脳腫瘍で倒れたDJ行松陽介の今後の活動への支援をお願いするプロジェクトです。

プロジェクト本文

これまでの経緯を簡潔に書きます。
僕は2016年7月8日にてんかんの発作を起こし、自宅で倒れていました。その日は東京でDJをする予定でしたが、大阪に住む僕が会場に現れない事を不審に思った関係者からの連絡で友人たちが駆け付けてくれ、救急搬送されました。
精密検査の結果、脳に腫瘍がある事がわかり、そのまま入院しました。
8月2日に一度目の開頭手術をし、腫瘍のサンプルを取って検査してもらった結果、グレード3の悪性腫瘍である事がわかり、8月30日にもう一度開頭手術を行いました。
脳の言語に関わる部分に腫瘍が有るため、二度目は覚醒下手術という、意識が有る状態で開頭し、言葉を話しながら腫瘍を切除していく高度な技術を要する手術でした。
主治医の先生がとても上手い方で、言語障害が残る事もなく、無事に二度の外科手術を終える事が出来ました。
ほとんどの部分は外科手術で切除できたものの、一部の部分は手術では取れない脳の神経回路の中に入っていたので、10月7日から11月22日まで入院し、抗がん剤と放射線による治療を毎日受けました。
退院後は抗がん剤による維持治療を継続しながら、ストレスを感じないような生活を心がけ、食生活にも気を付けています。それでも時折以前は感じなかった頭の中が鈍く痛むような感覚が何日か続く日が有ったりして、その時はとても不安になります。
退院前に撮ったMRIから約3ヶ月ぶりの2月13日にMRIを撮りました。
結果は、以前から映っていたシミのような小さな部分の色が濃くなっている画像でした。その部分は小さいため、とりあえず今の治療方針で抗がん剤による維持治療を進める事になります。
以上が今までの経緯となります。

僕にDJとしての可能性を感じてくれている方、今後始める制作活動を支援したいと思って頂ける方にはこのプロジェクトに参加して頂けると幸いです。

締め切りは3月31日です。よろしくお願いします。

リターンにはお礼のお手紙を送らせて頂きます。高い手紙ですいません。4月中には皆さんの手元に届くように発送させて頂きます。

春が待ち遠しいですね。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください