絶滅危惧種とされて久しいうなぎ。このままでは「いなくなってしまうのでは?」 そこで、うなぎ資源を守るための「開運うなぎ昇り」お守りを製作。 このお守りの販売を通じて購入者の開運を願うとともに、売上をうなぎ保護活動の機関への寄付や保護事業のお手伝いをしてうなぎを救います!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは!今回「絶滅からうなぎを救え!開運うなぎ昇りプロジェクト」を企画させて頂きました。

茨城県古河市でうなぎ店をやっております小倉清暢(おぐらきよのぶ)と申します。


プロジェクトを考えている時、行動しているときって「すごく生きてるって感じ」です(^^)

どうぞよろしくお願いいたします!

◎このプロジェクトで実現したいこと

「絶滅からうなぎを救え!」をもとにした

うなぎ資源保護活動資金を増やすための

「開運うなぎ昇りお守り」の制作費をクラウドファンディングで集め、

製作販売。その収益を「絶滅からうなぎを救え!」のうなぎ資源保護へ寄付いたします。
◯私たちの地域のご紹介、、、

私の住む茨城県古河市は県西に位置しており、

古くは鎌倉時代から関東の拠点として城を構えるほど、

歴史的ゆかりの多いところです。

そうした古くからある地域の建物や食文化を継承した

趣きのある街並みが特徴的です。

地理的には渡良瀬川の水の恩恵をうけて、昔から流通や商業、

川魚の漁などで発展をしてきた経緯を持っています。

渡良瀬川

=プロジェクトを立ち上げた背景=

近年日本で食べられる種類のうなぎは、

国際的に絶滅危惧種と指定されて

時期になるとテレビなどの報道も絶滅ムードに。。。



そして国内流通の99.8%を占める養殖うなぎは

天然資源のうなぎの稚魚「シラスうなぎ」を採って育てていますが、

毎年毎年、漁獲量の減少に冬場の漁の時期になると悩まされ、

(PHOTOGRAPH BY SARAH RICE, NATIONAL GEOGRAPHIC)


「今年はどうだろうね〜」というのが

うなぎ業界の合言葉みたいになってきちゃいました。

こうした漁獲量の減少は、結果としてうなぎ価格の高騰をまねいてしまい、

販売する側としては苦しくも度重なる値上げでしか対応してこれませんでした。

「またか、、、」と

そんな価格の高騰は、うなぎ離れを加速させ、泣く泣く閉めるお店も出てきてしまうほどです。

「高くなっていいことは無い!」

とは思うものの、何の手立てもなく時間だけが過ぎていきました。

そんな中、「飲食店としてできる事はないだろうか?」と思いつづけて、

様々なうなぎ関係者の皆様から情報交換いただくうちに、原因がだんだんつかめてきました。

それというのも、日本のうなぎ需要が国内全体で

「乱獲、乱売、乱食」という負のスパイラルに陥ってしまっている

というとてもとても大きな課題がのしかかってきました。

そりゃちょっと重すぎる〜〜


「えぇぇえ〜」そんな大規模なことなのか、、、と、途方に暮れていた矢先、

ある出会いがこのプロジェクトの方向を決定づけました。

それが、同じ志をもつ浦和のうなぎ屋(中村屋さん)でした。

ここの店主でもある大森さんは以前からうなぎの研究機関とのつながりを重視した活動をしており、

昨年(2018)にうなぎ専門の研究をしている大学の教授を招いての講演会を企画していただいたことで

その謎に包まれた生態や実態、これからの課題が明確になってきました。


中央大学法学部/ウナギ保全研究ユニットより

そこでのお話の中で上がっていたことで、

===============================

日本の河川に生息する「親うなぎの保護」が資金的にも時間的にも

「うなぎの稚魚を増やす現段階の最善策である。」

===============================

と、いう調査結果を伺うことができたのです。

親うなぎの保護。。。。

そしたら、うなぎなら近くの河川にもいるし、個人でも手がけることができるのでは?


という想いからその資金を集めるだけでなく、支援されたあなたにも御利益のある形をつくろうと、

このプロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

これまでの活動

10年ほど前に地元で商工会議所の協力を得て、「古河の川魚料理を広める会」という組織を結成しました。

この会では、各種イベントや販売を通じて地域の方々へ川魚料理の食文化を広める活動を行っており、

調理学校との勉強会

「冬の土用の丑の日」という切り口で毎年1月にうなぎ祭りを開催するにまでなりました。

(寒いのにうなぎが1500食1時間で完売です!!)

うなぎ祭り会場風景そうした活動を続けていく中で、全国の川魚関係者の皆様と交流をもつことができ、

長野県鮒の視察今ではうなぎ研究機関や大学の先生といった繋がりが持てるほどになりました。

資金の使い道・実施スケジュール

資金の使い道は「開運うなぎ昇りお守り」の制作

クラウドファンディングでお守りの制作費を集め、製作販売。その売上金を保護活動へ寄付することで「うなぎの資源保護」を目指します!

リターンのご紹介
1,土用丑の日一生うな重食べ放題! 200,000円

夏の土用丑の日に一生食べられるプレミアム・パスポートを寄贈いたします(^^)

※限定1名

2,熟成うなぎ料理付 小松園特製おせち 2020 30,000円

 クラウドファンディング限定モデル。本体価格25800円に豪華特典がなんと!22000円分も付いてます(^^)

※限定15名

3,開運うなぎ昇りギフトセット(大きな160gサイズ3尾入)20,000円

ギフトセット

※限定20名まで

4,開運うなぎ昇りお守り(プロジェクトバージョン限定)3,000円

生地や縫いまでもこだわったクラウドファンディング限定モデル

あなたは運気って天のお任せだと思っていませんか?
実は!そんな運気って自分であげることができるのをご存知でしたか?
そんな「ある秘訣」を詰め込んだ「トリプル開運メルマガ」へのご招待券を同封いたします。

※限定100名

■最後に、、、

お守りを製作販売し、その売上をうなぎ資源保護活動資金とします。

しかしここまでで

「なぜ、わざわざお守りにするのか?」と思いませんでしたか?

それにはとても大事な理由があります。

プロジェクトを支援いただくあなたにとってもとても重要なことをお伝えしますので、

ぜひ最後まで読んでください。

人は想いや願いといった無形のイメージに対して

「お守り」という形ある事で、日本では遥か昔から自然の恵みや畏敬の念を感じることとされてきました。

そうした想いは資源保護の知識とか何とかより、その根底の意識を忘れないことが大切だと考えています。

そして何より重要なのはここからです。

このプロジェクトに「支援しよう!応援しよう!」と思う

あなたの【マインドセット(他者への成功の祈り)】が何よりも開運への相乗効果でもあり、

お互いの原動力になります!

そして、この先私は

通常あり得ないほど非常に強力な未来の創造を目指しています。

ぜひ楽しみにしていてください。

やったるぞー!!

このたびはプロジェクト内容をご覧いただきましたこと感謝します。

このプロジェクトいいね!その未来が見てみたい!と共感できるあなたをお待ちしております!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください