プロジェクト本文

 

 

 

はじめまして、リアルジャパンプロジェクトです

 

私たちは伝統工芸の未来をみつめて“人に伝えること”を取り組んできて2966日(約7年)。日本のものづくりをもっと身近にそして未来へ、リアルなものとして伝えるためにショールームをつくりました。そして、拡大をしたいと考えます。作り手から託された想いを携え、このクラウドファウンディングに挑戦します!!ぜひ一緒に応援をしていただけませんか?

 *プロジェクト発足の2009年より2017.2.14 時点で2966日

 

 

 

1.ものづくりの“今”を伝えるショールームを拡大したい!

 

 

2017年2月3日、沢山の皆様に支えられてオフィス併設のショールームをオープンすることができました!!誰もが立ち寄れる、ひらけた「ものづくりのコミュニティースペース」により、日本に、そして世界に、地域や国を超えて皆さんにその魅力を伝えたい!だからこそ、このショールームをさらに拡大し、活動をさらに加速させたいと考えています。

 

2.お客さんとリアルに繋がりたい!だから、ものづくりワークショップも行いたい!

 

 

 

3. 自社オンラインメディアで地場産業をもっと盛り上げたい!!行政や他と異なる私たちのフィルターでできることがあります!

 

*ストック型のメディアとして独自情報を掲載するREALJAPANPROJECT ONLINE

伝統を継承し、また長い期間考え尽くされたものづくりの良さは、実際に触れて伝わる魅力が本当にたくさんあります。ふだん、オンラインストアの運営も行う私たちは、メンバー全員が使い手の声を日々の電話対応でダイレクトにお伺いします。それは、

工芸品や地場産業品を楽しみ、日々をワクワクと過ごす使い手の声…

ものづくりの現地へ行ったからわかる事情・あの職人の声…

 

私たちは、日本のものづくりの生の声を聞き、それをまっすぐに伝えていきたいと考えています!
 

私たちが考える還元

ー集った資金の使い道についてー

●ショールームの改修・拡大費用(80万円)

 広いスペースにより様々な作品を露出、季節に合わせた工芸品の特集を行う

●海外発信のための広報活動及びテストマーケティング費用(15万円)

●地方の職人や作り手によるものづくりイベント開催費用(5万円)

 ex) 作家の個展、体感できる参加型ワークショップ

 

皆様より応援を頂いて、人と人が繋がる良い場にしていきたいと思っています!

 

 

私たちがこれまでやってきたことを紹介します!私たちは2009年に「日本のものづくりをもっと身近に」という想いのもと立ち上がり、週に1~2回のペースで日本全国の工房を訪ねてきました。日々オンタイムで発信中

今日まで全国各地の130を超える工房と職人さんたちに出会い、1500製品以上の日本のものづくりの魅力を、どうすればより多くの方に上手く伝えられるか奮闘してきました。

 

 

あらゆるライフスタイルに向けて発信!

 

こちらは台北やニューヨークでの海外展示会

様々な地域や売り場のバイヤー、そしてその先のお客様の声を拾うことができ、あらゆる可能性を想像し、私たちは闘志を燃やしています!!

日本での新たな取組みと海外展開の予定 2017年 

2月 NYにてテストマーケティング 

3月 シカゴ 展示会 (IHHS)、

    人と職人が交わるワークショップ開始

6月 日本のものづくりを伝えるためにショールーム拡大

8月 NY 展示会 (NY NOW)

10月 みなさんの支えを得て、海外支社ニューヨークオフィス設立

 

【直近のイベント予定】

●「山本勝之助商店の代表、土田高史さんによる棕櫚箒のお手入れ&使い方ワークショップ!」

   日時について 3月11日(土)17:30~ 

 *詳しくはリアルジャパンオンラインメディアにて詳細をお知らせ

 

●リアルジャパンプロジェクトを知りたい。活動についてまだまだギモンがある方は是非こちらへ!

 「リアルジャパンプロジェクト代表河内による想いを語る会」

 日時について 毎週水曜日&金曜日開催 19:00開始予定 参加についてはこちらから

 

 

 

メンバー全員が、 ものづくりの背景を伝えることを、職人さんと同じマインドで向き合いたいという想いをもって活動をしてきました。そして、毎日あたり前のように工芸品に触れることで、見えてきたことがありました。

 

 

工芸品は繊細な表現も多く、手入れをして長く使うもの、伝統工芸=頑丈なイメージとは異なる。

 

天然の素材を使うことが多く、だからこそ伝わる表情の豊かさは、人だから感じとれるもの。そして繊細だから手入れをして、長く使うことにより自分らしさも現れ、自分のものにもできる。

 

見慣れない表情ゆえに不良品に思われることもある、だけどこれこそが本物。

 

本物風に仕立てた量生産が主流の今、本来の木の木目や節などを知らないがゆえに、勘違いしてしまうお客様もいらっしゃいます。一方、私たちは日々製品に囲まれ、職人の魅力や想いに感動し、新たな発見があります。その理由にやはり自然の美しさを知り、ものづくりを知り、個々の表情に惹きつけられるからだと考えます。

とあるスタッフは「この子を連れて帰ります!」と、愛おしいものに触れるかのように一緒に帰ってきます(笑)。私たちは、自然な魅力を生かした個の表情を伝えなければなりません。

 

時間や手間をかけて作られる工芸品だからこそ、分業や魅せ方で支える!

 

 

工房の作り手たちは言わずもがな、ものづくりのプロフェッショナル!だからこそ、日々妥協なく多くのプロセスを経て工芸品は作られます。

製作に時間を使いながら、営業面を行うまでは、やはり難しい。職人ひとりや少人数の工房にとって、これは潜在的に抱える悩みであります。自由に手に取ってもらう場があったら、と強く感じます。

 

私たちの目標

 

1.日本のものづくりが途切れないよう使う人、需要を増やします

2.技術の高さやモノの使い方を直接伝え、伝統技術や職人個々の魅力に対して、新しい世代が学べる場をつくり、真の面白さを伝える

3.それらにより未来の後継者もつくる

だから、私たちはクラウドファンディングにチャレンジします!

 

 

 

 

私たちの活動は、素晴らしい日本のものづくりがなければ、できません。「良さが伝わるみせ方」のお手伝いにすぎないかもしれません。しかし、私たちリアルジャパンプロジェクトは「ものづくりの発信とPRを得意とする会社」として、伝統工芸や地場産業の世界、そして若い世代を前向きにすることを目標に、裏方として走り回るとっても泥臭く現場感の強い会社です。

 

そして多くの作り手に会いに行くたび、その情熱や想いに触れ、発見と感動を頂いています。 作り手を知り、だからこそ“いつか”ではなく、“今”、作り手さんの繋いできたものがなくなってしまう前にやらなければならないと強く思っています!

そのために、是非、私たちを応援してください!日本の工芸、地場産業の素晴らしさ、その想いをしっかりと未来へ繋いでいきます。そしていつでも私たちの会社に来ていただければ嬉しいです。ひとりひとりに伝えていく、そこから始めたいと考えています。最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

 

リアルジャパンプロジェクトのご支援をどうぞよろしくお願い致します!!!

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください