2022/09/02 17:00

皆様、こんにちは。
次なる目標NEXT GOAL300万に挑戦している私たちですが、本日感謝の気持ちを込めて追加のリターンをご用意させて頂きました!
⑧追加リターン「50足限定」15%OFF
更に支援頂きました資金については、新デザインの開発の為に使用させて頂きたいと思います!
有難うございます。

是非この靴を沢山の方にお試し頂きたく・・・改めて本日は、私たちのモノづくりについてお知らせさせて頂きます!
私たちは【東京・浅草】でこの靴を作っています。
プロジェクトページにも記載をしておりますが、当社の工場は企画、裁断やつり込み、底付けまでをあらゆる職人が手掛けています。

機械化が進む世の中で敢えて人の手で、手作業で靴づくりをこだわり抜いて作っています。
この靴がどんな風に作られているか是非YouTubeをご覧ください。
https://youtu.be/mVo0LW6nAkI

アッパーがどのような工程で作られているのか簡単にまとめた動画です。こんなにシンプルなデザインの靴なのに工程が多く、これを皆さんに是非見て頂きたいと思い編集しました。
(不慣れなので、素人感丸出しなので見づらかったらごめんなさい。。)

是非、音ありでご覧頂きたいです!
ミシンの音、叩いてる音、のりを塗る音、臨場感が増します。
こんなにシンプルなのにこんなに工程が多いのか!と驚く方も多いのではないかと思います。
これでも結構な工程を省いて編集しています。
靴紐を通す穴も1個1個手で抜いています。
かかとの縫い割も縫い目をしごいて叩いて、履いた時に当たって痛くならないように丁寧に丁寧に作っています。


シンプルだからこそ丁寧に丁寧に。
デザインも履き心地も両方大事に、せっかくこだわってモノ作りをしているのでそこは妥協せずに徹底的に貫いています。
1足1足が人の手で作られていることを感じながら、この靴を履いて頂けたら嬉しいです!

皆さんは浅草が『靴の街』だということをご存じでしたか?
私は色んな方によくこの質問を投げかけてみますが、実際知っている方は少ないと感じています。
1980年代は東京・浅草の地場産業であるシューズメーカーの全盛期で組合加盟は400社程あったと言います。それ以降、海外の安価な靴が多く流通し日本での生産数が減り、今は80社程となってしまいました。とても厳しい現状で、業界は縮小が止まりません。

でも有名ブランドの靴も、大手セレクトショップの靴も浅草界隈で作られてるものがたくさんあるんです。良い靴をまじめに作っているメーカーが沢山あります。
私はこの会社のこのメンバーの作る靴を守ると共に、この歴史ある産業も絶やさぬようにと切に願っています。私の願いは「タオルといえば今治」「眼鏡といえば鯖江」みたいに「靴といえば浅草」と広く認知してもらうことです。

皆さんが靴を購入する際「MADE IN JAPAN」と書いてあったら「これも浅草で作った靴かな?」とか「デコルテで作ったのかな」とか、思って頂けるように認知を広めていきたいと思っています。
そんなことをお伝え出来るという点でもクラウドファンディングはとってもいい場所となっています。

いつもお読み頂き有難うございます。

●Instagram●
https://www.instagram.com/je_temmene/?hl=ja

●公式LINE●
https://page.line.me/291cegzs?openQrModal=true


有限会社デコルテ
田中佳李

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?