==================
はじめに
==================

那賀地域林業担い手対策協議会  代表の大田浩二と申します。

那賀地域林業担い手対策協議会は、那賀町の林業担い手の育成・確保に取り組み、那賀町の林業の持続的発展に資することを目的として2017年6月に設立されました。那賀町の森林管理に携わる林業事業体や森林組合等で構成されています。



協議会では、これまで小中高生への林業体験学習や社会人に対する就業体験などに取り組んできました。就業体験事業は、「リアル林業体感3DAYS」という2泊3日のイベントとして、新規林業従事者の確保を目的とし、2015年より毎年実施しています。
2015年

2016年

2017年2018年

那賀町の若手林業従事者団体『山武者』のサポートの基、チェーンソーを使った伐採や、高性能林業機械の操縦など、「リアル職業」として林業を感じてもらう、文字通り「体感」できるワークショップです。

これまで参加者の方からは、
「がっつり林業体験できて大満足」
「こんなに機械を操縦させてもらえるイベントは他になかった!」等、
【林業体験の濃さ】について、大変高い評価を頂いてきました。

ただ、好評をいただく一方、イベントの目的である「新規林業従事者の確保」へはなかなか繋がっておらず、また、全国で類似のイベントが増えてきたこともあり、年々集客に苦戦している状況です。


▼林業の課題

イベント開催地である徳島県南部に位置する那賀町は、森林面積割合が95%を占め、古来より全国有数の林業地として繁栄してきました。

しかしながら、現在では、森林資源が充実しているにもかかわらず、林業従事者は高齢化し、その人手不足が深刻化しているのが現状です。

徳島においては、林業プロジェクトにより新規就業者数も伸びてきてはいるものの、絶対数としては不足しており、尚且つ高齢化が進んでいることから、若手の育成が急務です。

一方、林業に新規就労した後、現実の林業の厳しさに、せっかく林業の世界に飛び込んだ若手が数年で離脱してしまうといった課題もあります。体力的なことだけではなく、精神的に疲弊してしまうケースも少なくなく、これはメンター的な立場でサポートする人や仕組みが十分ではないことが要因にあるようです。

そのような状況であることから、今年は県内の林業従事者、関連団体・企業が一堂に会し、これからの林業の活性化のための仕組みづくりや、協力体制の基盤作りを目指して様々な議論を行う「林業未来会議 ~50年後の林業を考える~」を実施することにしました。

▼なぜ『50年』なのか 

林業の仕事は、山に木の子どもである「苗木」を植え、その木を50~60年という期間、除伐(※1)や間伐(※2)を行い、大切に世話をしながら育てます。



(※1)除伐:苗木の生育を妨げてしまうような木や生育の悪い木、曲がって育ってしまった木などを伐って除去する作業

(※2)間伐:木が混みあって日の光が当たらなくなることでの生育不足となるのを防ぐために、一部の木を切って間引く作業




「50年」というサイクルは、林業であれば1サイクル。自分が30歳の時に植えた木を、自分で伐るということは、多くあることではありません。次の世代の担い手に伐ってもらうことになります。
今、50年後の林業を見据え、様々な課題に向き合うことは、遠い未来の有りようを描くことではなく、とても現実的で、緊急に対峙すべきことなのです。


▼これまでのイベントとの違い

2015年から始めた林業就労体験事業「リアル林業体感3DAYS」
これまでは、講義と林業体験(伐採+高性能林業機械操縦)を主として行ってきました。

<昨年の林業体験の様子>

昨年は、那賀町を知ってもらいたいと、ゆず狩り&ゆずジュース作り体験や、名所を巡るバスツアーも行いました。

参加者の方々にとって魅力的な内容であるよう、毎年プログラムを見直しバージョンアップしてきましたが、最近は林業体験イベントが全国的に増えてきたこともあり、年々集客面で苦戦し、目的である新規従事者の確保も厳しい状況です。

「那賀町の林業を知ってもらいたい」「林業の奥深さを伝えたい、感じてもらいたい」

そう原点に立ち返り、目的を再確認・設定(下記)した上で、抜本的にプログラムを見直し、一新いたしました。


≪今年のイベントポスター≫

今年のリアル林業体感3DAYSポスター。原点回帰ということで、“リアル”を追求し、林業従事者が撮影した実際の林業現場視察写真を採用。

「林業未来会議」のポスターには林業の未来について、幅広い世代、老若男女問わずオープンなディスカッションができる場にしたいという想いを込めた。


===================================
イベントの目的:このプロジェクトで実現したいこと
===================================

❐新規林業従事者の確保

❐50年後の林業を見据えた施策提案

❐林業事業体・林業従事者団体・那賀町が三位一体となり、地場産業である林業の活性化を目指し協力体制を構築すること


-------------------------------------------
★今回のイベントのポイント
-------------------------------------------

どこよりも『リアル』を追求した、本格派の林業体験
林業は本来、早朝から山に入り、日の暮れる前に終わります。
また、伐採、機械操作だけが林業の仕事ではなく、それは作業の一部です。
今回は「地拵え」から始まる、林業の一連の作業を、実際の一日タイムスケジュールに則り体験できます。

②川上(山)だけではなく、林業に関わる川中・川下の産業について学べる
木材価値、杉の丸太一本の価格は、40年前の4万円から、現在は一本1万円です。
林業の仕事をするにあたり、山側=川上のことだけを考えていては丸太の価値を高めることはできません。
「山から伐って出された丸太が、どのように消費者=川下で利用されるのか」
「木材がどのように活用されていくのか」
山を守り、且つ、担い手自身のQOL向上のためには、木材の流通構造を理解することは必須と考えています。

③とくしまの林業に携わる人・企業・団体が共通のテーマの下集う『林業未来会議』
林業関係者が集い、行政や関係団体も加わり、「林業の未来」にテーマを絞りディスカッションするというイベントは、徳島県内はもちろん、全国的にも初の取り組みとなります。
池に小石を投げて波紋が広がっていくように、今回の「林業未来会議」がきっかけとなり、50年後の林業を取り巻く環境がポジティブな方向に繋がることを目指しています。

④一過性の単発イベントではなく、継続性のある持続的なイベントへ
オンラインコミュニティーを設け、イベント終了後も、参加者と自治体・関係団体が繋がり情報共有、コミュニケーションをとれるような仕組み・体制をつくります。


▼リアル林業未来体感3DAYS 5thスケジュール

日時:2019年11月21日(木)・22日(金)・23日(土・祝日)

◎1日目 【川下から川上へ】10:00~17:00
【川下から川上へ】10:00~17:00(受付 9:30~10:00)
講習:林業基礎知識講座、森林環境教育
川中産業見学:木質バイオマス発電所、製材所、チップ工場、木材土場

≪集合場所≫徳島県木材利用創造センター内 林業人材育成棟(徳島県徳島市南庄町5丁目1-9)
・空港利用の方 → 8:30 徳島阿波おどり空港集合
・徳島駅利用の方→ 9:20 徳島駅ポッポ街前集合
※空港、徳島駅から会場までは主催者が送迎します。

◎2日目 【リアル林業体感】※林業現場での体験①or見学② 
7:00~16:00
①一般参加者向け:リアル林業体験(地拵え・防護ネット取付・植林・伐採・高性能林業機械操縦)
②企業研修向け:リアル林業見学(林業現場見学~川上ー川下深堀り)

18:00~  BBQ - 林業従事者はじめ林業関係者との交流

◎3日目 【林業未来会議 ~50年後の林業を考える】
8:30 ~ 9:00 受付開始@林業ビジネスセンター(徳島県那賀郡那賀町吉野字弥八かへ23番地)
9:00 ~12:00 50年後の林業を考えるワークショップ
       ①グループディスカッション
       ②各グループ発表&パネルディスカッション

12:00~12:30 クロージングセレモニー  ※那賀高校森林クリエイト科作成、木製修了証の授与12:30~12:50 アンケート・記念撮影後、解散
※終了後、木材利用創造センター(1日目集合場所)、徳島駅、空港まで送迎

-----------------------------------------------------------------------
★イベント内容の詳細はこちらでもご確認いただけます
-----------------------------------------------------------------------

▼資金の使い道

私たちが初めてのクラウドファンディングで集まった資金は、運営資金として大事に使わせていただきます。目標達成・否を問わず、イベント自体は開催しますが、現状だと予算が30万円ほどショートしている状況です。
【イベント運営費】30万円(参加者宿泊費・食費・懇親会費・講師代・謝金・広報費など)
【リターン経費】20万円(商品代、送料、人件費など)

そのため、目標の達成状況によって、イベント内容を下記のように一部変更せざるを得ません。

------------------------------------
達成額による資金の使い道
------------------------------------

20万円未満の場合
【参加者の方】2日目林業体験イベント後の懇親会費4,000円+1日目夜、2日目と3日目の朝食を自炊・テント泊となってしまいます…(ごめんなさい!!!!!)
【プログラム】謝金捻出が厳しいため、1日目、及び2日目のプログラムを一部削除・体験内容を限定


20~35万円未満の場合
【参加者の方】1日目夜、2日目と3日目の朝食を自炊・テント泊となります・・・
(懇親会費は出せそうです!!)
【プログラム】謝金捻出のため、2日目のプログラムを一部削除・体験内容を限定


35~50万円未満の場合
【参加者の方】1日目夜、2日目と3日目の朝食を自炊・テント泊となります。。(本当にすみません。ご容赦ください・・・)
【プログラム】予定通り全工程を実施


50万円以上(目標達成!)の場合:
【参加者の方】宿泊はコテージ、イベント中の食事は全てご用意します!
【プログラム】予定通り全工程を実施


==================
リターン品について
==================

もともとは、那賀町の林業活性化・移住者促進を目的としてはじまっている本プロジェクト。
そのため、リターンについては那賀町で事業を営む企業・施設にご協力いただき、
那賀町の特産品や、那賀町での体験を設定させていただきました!


==================
最後に
==================

古来より、豊かな森林とともに生きてきた町「那賀町」。現在では、作業者不足、木材価格低迷などから林業の存続が心配されています。私たちは、かつての林業を取り戻し、森林の好循環により、森と人とが共存する環境づくりを進めていきます。そのために、林業で働く担い手を増やし、移住・定住を含めた受け入れ体制整備にも取り組んでいるところです。

この土地の恵みを後世へとつなげるために
この町の暮らしがよりよく続いていくために

少しでもこのプロジェクトにご興味いただけましたらSNSなどでシェア、いいね!などのご協力をお願いいたします。また、ご質問や応援メッセージなども頂ければとても励みになります!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

==============================
リアル林業未来体感3DAYS 5th & 林業未来会議
主催:那賀地域林業担い手対策協議会
協力:徳島県、那賀町
主管:株式会社フォレストバンク

※イベント内容の詳細はこちらをご覧ください

❐問い合わせ
株式会社フォレストバンク Tel 088-624-9963 (担当:渡邉)

  • 2019/11/26 12:14

    ご支援・ご協力いただいた皆様11月21日~23日に開催しました、「リアル林業体感3DAYS 5th・林業未来会議」に際しまして、公私共にご多忙の中、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。おかげさまで、「リアル林業3DAYS 5th ・林業未来会議」共に盛会のうちに終了することができました。今回、リ...

  • 2019/10/21 10:31

    クラウドファンディングへご支援、拡散のご協力、応援いただいた皆さまへ9月10日から始めたリアル林業体感3DAYS・林業未来会議のクラウドファンディングですが、61名の方から517,700円もの多大なるご支援をいただき、目標額の50万円を達成いたしました!林業という、少子高齢化と産業構造の変化を...

  • 2019/10/20 15:25

    9月10日から始まった「リアル林業体感3DAYS・林業未来会議」のクラウドファンディングも本日最終日となりました。現時点で43人の方からご支援いただいており、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。心よりお礼申し上げます。しかし、残念ながらまだ目標額の50万円には到達しておりません。。。林業の未来・...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください