter: https://twitter.com/kimitori2020
Facebook: https://www.facebook.com/manabinosharekai/

稲葉麻由美
高橋ライチ
舟之川聖子

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?