介護とファッションの新しいかたちを! 岡山のデニム産業から提案したい

集まった支援総額
¥165,000
パトロン数
19人
募集終了まで残り
終了

現在20%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2017/02/19に募集を開始し、19人の支援により165,000円の資金を集め、2017/04/24 23:59に募集を終了しました

「おしゃれをすること」は人生に潤いをもたらす大切なエッセンス。それは年老いても、体に不具合ができても、きっと変わらないはず——今回、私たちユニバーサルデザインプロジェクト「AUN(Action for Universal design)」は、おしゃれなジーンズによる新しい介護の形を提案します。

はじめまして、AUNです。

AUN(あうん, Action for Universal design)」発起人、株式会社エナジーフロント代表の上田剛慈(うえだ・たけじ)と申します。今回私たちは介護や介護予防に役立つおしゃれなジーンズ作り、それを広めるためクラウドファンディングに挑戦することになりました。まずは私、そして私たち自身についてご紹介させてください。



私はこれまで東京大学や外資系企業で界面化学や量子物理工学のフィールドで研究・ビジネスに携わってきた「ザ・理系」の出身。独立を機に岡山で立ち上げたエナジーフロントでも、先端技術と地場産業を結びつける参学連携などに取り組んでいます。
AUNは、そんな私たちの理系的知見を活かしながら、「介護」×「ファッション」をテーマに立ち上がったプロジェクトです。
岡山県内のデニム産業に関わる個人や法人と連携して「介護される人も介護する人もおしゃれで楽しくなる」ユニバーサルデザイン商品の開発プロジェクトとしてスタートしたのが、今から3年ほど前の2013年11月。主要メンバーは私とパタンナー、デザイナーの3名ですが、その他にも実際に手を動かして製造に携わってくださる方など多くの力で成り立っています。

「おしゃれ」と「介護」は矛盾しない

2年前に亡くなった父と、その父を介護していた母の姿から、AUNは生まれました。生前の父は骨が折れていく病で車椅子からずり落ちることもよくありましたが、母はしまいこんでいたジーンズを加工しておしゃれなずり落ち防止具を作りました。母のアイディアで介護のストレスが一つ減ったのはもちろん、病院でも「おしゃれですね」と評判で、父もその一言にとても喜んでいたのです。
この時、おしゃれと介護は矛盾せず、むしろ「おしゃれ」は老後の人生を楽しむ為に不可欠なものと気がつきました。これこそがAUNの原点なのです。
AUNで、最初に誕生したのが「プラスパッドジーンズ」。2016年10月から販売しているこの商品は、高齢者の体型に合わせたストレッチジーンズに腰側面に株式会社カネカと芝浦工業大学の開発した衝撃吸収パッドを装着した、世界初の「骨折リスクを減らすジーンズ」です。転倒で大腿骨を追って寝たきりになる人が多いことから開発しました。

 

上写真のモデルである90歳現役俳優・岡田忠雄さんも「このジーンズを履いているときは、杖を使わずに格好良い自分でいれる」と言ってくださいました。

 作りたいのは、みんなが幸せになる魔法のジーンズ


今回私たちが開発のために資金を募るのは2017年2月に販売を予定しているリフトアシストジーンズです。こちらは、歩けなくなってしまった人でもおしゃれを楽しむことができ、かつ家族の介助の手助けにもなるという『一見普通に見えるのに、隠れた機能を忍ばせた世界に1つしかないジーンズ』。

一番の特徴は、ジーンズの横についた持ち手です。この持ち手は、介護者が患者をベッドから車椅子に移す際に掴むことで、テコの原理を用いて楽に移動させることができるという優れもの。移動方法は、介護者は持ち手を引くだけ。患者もハンモックに包まれた様に身体に負荷がかかりません。



試作品に対しては、小児麻痺のお子さんを持つお母さんなどからも「早く商品化してほしい」というお声もいただいており、介護の必要な高齢者をもつ家族だけでなく、体の不自由な方やそのサポートをするすべての方のための新しい介助用品となると確信しています。

岡山だから作れる、新しい介護の形

デニムの産地として知られる倉敷・児島(岡山)ですが、人材不足や市場規模の縮小など地場産業としてのデニム産業が抱える問題は決して少なくありません。
しかし、ずっと真摯にデニムと向き合ってきたこの地域だからこそ、素材や縫製など細部までこだわった良品が作れるのもまた事実。
「介護」×「おしゃれ」をテーマにした私たちAUNのプロジェクトは、そんな岡山の地場産業活性の一翼を担えると考えています。

AUNプロジェクトは全国から公募された岡山県下最大級のビジネスプランコンテストである「ビジネスプランコンテストおかやま2016」で最優秀の栄誉を勝ち取りました!超高齢化社会への意義ある取り組みとしてこのアクションの輪を広げていきたいと思っています。

プロジェクトの目的

私たちのプラスパッドジーンズやリフトアシストジーンズは高齢者や障害者、そのご家族に向けて作っておりますが、これらの方々はネットを使わない方が多く、私たちの活動を知っていただいたり商品を試す機会に出会うことが難しい状況です。

そこで、これを知っていただくために介護施設などを中心に提供したり訪問試着体験を通して広めるための活動資金としたいと思っております。

色々な方に試していただくことで商品へのコメントをいただき、より多くの方のニーズに応える商品を増やしていきたいと考えています。

5つのリターン品

今回はご支援いただける金額に応じて5つのリターン品をご準備しています。

1. 3000円「スケアクロウオリジナルブレンドコーヒー」200g+「お礼メッセージ」
倉敷にあるスケアクロウはAUNメンバーのデザイナーが手がけるカフェです。AUNはここでそれぞれの仕事の合間をぬってミーティングを重ねてプロジェクトを進めています。私たちの思いにいつも寄り添ったこのカフェのコーヒーを、お礼のメッセージを添えてお届けします。

2. 6000円「AUNオリジナルトートバッグ」+「お礼メッセージ」
デニムまたは帆布製(赤・オレンジ)のトートバッグです。持ち手は短めと長め(ショルダー)からお選びいただけます。

3. 8000円「スケアクロウオリジナルブレンドコーヒー」200g+「AUNオリジナルトートバッグ」+「お礼メッセージ」

4. 「リフトアシストジーンズ」(定価19,500のところ)
 • 先着10名 12,000円(直ちにお届けします)
 • 次10名 13,500円 (サイズ別在庫状況によってはお待ちいただく場合がございます) 
 • 次10名 15,000円 (サイズ別在庫状況によってはお待ちいただく場合がございます) 

5. 「プラスパッドジーンズ」(定価26,000のところ)
 • 先着10名 17,000円(直ちにお届けします)
 • 次10名 18,000円 (サイズ別在庫状況によってはお待ちいただく場合がございます)
 • 次10名 19,000円 (サイズ別在庫状況によってはお待ちいただく場合がございます)

さいごに

介護用品というものは、機能面を追求するあまり「おしゃれ」とは縁遠くなりがちです。そうした介護用品が身の回りに溢れる今の環境では、きっと介護をする人、介護をされる人のどちらも前向きで楽しい気持ちにはなれないのではないでしょうか。
本当に望ましい姿は、「衰えていくことは変えられないけれど、なるべくこれまでと変わらない生活を心地よく続け、人生を楽しむこと」。
AUNのユニバーサルデザインで、そのお手伝いができるのではないかと、考えています。
公式サイト(http://www.aun.blue/)でも情報発信していますので、ご覧頂きフィードバックを頂けると幸いです。