プロジェクトオーナーの手数料の負担は一切なく、支援者さまからのご協力費(12%+税)により運営しています。

自己紹介

 皆さんはじめまして。私たちは創団57年を迎え大学生を中心に、沖縄・硫黄島や海外諸国にて先の大戦で亡くなられた戦没者の遺骨収容活動や慰霊巡拝活動等を行う「特定非営利活動法人JYMA日本青年遺骨収集団」(以下:JYMA)と申します。学生を中心に政府の戦没者遺骨収集活動に参加、協力している日本で唯一の遺骨収集専門のNPO団体であり、全国各地から約50名の学生が集い、皆「戦没者のご遺骨を一日でも早く収容し、ご遺族の元へお還ししたい」という熱い思いで日々、活動に取り組んでおります。

非常に暗いガマの中で懸命にご遺骨を探す学生たち

 また、当団は名を「遺骨収集団」と申しますが、慰霊」と「伝承」を使命とし、単に収容活動をするだけでなく遺骨収容に向けた地権者との折衝や戦史・骨学勉強会の実施・街頭募金等に学生主体で知恵を絞り、真剣に取り組んでおります。

JYMAの使命

遺骨収容事業とは

 我々JYMAが参画する遺骨収容事業とは、海外戦没者(沖縄・硫黄島を含む)の約240万人を対象としております。令和5年度末の時点で未収容のご遺骨約112万柱のうち、約30万柱が沈没した艦船のご遺骨で、約23万柱が相手国・地域の事情により収容困難な状況にあります。これらを除く約59万柱のご遺骨を中心に、海外公文書館から得られた情報や戦友等からの情報を基に、具体的な埋葬場所の所在地を推定し、現地調査や遺骨収容を推進しています(厚生労働省社会・援護局『遺骨収集事業の概要』2024年、p.2より引用)。諸外国にて非常に多くの先人が亡くなられた先の大戦から早80年が経過しようとしておりますが、太平洋諸地域をはじめとする世界各地には未だ日本人のご遺骨が取り残されており、本国日本へ帰還できていないという現状であります。

地域別戦没者遺骨収容概見図:厚生労働省HP参照

このプロジェクトの概要

JYMAでは今年度、沖縄方面に注力した以下3つの活動を当団の学生自らが主体となり計画しております。

①令和6年7月:応急派遣(地権者との交渉・現地調査)→5名を派遣決定

②令和6年11月:沖縄調査派遣(③を行うための活動地選定・事前調査・土地申請等を実施)→約5名を派遣予定

③令和7年2月:沖縄自主派遣(約2週間程度、学生主体で実地での遺骨収容活動)→約15名を派遣予定

自己負担を差し引いて①20万円②10万円③50万円が必要になると見込んでおります。

《参考》
昨年2月に実施した沖縄自主派遣では約152万円の費用がかかりました。



 活動後のミーティング風景

クラウドファンディング実施の背景

 「沖縄自主派遣」は創団当時から続く歴史的な一大行事であり、学生が主体となり計画・実行できるため参加学生の士気は非常に高く、高い志を持ち毎年活動しております。

 昨年度の沖縄自主派遣でも約2週間にわたり、総勢80名を超える大規模を以て沖縄県糸満市周辺にて活動を行いました。中でも、ある地区で活動した際には風化した軍靴とともに横たわる、推定1体分の旧日本兵のご遺骨を地表面に確認し、収容が叶うと思われました。しかしながら、その区画が僅かに土地利用申請を地権者の方から得られなかった地域に該当していることが分かり、非常に悔やまれる中でありましたが、収容を断念せざるを得ませんでした。

我々は昨年度に収容できず、今尚この瞬間にも野晒しとなっている糸満市のご遺骨を早期に収容したいと考えています。しかしながら、当団の歴史ある沖縄自主派遣は資金難により継続困難となりつつあります。

 沖縄ではこの他にも収容できていないご遺骨が未だ多く取り残されています。当団の沖縄での遺骨収容活動を、資金難を理由に我々の代で絶やすことはできません。そこで、より多くの方々からのご支援をいただきたく、本クラウドファンディングを実施するに至りました。

束の間の休息

現在の準備状況

 今回我々は、今尚この瞬間にも野晒しとなっている糸満市のご遺骨を早期に収容したいと考えるべく、早急に訪沖する必要性があると判断し、7月4日(木)~7月8日(月)に学生主体の応急派遣団を編成、土地利用申請と地権者の把握を改めて行いたいと考えました。この応急派遣にて土地利用申請問題を解消させ、11月に実施予定の①沖縄調査派遣にて、残されたご遺骨を収容したいと考えます。また、来年2月には再び大規模な遺骨収容派遣を行う予定です

バールで岩をどかした先からご遺骨をお迎えすることができた

過去から現在、そして未来へ

 JYMAは1967年発足以来、50年以上の歴史を有するとともに、これまで戦没者のご遺族をはじめとする非常に多くの方々の御支援に支えられ、長きにわたり遺骨収容活動慰霊巡拝活動に努めてまいりました。新型コロナウイルスによる海外渡航制限の影響で入団する学生も急激に減少しておりましたが、今年度は新規学生数が増加傾向にあり、令和6年度6月時点では50名を超える規模に拡大させることができました。しかしながら、ご遺族や支援者の減少に伴う財政難により、極めて厳しい状態に陥りつつあります。

 皆様からのご支援をお待ちしております。

活動地のガマの前で先人への思いを馳せる学生ら


支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • 遺骨収集派遣費用(渡航費、運搬費、宿泊費、備品購入など)
    ①令和6年7月:¥200,000
    ②令和6年11月:¥100,000
    ③令和7年2月:¥500,000

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

社会課題の解決を
みんなで支え合う新しいクラファン
集まった支援金は100%受け取ることができます
無料掲載をご検討の方はこちら
  • 2024/07/10 12:27

    7月4日~7月8日までの5日にわたり、本クラウドファンディングにて告知しておりました3つの遺骨収集派遣のうち「①沖縄応急派遣」を実施しました。本派遣に参加した石山航(立命館大学文学部3年)より報告をさせていただきます。本派遣は学生4名+理事1名の計5名で実施しました。沖縄県の糸満市・与那原町・...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください