■ファンドレイジングをする背景

奈良県奈良市大柳生地区に規模の大きな自然再生サイトを確保できました。谷1つまるごと・連続する棚田26枚というのは、私たちの自然再生事業サイトの中でも他に類を見ないスケール・条件です。

大柳生地区では、縄文期には既に集落が形成され、資料からは江戸初期から戦後1957年頃まで水田面積があまり変わっていないことがわかっています。これは、メダカやカエルやゲンゴロウ等の棲み処である二次的自然が非常に長い間安定的に変わらずに存続していたことを示しています。ところが、その後耕作放棄が顕著となり2000年には半減します。二次的自然という棲み処も同様に半分が失われたことを意味します。

このサイトは、上流側集水域に人工物がなく、当該水系を使う利水も他になく、完全放棄のため営農復田も不要と、水田生物のサンクチュアリ・自然保護区とするには格好の立地・条件にも恵まれています。また、外来生物が確認されない、周囲で圃場整備が進む中手付かずで残る、地形・面積的にもまった空間立地、であることから、多様な在来生物のための生息地再生とその安定的保全が見込まれます。ですので、是非ここで二次的自然を再生したいと考えています。

また、折角のスケールを活かし、田面毎に環境要因を変えて再生する生物相の相違を比較する実証実験も並行して進め、他所でも活かせる知見の収集・蓄積にも努めたいと考えています。

好条件・好立地である反面、規模が大きい分、自然再生には時間と費用が必要です。公的セクタとの事業連携を図りますが、行政からの予算注入はなく、事業資金は全額自己調達を要します。そこで、こうした私たちの存在や事業について知って頂くとともに、応援下さる方々を募らせて頂くため、クラウドファンディングを活用することと致しました。是非、みなさまと共に、この26枚の棚田に自然保護区を完成させ保全していきたいと考えております。

 

■私たちについて

私たちのミッションや事業内容につきましては下記をご覧下さい。

camp-fire.jp/projects/view/10952

naturefund.naturescape.co.jp

 

私たちが他に実施している進行中のプロジェクトにつきましては下記をご覧下さい。

(当基金概要)

 自然再生と自然保護区のための基金

 

(福井県越前市)

 里のいきもの自然保護区 @ コウノトリの里 コアビオトープに着手

 里のいきもの自然保護区 @ コウノトリの里 ビオトープのかけはし

 

(奈良県奈良市)

 谷まるごと里のいきもの自然保護区 @ 大柳生 1of26 谷の水がめづくり

 谷まるごと里のいきもの自然保護区 @ 大柳生 2of26 ネザサ抑制実験区

  

■何をするのか

大型草本であるネザサは、元々水田環境にはない植生で、耕作放棄によりこの谷に広く過剰繁茂するようになりました。この谷全体の自然再生計画では、ネザサの過剰繁茂を抑制しつつ、小型哺乳類の生息域や谷両側の林地を結ぶコリドー(渡り廊下)としてネザサ群落を活用することを計画しています。機械を用いた伐根・除去も1案ですが、現存生息種へ与える影響が大きいことや休眠中の在来植性のシードバンクを損失する可能性が高いことから、抑制や活用を図りつつうまく付き合う方法を模索することとしたものです。

このプロジェクトは、その成果を、この実験区画以外のこの谷のネザサ繁茂域へフィードバックするという重要な位置づけです。また、耕作放棄地におけるネザサの過剰繁茂はこの谷以外にも全国的に見られるものであるため、このプロジェクトで得られる成果は、全国へトランスファー可能な知見となる可能性の高いものです。

この地域の歴史的背景や再生目標の概要・根拠につきましては、第1弾 谷の水がめづくりをご覧下さい。

 
■資金の使い道と必要な額

みなさまからのご支援は、生物の生息域の実効的な保全・再生のため、専門知識と実務経験を有す職員が、文献調査や現地調査を通じ科学的・客観的な根拠に基づく計画立案・基盤整備・事業評価を実施していくことに使わせて頂きます。

今回のクラウドファンディングでは、実証実験計画立案・基盤整備・事業評価等を行う3ヵ年分の資金を調達したいと考えています。この間に必要な資金は\960,625~1,529,875です。

詳細内訳はnaturefund.naturescape.co.jp/support.htmlに掲載しています。

尚、このプロジェクトで調達した資金は当基金の運営や他の事業・プロジェクトにも使わせて頂きます。

 

【1年目】

基盤整備  :\365,625~428,625+交通費(1サイト・1回)×1(サイト)

 

【2年目以降】

事業評価  :\297,500~550,625+交通費(1サイト・年間)×1(サイト)

 

■リターンについて

みなさまからのご支援を弊社ミッションに100%活用させて頂くため、そして、弊社スタッフもそれに専念させて頂くために、リターンはオリジナル絵葉書Thanksメールとさせて頂きたく、ご容赦・ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

尚、プロジェクトの進捗報告は、過去の事業記録とともに、下記に掲載しています。

naturefund.naturescape.co.jp/projects.html

また、現地見学・体験につきましては、参加型フィールドワーク・エコツアー・フィールドガイド・探索(expedition)事業を実施しており、具体的開催日程は別途ご案内致しておりますのでご興味・ご都合に合わせてご参加頂ければ幸いです。

  • 2017/04/13 15:32

    自然再生サイト(奈良-奈良-大柳生(001~026))で実施中の自然再生プロジェクトについて、奈良市青少年野外活動センタにてパネル展(常設)中です 第1弾は、自然再生にあたり実施した文献調査・実地調査・再生計画立案の内容に関するもので、計12枚のペーパにまとめ、当基金の自然再生プロジェクトの...

  • 2016/12/13 19:41

    2017.01~02に実施予定の参加型フィールドワーク─第一期基盤整備(本作業)に先立ち、その事前作業として実施するものです。 第一期基盤整備(本作業)では、サイトNo.1・2・3を対象に、人力作業による田面掘削・畦畔補強等を予定しているため、基盤整備(事前作業)は、サイト区画の確認をはじめ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください