1 03.jpg?ixlib=rails 2.1

 こんにちは、まわりみなみです!

 9/22・9/23は、萌えサミット8 3days前半戦となる、ゆめ花博会場の当日でした。

 今回のクラウドファンディングは10/8の周南での三日目がメインの企画ではあるんですが、前半戦のヤマ場ですし、何より「三日間のイベントをぜひ成功せてください!」ってファンディングいただいた皆さんの応援の声がたくさんたくさんありましたので、こちらの報告もさせていただきますね!

 さてそんな三日間、わたしことまわりみなみと相棒のくだりまつちゃんが何をしていたかと言いますと……カメラマンさんと一緒に、ゆめ花博ってすごく良い所なんだよー! ってアピール出来るお写真を撮ったり……。

 遊びに来てくれた小さなお友達ともお写真を撮ったり……!

 もちろんレイヤーさんともスリーショットを撮ったり……!!

 私立しゅうなん学園の生徒証(名刺みたいなものです)を交換したりしていました!

 もちろん生徒証は10/8の周南会場でも配布がありますので、皆さん、ぜひぜひ声を掛けてくださいね!

 

(スタッフ補足:
 今回の萌えサミ公式レイヤーさんは、まわりみなみ役:山中おくらさん、くだりまつ役:ことりっぷすさんに、カメラマンはブルームーンさんにお願いさせていただきました。お三方、二日間、交流に撮影にステージにと大車輪の活躍、本当にありがとうございました!

 また、当記事にアップしたレイヤーさんの写真につきましては、全て掲載許可をいただいております)

 さてさて。わたしとまつちゃんはそんな感じのゆめ花博だったんですが、もちろん萌えサミットはたくさんのイベントや企画で成り立っています!

 後はスタッフさんから聞いた話やもらった写真を見ながらのお話になるんですけど……。

 スタートは、ゆめ花博会場から目と鼻の先にある、道の駅・きららあじすから。
 ゆめ花博のスタッフ入場が出来るより先にちょっとだけ集まって、最後の事前打ち合わせです。


 会場に入ったら、物販スペース(兼本部)の用意をしたり……。

 各種展示ブースの用意をしたり……。

 萌えサミエリアの空いたスペースでは、MCチームが打ち合わせをしていたり。

 22日のMCは萌えサミスタッフの瀬来さんに加えて、美祢の出張萌えサミットでお世話になっている、コミュニティラジオ・FM MINEの永谷青空さんと多田杏子さんのお二人をお招きしてお送りいたしました!

 23日は22日に引き続いての瀬来さん&萌えサミラジオ担当の中西Pの、鉄板コンビ。

 ただ、準備にもトラブルはつきもの。
 TINAMIさんで行われた萌えサミイラストコンテストはTシャツプリントにして、海風に吹かれなるTシャツに描かれた絵を楽しんでもらう……………という、素晴らしく絵になるコンセプトでやろうとしていたんですけど……。

 すみません。瀬戸内の海風なめてました。

 

 なので、急遽、風が吹いても安心のテント内展示ということに……。
 周南では、もっとこう、かっこよくて絵になる展示方法を検討させていただきます……海風に吹かれる萌えサミイラストTシャツ、見てみたかったのに……。

 開始前のステージ。
 みんな、「今日はちゃんとお客さん来てくれるかな……」とドキドキしていた瞬間です。

 

 一方その頃、ステージ・テント班のいる森のステージから少し離れた海の大草原ゾーンでも、ちゃくちゃくと痛車展示(両日)&萌えンデューロ(22日)の準備が行われていました。

 痛車展示は、22日が5台、10台の展示でした!

 22日は快晴すぎる快晴でものすごく暑くて、日陰のないエリアは全体的に苦戦したんですけど(撮影的にも青空+太陽光がベストなんですが、暑すぎるとそのぶん活動時間が短くなってしまうという諸刃の剣だそうです……)……23日は程よい曇り具合で、お客さんもわたし達も過ごしやすかったです。

 なお、10/8の周南会場の痛車展示の申し込みは、9/24までとなっております!

 今年の周南会場では痛車コンテストも開催されるというお話なので、皆様ふるってご参加下さいませ!

 そして、22日限定イベントだった萌エンデューロ!

 東京ドーム六個分もある、広い海の大草原ゾーンの周回道路を自転車で楽しく走る耐久レースだったんですが……。

 コスプレ大歓迎・自転車の種類問わずのまったりイベントだったので、みんな思い思いの格好で走ってますね。

 ゴール!!!!

 わたし達はステージ参加や撮影でバタバタしていてお邪魔出来なかったんですけど、とっても賑やかで楽しいイベントになったそうです。

 

 というわけで、ひとまず前半はここまで。

 後半は、いよいよイベントの花・レイヤーさんや、ステージの報告をさせていただきますね!

 

 

 

コメント