この度は、たくさんの方に、
応援、拡散のご協力、そして温かいご支援をいただきまして、
誠にありがとうございました!!

おかげさまで、3,465,600円ものご支援をいただくことができました。
新目標としていた500万円には届きませんでしたが、
その7割まで到達することができました。

クラウドファンディングを始めた当初は、
まさかこれほど多くの方にご支援いただけるとは思わず、
心から驚き、感謝しています。

ご支援いただいた方はもちろん、Twitter等で拡散して下さった方、
コメント・リプ・引用RT等で温かいコメントを下さった方、
皆様のお一人お一人の積み重ねで、ここまでこられたと思います。
本当に、どうもありがとうございました!!

そしてもちろん、これがゴールではなく、本番はこれからです!

お伝えしていた通り、今後は以下のイベントのための託児を実施していきたいと思います。

●12月年末 冬コミックマーケット
●1月上旬 コミックシティ大阪※
●1月末頃 コミックシティ
●2月中旬 東京フェス
●3月上旬 J・GARDEN
●3月中旬 春コミックシティ
●5月GW スーパーコミックシティ、ゲームマーケット、コミティア
●8月お盆 夏コミックマーケット
●8月下旬 スーパーコミックシティ関西
●9月上旬 グッドコミックシティ
●10月上旬 コミックシティスパーク

※準備の関係上、1月のシティ大阪は2019年からの実施となります
(2018年8月のスパコミ関西が先行する予定です)

また、「親には安心、子どもには最高に楽しい託児」というコンセプトを
追求していきたいと思います!
遊びのおもちゃを充実させるのはもちろん、
他団体とコラボしたり、イベントやワークショップなども企画して、
子どもの時間をもっともっと楽しくしていきたいと思います。

託児を必要としている方に情報を届けるためのプロモーション方法や、
より利用しやすい料金形態なども検討していきます。

今後も責任感を持って、また自分自身も楽しみながら、
この活動をよりよいものにしていきたいと思います。
そして、たくさんのママ・パパやお子様に笑顔をお届けできたら嬉しいです。


これからも、活動を見守っていただければ幸いです。
また、至らない点がありましたら、何卒ご指導・ご鞭撻をいただければ幸いです。

 

今後とも、どうぞよろしくお願い致します!

 

2017年12月25日 にじいろポッケ主催者 四辻さつき

これまでたくさんのご支援をいただきありがとうございます。
クラウドファンディングでのご支援募集期間も、残り一週間(~12月21日23:59まで)となりました。

今回のプロジェクトをきっかけに、本当に本当にたくさんの方に応援いただき、活動を続けるばかりでなく、新しいことにも取り組める希望が見えてきました。
あと一週間で何ができるか、また、これからやりたいことを考えました。

そこで、夢は大きく!ということで、
あと一週間で【500万円】を目標に、
改めてご支援をお願いしたいと思います。

もし500万円までご支援をいただければ、以下のことが実現できます。

◇今後【2年間】、以下のイベントでの託児を確実に行うことができます!

●12月年末 冬コミックマーケット
●1月上旬 コミックシティ大阪※ ★NEW!★
●1月末頃 コミックシティ
●2月中旬 東京フェス
●3月上旬 J・GARDEN ★NEW!★
●3月中旬 春コミックシティ
●5月GW スーパーコミックシティ、ゲームマーケット、コミティア
●8月お盆 夏コミックマーケット ★NEW!★
●8月下旬 スーパーコミックシティ関西 ★NEW!★
●9月上旬 グッドコミックシティ ★NEW!★
●10月上旬 コミックシティスパーク ★NEW!★

※準備の関係上、1月のシティ大阪は2019年からの実施となります
(2018年8月のスパコミ関西が先行する予定です)

★NEW!★とついているイベントは、新たに場所探しが必要なものがあるため、
そのための費用も予算に入れています。
また、今後半年分の場所は格安(1日2万円)で借りていますが、
新たに場所を探すイベントについては、
本来の相場程度の料金(6~7万)かかる場合も想定して予算に入れています。
(でも今後の継続を考えると、なるべく安く借りられるところを探したいです)

◇「親には安心、子どもには最高に楽しい託児」というコンセプトを追求します!

(photo by ぺたぞうでんしゃ王国

●子どもの時間を楽しくするための、他団体とのコラボ
●託児会場での楽しいイベント・ワークショップ
●保育に必要な備品の充実

保護者の方に安心して預けていただくことはもちろん、
お子様に「ここ行きたい」「楽しかった」「また連れてってね」
と言ってもらえるような託児を目指します♪

◇必要としている方に情報を届けるため、より効果的なプロモーションをしていきます!

●プレスリリース (→前回のプレスリリースはこちら)
●フライヤー作成・配布(配布方法は要検討)
●HPのSEO強化、デザインの改善

◇より利用しやすい料金形態にしていきます!

基本的な定員・料金については、現在リリースしているものと変えない予定ですが、
時間の延長や、一般参加の方の利用時間について、より柔軟な設定にしていきます。

【現在の定員・料金】

・定員約10~20名※
・料金
 サークル参加向け 1時間900円
 一般参加向け   1時間約1,100円~

※「保育スタッフ最大5名でお預かりできる人数」という計算です。
スタッフ1人あたり何人お子様を預かれるかはお子様の年齢によるため、定員に幅があります。

◇その他の費用の使い道

●上記にかかる企画・運営費
●クラウドファンディング手数料
●税金など

 

高い目標かもしれませんが、

せっかくたくさんの応援をいただいたので、この機会を最大限に生かして、

より皆さまのご期待に応えられる活動にしていきたいです。

 

改めて、情報の拡散・応援、何卒よろしくお願い致します!

たくさんのご支援ありがとうございます。

ご支援いただく方や、ご利用を検討されている方に、託児を実際に利用する方は、どんな方なのかをお伝えできるよう、ご利用者インタビューをお送りしたいと思います♪

(実際は匿名でアンケートを書いていただき、インタビュー風にご紹介しています)

 

第一弾は、2017夏コミのための託児をご利用いただいた、地方から遠征のEさん(仮名)です。

(写真はイメージです)

 

四辻:これまでのイベント参加では、お子さんをどちらに預けていましたか?

Eさん:結婚して子どもを産んでから、イベントには参加していませんでした。

夫もイベントに参加するのと、地方からの遠征の為、祖父母にも子供を預ける事ができなくて。遠征に子供を家に置いていくわけにもいきませんが、夏コミ冬コミはどちらも過酷な環境ですから、イベントに連れて行くのは難しいし……。

預けようにも、イベントは主に土日、コミケはお盆に年末。託児施設を探すのにも一苦労ですし、長時間しっかり預かってもらうとなると、休日料金もあってかなり高額です。登録料を取られる場合もあったり、しかも会場からは遠かったりして、今まではイベント参加を諦めていました。

 

四辻:遠征、お疲れ様です! 託児を機会にご参加いただけたなんて光栄です!

実際にご利用してみて、満足度はいかがでしたか?

Eさん:とても満足です! 今回夏コミでにじいろポッケさんを利用して、私が困っていた全ての部分を解決できたので、とても嬉しかったです。

何より、「イベントに参加する」と言う事情をわかって下さった上での託児が、何よりもありがたかったです。預ける理由を隠したりすると、子供を預ける後ろめたさも増すし、そんな状態でイベント参加をしても、気になってあまり楽しめないんですよね……。

託児会場までの詳細な地図とルートを送って頂いたり、お迎えの際に子供の1日の様子を書いた用紙も頂いて、アフターケアも万全で安心しました!

 

(↑2017夏コミ時の利用者に事前送付した、託児会場へのルート案内※今後は場所を変更)

 

四辻:それはよかったです! にじポケでは、「イベント、頑張って下さい!」とお見送りしてますからね(笑) 何か気になった点はありませんでしたか?

Eさん:夏コミのときは特になかったのですが、冬コミは場所が会場から離れてしまったのは残念ですね。

四辻:そうなんですよね、今までお借りしていた場所(お台場)が、テナント主さん変更で使えなくなってしまって……。でも、代わりに部屋がもっと広くなって、入館ルートやトイレや水道など、使い勝手もよくなったんです。今回も託児会場までの詳細ルートはお送りしますし、できるだけスムーズにアクセスできるよう工夫したいと思います!

 

四辻:これまで、ほとんど参加できていなかったとのことですが、理想としては、どれくらいイベントに参加したいですか?

Eさん:できれば、年に1~2回は参加したいですね。

小学生でも利用出来るとのことなので、ぜひまた利用させていただきたいと考えています!

 

(写真はイメージです)

 

四辻:最後に、何かメッセージがありましたらお願いします。

Eさん:ずっと、イベント参加者のための託児施設があったらいいのに……と思っていました。
参加者の年齢層は上がっていますし、子供ができてからも参加したいという方は沢山いると思います。

それらを叶えてくださるにじいろポッケさんに感謝しかないです。
頑張って下さい!応援しています!

四辻:どうもありがとうございます! がんばります♪

 

保育スタッフさんがどんな方か、もっと知りたい!

そんな声にお応えして、にじいろポッケ代表の四辻さつきが、保育スタッフさんにインタビューをしました。

まずは、にじいろポッケの保育現場にほぼ毎回入って下さり、リーダー的存在を担って下さっている、

渡辺恵美さんのインタビューです。

 

渡辺さんはNCMA Japan(日本チャイルドマインダー協会)のチャイルドマインダーという資格を持ち、普段は個人のシッターや、イベント保育スタッフで活動されている方。

どうしてチャイルドマインダーになったのか、その理由から伺いました。

(四辻は面談でもお聞きしてましたが、改めてお尋ねしました♪)

 

四辻:どうしてチャイルドマインダーになったのですか?

渡辺さん:長年、保育士として色々な保育園に勤めてきましたが、保育の方針に違和感を覚えたり、人不足で管理職を任され、保育の現場と離れてしまったりしまうことがありました。

また、障害を持っているお子さんや夜間保育が必要な方など、保育園の枠を出てしまう方にも寄り添うような保育がしたいという想いがありました。

そこで、もう自分でやってしまおう! と考えて、チャイルドマインダーになりました。

 

四辻:「保育の方針」という話がありましたが、渡辺さんとしてはどんな保育をしていきたいと考えていますか?

渡辺さん:「家庭的な保育」がしたいと思っています。「先生と保護者」ではなく、「近所のおばちゃん」のような身近な存在になりたくて。

保育園は卒園したらあまり関わりがありませんが、今は、10年でも継続してお子様に関われるのが嬉しいです。

細く長くでもいいから、困ったときに頼れるおばちゃんとして、お母さんと一緒に子育てを楽しめたらいいなと思っています。

 

四辻:お母さんとの関係、素敵ですね。お子さんの保育の方針としては、どういうお考えがありますか?

渡辺さん:基本的には、お外で元気に、遊びを通して色んなことを学べる時間を、と思っています。

机の上のワークより、実際に外に出て季節を感じたり、動物に触れて命の大切さを感じるとか。

また、動画やDVDを見せたりするのは、最後の手段にしたいなと思っています。

他のイベント保育等では、ずっとDVDを流しっぱなしにするようなところもありますが、私としては、家ではいくらでも見れるから、せっかくだから他のことを楽しめる時間にできたらな、と。

もちろん、初めての子を預かるので、大泣きしているときは、気を紛らわせるために見せたりすることはありますけどね。ちょっと見たら落ち着いたりしますし、臨機応変に。

 

四辻:お外でのびのび、いいですね! にじいろポッケのイベント保育では、(安全管理上)なかなかお外で遊べませんが……

渡辺さん:そうですね、個人のシッティングのときはお外に連れて行くことが多いですが、イベント保育では、基本室内が多いです。

にじいろポッケさんは、けっこう長時間ですよね。だから、室内で身体を動かせるような時間を作っています。ビニール袋の風船で遊んだり、追いかけっこをしたり。にじいろポッケさんの会場は、お部屋が広いからいいですよね。

 

四辻:あれ↑楽しそうでしたよね!

逆に、にじいろポッケの託児で大変なことはありますか……?

渡辺さん:大変なこと……そんなにないですよ。すごく大変だったら、毎回引き受けないです(笑)私も楽しみたいと思っているので。

最初はぐずってたり泣いたりしていても、「かわいそう」ではなく、「なんとか1日楽しく終わらせたい」と思っています。帰る頃にはすっかり笑顔になってくれてると、嬉しいですね。

年齢がバラバラなことも、兄弟みたいに楽しめるよさがあるし……なんでもポジディブに考えられると思います。

あ、トイレや水道が遠いのはちょっと大変ですけど……

四辻:今回から場所が変わるので、トイレは室内になります! 手洗い場もキッチンもありますよ!(前回までは大型商業施設内だったため、室内にトイレ等がありませんでした)

 

四辻:他に、にじいろポッケをご利用いただく方に伝えたいことなどありますか?

渡辺さん:クラウドファンディングの件で、支援者からのメッセージ欄を読んで、私も感動してしまいました。

普段は仕事で使う方が多いので、喜びの種類が違うというか……

こんなに喜んでくれてるんだ、私、いいことしてたんだ! って(笑)

やりたいことを我慢するママが多い中で、自分らしい生き方を応援できるのなら嬉しいです。

四辻:こちらこそ、いつも本当にお世話になっています。これからもよろしくお願い致します!

 

【渡辺恵美さんプロフィール】

訪問・在宅保育 チャイルドマインダー べぃびぃ・たっち

※個人でのシッター利用もぜひどうぞ。初回面談・登録無料だそうです♪

・保育士免許 (認可園、認証園、ベビーシッター会社など勤務経験有)

・NCMA,JAPANチャイルドマインダー

・MFA 社 チャイルドケアプラスコース 修了

・赤十字幼児安全法支援員

・RTA ベビーマッサージ基礎講座修了

・おんぶもっこアンバサダー

・抱っこマイスター

・幼児救急救命講習済み

・損害保険加入済み

にじいろポッケ with ぺたぞうでんしゃ王国 コラボ決定!!

にじいろポッケの四辻さつきです。

クラウドファンディングを始めたことで、様々な方からご連絡をいただけるようになりました。

そして一つ、とても素敵なニュースがあります。

今回の冬コミから、ファミリー向けのイベント等で「組み立ておもちゃ」を使った子どもの遊び場を提供してらっしゃる、「ぺたぞうでんしゃ王国」さんとコラボさせていただくことになりました!

ぺたぞうでんしゃ王国さんのご協力で、上の写真のスゴイ「立体レール」の他、木製レールの「BRIO」や、玉転がしコースを作れる「trixtrack」などを、にじいろポッケの託児会場にたくさんご用意して、子ども達に遊んでもらえることになりました♪

特に立体レールは、3~4時間かけて作る超大作。

もちろん、子ども達が実際に触って遊べますし、自分で自由にレールを作るパーツもたっぷりあります!

 

「親の都合の託児」ではなく、「子どもも大好きで楽しみにしているおでかけ」に!

ぺたぞうさん達とのコラボで実現できると思っているのは、単におもちゃが増えるということだけではありません。

これまでは、どれだけ安全な場所でプロに保育をしてもらっても、「親の趣味のために子どもを預ける」ことに、どこか後ろめたさを感じてしまう部分があったかと思います。

でも、家では遊べない、夢のようなおもちゃがたくさんある空間にすることで、

託児を、「子どもも大好きで楽しみにしているおでかけ」にしてあげたい!!

そんな新しいプロジェクトに、ぺたぞうさん達と一緒に挑戦したいと思います。

 

対象年齢を0歳~8歳→0歳~12歳に!

これまでは、お預かりの対象年齢を、「0歳7ヶ月~8歳」としていました。

長時間、同じ室内で全員を保育しなくてはいけないことや、用意できるおもちゃに限界があることから、「小学校高学年」のお子様はお預かりできなかったのです。

にじポケの会場写真を見ながら申し込みを検討する方も、5・6歳以上の元気いっぱいのお子さん(特に男の子)などは、預けて大丈夫だろうか…と悩まれることもあったのではないでしょうか?

でも、ぺたぞうでんしゃ王国さんとのコラボによって、幼児~小学校低学年はもちろん、小学校高学年のお子様まで、十分楽しんでいただける環境になりました。

そこで、対象年齢を「0歳7ヶ月~12歳」と広げることに決めました。

もちろん、小さなお子様には、これまで通り、少人数制の家庭的な保育をしっかりと行います。

託児会場にお借りしている場所は、241平米と非常に広く、部屋を備え付けのパーテションで区切ることができます。

小さなお子様にとって危険なもの(小さなパーツや玉転がしの玉など)は触れさせないように、またセットを壊してしまうことのないように安全対策を致しますので、ご安心下さい。

 

大人も子どもも、心から楽しめる一日に!

ぺたぞうさんは、クラウドファンディングをきっかけににじいろポッケを知って下さったそうです。

自分がやっている活動が役に立てないかと考えて下さり、わざわざご連絡を下さいました。

本当にありがとうございます!!

◆ぺたぞうでんしゃ王国さんのHPはこちら↓

また今後、こうした楽しいコラボを色々な方としていけたら嬉しいなと思っています♪

大人が同人イベントを楽しむのはもちろん、

子どももまるでイベントに参加するようにワクワク楽しめる一日にして、

「明日も行きたい」「来年も行きたい」と思ってくれる…

そんな場所にしていきたいです。

 

なお今後の託児について、この先半年分の、全ての日程で受付を開始しました。

⇒各イベントの料金とお申し込みはこちら

これまでお子様の年齢等を理由に申し込めなかった方も、ぜひご検討いただければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願い致します♪