2016/09/02 19:50

防災トランプ開発者の福本です。

今日は群馬県の玉村町にある中央小学校の4年生を対象に防災トランプを活用した授業を行ってきました!

 

公立の小学校教諭の先生方がプレイリーダーの資格をお取り頂き、地域のボランティアさんたちを交えて2時間に渡る授業の中で、世代をこえて地域防災について考え話し合う場づくりを行いました。

 

前半は福本が防災について考えまくるオープンエンドな授業を行い、後半はプレイリーダーの中村和彦さんに場づくりを行って頂きました。

 

また、子どもたちからも、

家に帰ってお父さんとやりたい。

お母さんに今日教わったことを話したい。

とコメントくれていたので、少しでも防災をテーマに心に残ることがあったのかと感じ、とても嬉しかったです。

少し前の記事になりますが、

防災の授業を楽しくする方法をまとめました。

  http://bousai-story.jp/防災の授業を楽しく実施する方法①/

 

興味あれば覗いてみてください!

横浜でも、このノウハウを広げ、子どもたちが能動的に状況を見極め

適切な判断、行動がとれるようにきっかけをつくっていきたいと思います。

 

ご支援くださっているみなさま、興味を持って頂いたみなさま、閲覧頂きありがとうございます。

共感できる部分がありましたら、是非、シェアやご友人にご紹介頂けると嬉しいです。

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?