2021/07/14 15:00

本日、「北摂まち本」下版です!

最後の最後まで入念にチェックしております。


写真は「北摂まち本」表紙イメージです。

緑豊かで温かみのある、北摂らしい雰囲気が出ているでしょうか。

本は総ページ数224でボリューム満点。厚みも1センチ以上、なかなかの重量感です。

発売日は7月30日の予定で、「『まち本』ご提供」のリターンを選んでいただいた方には、納品次第の発送を予定しております。発送時にはまたご報告させていただきます。

224ページで北摂を丸ごとご紹介! ※本はダミーです

さて、中身紹介の最終回です。
前々回の「聞く」、前回の活動報告でご紹介した「見る」「触れる」の次であり最後となるのは、「味わう」「匂う」。今回も一部コンテンツをご紹介!


「味わう」

名店、老舗など北摂が誇るグルメ店のシェフ、地元の農家さん、今じわじわ増えているクラフトビールなどをご紹介します。※敬称略

【これぞ北摂の味 愛され続ける地元の名店 】・・・うどん「吾妻」、寿司「桂」、中華料理「雁飯店」  、和菓子「松竹堂」、焼き鳥「かしわ つるや」ほか 


【北摂産を盛り上げる農業 】・・・寺本農園、高槻しいたけセンター、実生ゆず、キャロライナリーパーほか

 

「匂う」

歴史、商店街など、北摂の醸し出す匂い(香り)が感じられる事柄や場所を紹介します。

【まちの歴史をたどる 商店街めぐり 】・・・茨木心斎橋商店街、高槻センター街、石橋商店街ほか

【癒しを求めて集う まちの銭湯】・・・平和温泉、露天風呂たこ湯ほか


以上です!

間もなく完成する「北摂まち本」を楽しみにお待ちください。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?