2017/11/30 10:52

南相馬市在住のシュガーです。

前回、自己紹介の意味も兼ねて、

ロメオへ参加する想いを書かせていただきました。

今回、今の気持ちを書くにあたり、

第3回公演のときの記事を改めて読み返しました。

時期としては1年半前。2015年5月でした。

旗揚げ公演、第2回公演とキャストとしてステージに立ち、

第3回公演ではスタッフと言う立場で臨むことを決めたそのときの気持ちを、

今回、ステージに上がる今の気持ちで改めて読み返し、

ロメオにいる今までの期間の中で「変わった想いと変わらない想い」があることを確信しました。

 

変わった想いの最たるものはやはり、

ステージに立ちたいというところに他なりません。
大役ではなくてもいい。数分程度かもしれない。
それでもステージ上での熱量を一番感じられるのはステージ上でした。
そして、稽古の中で感じる、一体になっていく感覚もやはり別物でした。


変わらない想い、それは、”ロメオは無くせない”ものだという気持ちです。

ロメオへの参加条件は、”男性であり、やる気があること”
”やる気”ってなんだ?
「俺はこんな武器があるぜ!」と自信を持って主張できるものだけではないです。
”なにかやってみたい”その気持ちがあればロメオに入れるものと思っています。
今のロメオには12歳から40歳まで、学生もいれば社会人、社会人だっていろいろな業種や職種のメンバーもいて、さらにはそれぞれ特技も趣味もばらばら。

そんな男たちが集まって、一つの舞台を作る。
時にぶつかり合いながら、ともに最高のものを作るために日々頑張る。
誰かができないところは誰かがフォローする。
フォローの仕方も、まるで考え方の違うフォローの仕方で新たなものが生まれてくる。

支える方も支えられる方も、ともに成長していける。

 

それらを繰り返しながら迎えた4回目の公演。

初めて福島市をモデルにした題材で挑む舞台。
福島で、男だけで、エンターテイメントで。
冬の寒さを吹き飛ばすほどの熱量を作り上げます。

”なにかやってみたい”気持ちで圧倒的な熱量を生み出す。
新たな自分に気づき、道が開ける。
そんなロメオと言う場は無くしたくない気持ちは変わらずあります。

舞台のためもありますが、ロメオが存続していくためにも、

皆様方の熱きご支援をお願いいたします。

 

 

 

ロメオパラディッソ 生出演アーカイブ
https://www.facebook.com/MKTVproducer/videos/2060381014194282/

12/2(土)、3(日)のロメオパラディッソ公演
WARAJI BOYS
福島県教育会館 大ホール

クラウドファンディングCAMPFIRE
募集終了11月30日(木) 23:59

 

チケットも絶賛発売中!
お近くのキャスト、WEBより購入可能!
チケット購入ページ → https://ticket.corich.jp/apply/86798/000/

■ロメオパラディッソ第4回本公演
【WARAJI BOYS〜オレたちの一番熱い夏〜】
作・演出:夢麻呂(『熱ら。』)

開催日時:
2017年12月2日(土)
1回目公演/14:00~ 2回目公演/18:00~

12月3日(日) 3回目公演/13:00~
会場:福島県教育会館 大ホール

ロメオパラディッソ ホームページ http://lomeoparadiso.dip.jp/

ロメオパラディッソ Facebook https://www.facebook.com/lomeoparadiso/

各音楽配信サイトにてロメオソング絶賛配信中!https://www.tunecore.co.jp/artist/lomeoparadiso#r224702

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?