2017/08/17 00:00

 

おかげさまで、予想を越える人数の方々からのご支援をいただいた本プロジェクト。

発起人より、あらためてお礼申し上げます。

ありがとうございました!

 

ここの募集が終わってからも、講座の参加希望の方が現れたりする盛況ぶりで

2日に分けての講座開催という、ありがたいこと尽くしのスタートとなりまして...

8月のとある週末、500km離れた大阪から

「帽子のまーし。さん」https://warashizashiki.com/を無事に召喚し、禅タロット講座@東京を開催する運びとなりました。


場所は、山手線沿線の駅近ながら、ソメイヨシノの樹の緑に囲まれた気持ちの良い会場。

ほとんど顔も知らない参加者さん同士が集う部屋に、皆さんやや緊張の面持ちで来てくださいました。


なにより、このプロジェクトを通じて何度もやり取りしていた、講師のまーしさん。と言い出しっぺのわたし(発起人マリ)が、その30分前に初めましての挨拶をしていたのも、何だか不思議なことでした。


「東京で講座やりませんか?」という、わたしが発した何気ないひと言。

そこからクラウドファンディングにつながり、知らなかった方からもご支援をいただき、日時や会場を決め・・・

参加者のみなさんが実際に集まった空間が目の前に広がっているというのは、安堵のような喜びのような、何とも言葉では言い尽くせない気持ちでした。

 

 

「みなさんが、僕をここに引き寄せたんですよ。

そして、講座を受けるにふさわしいという自信があったからこそ

みなさん今ここにいるんです。」

 

わたしが見ている風景を解説するかのように、タロット講座らしく(?)潜在意識の話から講座は始まりました。

意識の95%以上も占めている、無意識の潜在意識が現実をつくる。


あくまで現実主義のまーし。さんらしく、科学的根拠もまじえて記事にされているだけあって
男性らしい地に足ついた解説で、お話はつづいていきました。

そんな無意識をあらわにするのは、禅タロットというカードの得意分野です。

 

 

講座の要、禅タロット全79枚のまーし。さんの解説

 

 

日常に根づいた使い方を意識されているだけあって、カードの意味だけでなく、分かりやすく出来事や現象などもからめてのお話はつづき、時間的にはかなりの枠を使っていただきました。

きっと話し続けたまーし。さんはおつかれだったとは思いますが、何より禅タロットを本当にお好きなんだなということが伝わってきて、そんな方から学ぶことが出来るというのは、わたしが教えを乞う方を選ぶ目は間違っていなかったんだなと思いました。

 

 

そして、講座はクライマックスのリーディングへ...

 


今意味を聞いたばかりのカードを使って、参加者さん同士でのリーディングをするのですが、セラピスト役は何とも緊張する方が多く、うまく言葉が出なかったり、逆に話し過ぎたり(←わたしです)。


それでも、同じカードが出つづけたり、別の方のセッションでもまた同じカードが出たりして「おー!」と感嘆の声が上がる中、<カードがあらわす現実、共時性>という一番の面白さを目の当たりにして、みんな引き込まれていきました。

あっという間の時間で、終わったのは予定時刻よりもかなり夜になりました。

 

▼ ▼ ▼

...ちなみに、ここからは発起人の個人的な意見になりますが、

セッションをする側として「与えなくては」と思っていました。

「セラピスト=与える側」という当たり前の常識のような、勝手な思い込み。

 

与えようとする一方で、クライアントさんの話すのを待てないのは、相手の可能性を信じきれてなく、それは自分への自信のなさのあらわれでもあり

過去のパターンや思い込みも関係していると感じました。 

自分には「与えられるような価値が無い」と思い込んでいるからこそ、一生懸命与えようとしていたのだろうと思います。

 

<OSHO禅タロットのINNOCENCE(無垢)「’’いのち’’と’’いのち’’同志」>

 

「セッションは、セラピストとクライアント2人で創りあげるもの」

まーし。さんからは、そう言っていただきました。

「こたえはクライアントさんの中にあって、それに気づくお手伝いができればいい」と。

今の自分が何かに気づけば、意識も変わり、行動も変わり、自然に未来も変わっていく。 

 

与えるなんて何ともおこがましいですね...

どちらも与える立場であり、同時に与えられる立場でもあると感じました。

 

よくセラピストの養成講座を受けると、その人自身も癒されると聞きますが、

今回のまーし。さんの禅タロット講座は、セラピーの技法で癒されるだけではなく

<すべてのどんな自分であってもOK!>という禅タロットを通じて

 

それなら、もっと「自分の感じていることも、相手(クライアントさん等)も信じてみよう」という意識の持ち方。

常識や思い込みを超えた、自分らしい生き方。

 

もっと言ってしまえば、

宇宙や自然の流れにゆだねた、よりよく生きるための「在り方」を教えてもらった気がしています。

 

「ひたすらセッションをやっていこう」とまーし。さんがおっしゃっていたのには、セッションを通じて、自分自身への信頼につなげてほしいという思いがあるのではないかと思っています。


そんな面白くて深かったまーし。さんの講座。

 

クラウドファンディングをするきっかけとなった

「従来の常識をぶっ壊してみませんか?」という問いかけは

これから先もずっと、つづいていくのだろうと思います。

 

▼ ▼ ▼

最後に

帽子のまーし。さん、支援者のみなさま、参加者のみなさま

貴重な経験と楽しい時間を、ありがとうございました!

 

 

 

そして、冒険はつづく...to be continued

 

ーーーーーーーーーー

お疲れ様でした!帽子のまーし。です。

最初はプロジェクトが達成できるのか、と不安でしたが無事に開催することができました。

今回こういった素晴らしい機会を与えてくださってマリさん、そして参加・支援してくださった皆さんに心より感謝しております。

 

 

最初は皆さん緊張していましたが、時間とともにリラックスしてくださって、笑顔溢れる楽しい会になったと感じております。(そして皆さんがそうしてくださったのです。これも共同作業!)

1日目は全員がある同じカードを引き当て、そうかと思えば2日目にもそんなカードがあったり・・・不思議な経験がまた一つ増えました。

 

 

僕自身教えるということを通して、たくさんのことを学ばせていただきました。

言葉にしたことによって、今までやっていたセッションをより深く自分の中に落とし込むことができたのです。

その後におこなったセッションではレベルアップを如実に実感しました。

また、こういった機会で東京に行くということで鑑定依頼をくださった方もいらっしゃり、感謝でいっぱいの旅となりました。

 

 

もっともっと癒える人・癒す人が増えればと思った次第です。

まだまだ懲りずに楽しもうと思います。

貴重な経験、素敵な思い出ができました。

重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました!

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?