観光、サイクリング、日常生活まで使える「京都自転車マップ」全面改定版の制作・出版

集まった支援総額
¥390,000
パトロン数
81人
募集終了まで残り
終了

現在39%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2016/12/01に募集を開始し、81人の支援により390,000円の資金を集め、2017/01/30 23:59に募集を終了しました

京都を自転車が使いやすい環境と健康にいい街にするために! お勧めサイクリングコース、日常生活で使いやすい道、自転車店、トイレの場所、注意する場所など、京都の街中や周辺をくまなく実走調査し、集めた情報をまとめた約A1版の詳細な地図+コース解説とお役立ち記事満載の本の全面改定版を制作・出版します。

みなさまはじめまして、藤本芳一です。

私は2001年から、自転車を使いやすく環境と健康にいい社会を作って行くために、自転車マップの制作をしてきました。

今回は、「京都自転車マップ」の全面改訂版(3訂版)制作のプロジェクトに是非みなさんのご協力をお願いしたいと思い、クラウドファンディングの募集を始めました。

▼「京都自転車マップ」とは?

京都を自転車で楽しむため、自転車ユーザーの視点でつくります。
「ママチャリ」から「スポーツ自転車」まで、幅広く日常生活で活用できます。

〔このページに掲載の写真は旧版(2010年版)です。〕

京都自転車マップは、「自転車ユーザーの目から見た地図」です。単にサイクリングコースを紹介したものではありません。

自転車にとっては走りやすい車通りの少ない裏道や坂道の情報、故障したときのための自転車店やトイレの情報が欲しいときはありませんか。市販の地図は車のドライバーには便利でも、このような自転車ユーザーには物足りないものでした。

そんな自転車を使うときに必要な情報をボランティアで分担して調査します。京都市街地全域の道をくまなく走り、郊外の主要な道もすべて実走調査します。

日常生活でも使いやすい車が少なく安全な道も掲載しています。

このようなボランティア活動を通じて、単に制作に終わらせるのではなく、京都そして日本を自転車が使いやすい社会にしていきたいと思っています。そのため、調査でわかった危ない場所や走りにくい道などは、マップに表示するだけでなく、行政にも改善の働きかけをしていきます。

このマップを通じて自転車を使う方々をさらに増やしていきたい、そう思っています。

京都自転車マップには、京都市街地を掲載した「京都市内版」、京都周辺の日帰りで行くことができる範囲を掲載した「京都郊外版」があります。

郊外版は北はかやぶきの里で有名な美山、南は木津川サイクリングロードの終点までを含んでいます。

それぞれA1版より一回り大きな1枚ものの詳細な地図と、コース解説や自転車店・レンタサイクル店リストなどをまとめた冊子がセットになっています。

2004年に初版を出版し、2010年に改定版を出版、これまでに市内版・郊外版合わせて約24,000部を頒布することができました。

▼今回の改定版では?

今回の改訂では、これまでA4の1/3サイズで48ページだった冊子を、A5サイズ88ページにし、サイクリングコースのより詳しい解説やおすすめスポットの解説をさらに充実させます。

あなたの知らなかった深い京都の豆知識や密かな老舗、新しい見どころにお店など、京都をもっと楽しむための情報を詰め込んでいます。

子育て中の人にうれしい! 子どもといっしょに走りやすいコースを追加、サイクリングや観光だけでなく、日常生活で自転車を活用するときのお役立ち情報などの充実を図ります。

子どもを連れているときにどうすれば楽しく安全に走れるのか、日ごろ京のまちで自転車を活用している達人たちの意見を紹介します。

けっこう危ない京のまちなか。「何となく安心」ではなく、事故の確率を減らす走り方のコツを紹介します。

掲載範囲の全域で実走調査を再度行い、自転車店・レンタサイクル店アンケートも再びやりなおし、最新の情報への更新を行います。

▼なぜ資金が必要なの?

「売れているのなら、売上で改定版を作るべきでは?」と思われるかもしれません。確かに売れた分の印税はいただいています。

しかし、地図の全域を実走調査したり、何百店もある自転車店・レンタサイクル店へのアンケートを取る作業などは、膨大な手間がかかり、印税だけではまかなえません。

また、私を始めボランティアで作業している部分もかなり大きいのですが、さすがにこの仕事量をこなすには有償の部分も必要です。

そこで、ご支援によって集まった資金は下記費用に使用させていただきます。

下記以外の本の編集・デザイン・印刷・製本など出版に要する経費は出版社にお願いし、売上で賄います。

・実走調査のための交通費や人件費、保険料などの必要経費
 (ボランティアなので、一般的なアルバイト料よりはかなり低い金額になります)

・自転車店・レンタサイクル店アンケート、その他調査(トイレ・コンビニの場所など)のための人件費

・アンケートのハガキ代、通信費、ミーティングの会議室使用料などの実費

・リターン物品の送料

なお、5000円以上のご支援をくださった方は、本にお名前を掲載させていただきます。

▼実施団体は?

この「京都自転車マップ」は、初版や2010年の改定版と同様に、京都にある「NPO法人環境市民」www.kankyoshimin.org〉のプロジェクトとして制作しています。

環境市民は1992年設立の環境NGOで、これまでもグリーンコンシューマー(環境を大切にする消費者)活動の普及や地域から日本を変える「環境首都コンテスト」の実施など数多くの実績がある団体です。

また、私、藤本は環境市民設立まもないころからボランティアをしており、「京都自転車マップ」制作プロジェクトは私も含めて環境市民のボランティアで実施しています。 

▼出版予定について

今回の改定版の「京都市内版」は2017年春、「京都郊外版」は2018年春に出版し、それぞれ1300円程度で一般書店で販売予定です。

右記の「リターン」欄に「お届け予定」として2017年4月と書かせていただいていますが、これは「京都市内版」のお届け予定で、「京都郊外版」は2018年春にお届けとなります。出版時期はやや遅れる可能性もありますので、ご了承ください。

▼ボランティアも募集中

マップの制作や調査にご協力いただけるボランティアの方も募集中です。

リニューアル版「京都自転車マップ」企画・制作ボランティア募集!

期間が2016年4月〜6月になっていますが、延長して募集中です。

▼よりよい京都のまちを、一緒に実現しましょう!

京都が自転車のまちになれば、多すぎる車が減って、子どもや高齢者に安全な暮らしと、二酸化炭素や有害物質の排出が少ないエコな社会に近づきます。

そんなまちの実現のために、このマップづくりを成功させたいのです。

あなたにもこの素敵な社会づくりの仲間になっていただきたく、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。