2017/09/05 11:20

ども!社会言語学を主に勉強しているのに、生命科学夏の学校スタッフとしてワークショップも請け負ってきたとしちるです。

 

昨年、参加した際に次期実行委員長の方に声をかけて頂き、気づいたらスタッフになっておりました。また次期実行委員長に声をかけられたので、来年もスタッフをしている可能性が高いです…(笑)

 

二泊三日の濃ーーーいイベントの中、これでもかとACADEMIC CAMPやShare Studyについて宣伝して参りました!

 

さまざまな方からの「応援してます!」の声に、気合が入っております。

進捗状況①

生命科学夏の学校には全国から130名ほどの方々が集まっており、ビビっと来た方中心に「アンバサダーとして参加しないか」と声をかけていきました!

正直、なかなかすぐにはお返事をもらえません。

それはそうですよね、どこぞのやつが何をするのか、実際どこまでできるのか、すぐに信用して、かつ時間もコストもかけてわざわざ参加しますとはすぐに答えにくいことでしょう。

ですが、少しずつ見える形にしていくことで、「おっ、これは!」と応援してもらいやすくなるのではと思い、以下の図を徐々に作成していくことにしました!

黄色:交渉中、赤:確定

すでに3県(千葉県、富山県、徳島県)のはアンバサダーとしての参加を表明して頂けました!

徳島県の方は昨年度の生命科学夏の学校実行委員長を務めていた方です。

確定していたとしても、もちろん、現地に赴いて会ってきます!!

生命科学夏の学校で出会った方々とは現地で「飲もう!」ともお話してきました!

改めて話す中で見えてくることもあると思います。

夏学にスタッフとして参加した中で、ACADEMIC CAMPに活かせる気づきもたくさん得ることができ、非常に充実した3日間でした。

 

さて、これからは記事もガンガンと書いていきます!

引き続き、応援して頂けると嬉しいです!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?