2021/02/16 15:00



こんにちは!
今回は祝い植物に関してのご報告です。

mocco加古川では、地域のものを出来るだけ取り入れようとしています。
価値がありながらも隠れている・埋もれているものを取り入れ世に広めていくことも、まちなかにあるコワーキングスペースの重要な役割だと考えます。


そのような中、皆様にご支援いただいた祝い植物にもぜひその役割を担っていただけたら、ご支援のお気持ちが地域に還元され、まちと里山がより豊かになるのでは。そう願い、とあるプロジェクトに参画することに致しました。


それが、「里山バリュー」という取り組みです。



播磨地方の里山に光を当て、地域の方達といっしょに手を加え守ることで、里山の価値を最大限に引き出す。その取組みのなかに、山採りビジネスというものがあります。

これは、里山に生えている植物を「里山バリュー」が買い取り、それをお店の植栽として活用する。地域に自生している植物をつかうので、加古川の地域性を反映した空間を作ることができます。


また、自生している植物なので特徴があり、うまく使うことで上質な植栽として活用することが可能になります。
適正に手入れされた里山は持続可能なストックとなり、山採りビジネスがマネタイズされることで経済循環が発生します。



皆さんにご支援いただいた祝い植物が、地域の里山を守り、まちに還元され、経済が循環する仕組みの一部となり、加古川に潤いをもたらすものとして作用してもらえたら、いただいたお気持ちが最大限活きるのではと考えております。


只今この「里山バリュー」様と共に、里山の選定に入っています。

植物が到着するまで定期的にご報告いたしますので、引き続きよろしくお願いいたします!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?