コロナウイルスの影響でライブの自粛要請。安全を考え中止を提案も「キャンセル」が出来ないという状況に。強行開催も出来ないので無観客配信という形をとったノーレミ。チケット収入は0円。今後の活動に大きく響くのでその活動の応援を募りながら、こう言う形もある!とバンド活動している人に知ってほしいです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、少しだけ私たちにお時間をください。

私たちNose and reminiscence(ノーレミ)という

哲学系ロックバンドをしております。


このプロジェクトで実現したいこと

まず第一に正直なところ、

「危機に面したノーレミの活動を危機から抜けたい」

です。経緯は「プロジェクトをやろうと思った理由」にあります。

続いてこの世間のライブ自粛ムードでバンド活動が困難になってきている仲間に一つの参考モデルとして支えになれたらと考えています。

私たちノーレミは特別技術を持ったとか、すごい集まりとかではなくてそこらの街を歩いている「普通」の社会人です。
こうしたクラウドファンディング等は敷居が高く感じるかもしれませんが一般の人でもできます。
「やってみよう」と思って頂けると幸いです。


プロジェクトをやろうと思った理由

僕たちは2019年9月に自身2回目となる企画ライブを考えておりました。
開催日は2020年3月15日でした。世間を騒がす新型コロナウィルスのことを考え、
ライブハウス(仲介会社)にライブのキャンセルの提案をしました。

これはちょうど大阪のライブハウスが騒がれた後のタイミングです。
しかし、近隣の120人〜200人の箱での中止の様子がない事などを理由に、
「交通機関」が止まらない限りは「キャンセル」できないと言われました。(3/6)

全額払って全キャンにするか、何かしら対策を考えてライブを実行するか。自己判断になると判断を委ねられました。
たかがイベント全体で120人規模の企画だったかもしれませんが、
ノーレミの中では日に日に変わる社会情勢の中、通常開催という考えは無くなりました。
箱もキャンセルできず、楽しみにしてくれていた人たちのことも考え、
中間の案、無観客配信ライブという形を選ぶことに決めました。
※どなたでも観覧可能です。
3月15日(日) ノーレミYoutubeチャンネルで19時10分から配信予定です。

今回の主催を行うに当たりかかる費用は、箱代と経費を含め約20万円です。
おおよそ社会人の給料1ヶ月分になります。
このままではバンド活動を続けるのが難しくなるとメンバーと話しています。

そんな時にGtVo伊織が2月まで活動していたボランティアのことを思い出しました。

ボランティア活動中高校生からもらったメッセージ


NPO法人DxP(DxPさんの活動)の「コンポーザーとして定時制高校の生徒と話す」の活動に参加していた中で、その法人が利用していた「クラウドファンディング」というモデルに出会いました。
そこで思い当たり今回投稿に至りました。

無観客配信を決めた夕方、母との会話です。


これまでの活動

ノーレミは5周年目を迎えました。詳細はこちら

ノーレミの音楽は誰かのために。そして自分のために。
忘れることが出来ない別れ、あの日の後悔、不安ばかりの未来、これは誰しも持っているもので。
でもそれで良い。生きているんだから。ノーレミの音楽はその「感情」を「あなた」と共有し客観視することで「自分を認める」そして少しずつでも前に進むためにある音楽です。
そんな音楽をこれからもやっていきたいと考えています。

この考えはずっとファンで、10年間追いかけたAqua Timezから教わった感情です。
人生の哲学書は「Aqua Timez」です。誰かと話して言葉が詰まった時、私自身立てなくてもうダメかもって思った時に、「太志さん」の言葉を借りることがあります。
そんな彼らの背中を見て、そんな音楽をやっていきたいってここまで頑張ってきました。


資金の使い道

資金の使い道は以下です。

・ホール使用料 165,000円

・スタッフ人件費 10,000円

・ご厚意で来てくれるカメラマンへ、出すはずだった謝礼 10,000円

・開催に向け準備した諸経費(web用素材、コンピレーションアルバム資材、パッケージ費)15,000円

・上記合計にクラウドファンディング決済手数料 10,000円

・配信になった3/15のライブで利益なしなのに、寄付までしてくれて、出演協力してくれた2バンド、Sweet pool、YAKABANDへのお金の返還 60,000円 ※ホール使用料に含んでおりますので合計金額対象外

上記、計210,000円


最後に

今回のコロナウィルスの件は誰のせいでもないと思ってます。
ここまで書きましたがライブハウス(仲介会社)側も汗水垂らして運営しています。
私たちがキャンセルした場合は大きな損失になりかねません。
それもわかってはいるけれども、、、
そんな悩みを抱えたバンドマンは多いと思います。こうした方法によりまた新しい活動方法として参考になれば嬉しいです。

この半年間、人の苦楽を沢山の人と共に共有して、直近ではボランティアをして、ひとまわり大きくなったノーレミを3月15日にぶつけるつもりでした。
それの場所がなくなっただけではなく、今後予定していたMV撮影やライブ、地方活動、音源作成など当面できない状況に陥りそうです。
色々な人からもらった大切な感情や言葉がこのまま「形」にならなくなるのが寂しいです。
ー そのために音楽をしてきたから ー

「神様がいる夜空に祈ってばかりじゃ叶わないから」だからこそ思い切ってありのままをぶつけます。

僕たちにはまだまだやらなければならないことがある。
どうかノーレミをよろしくお願いいたします。


最後にこんな音楽をやってます。
「風が僕を押すからなんて言い訳をしてキスをした」 ノーレミの代表曲線香花火です。

ノーレミツイッター @noseandremi
 

ここまで読んでいただき。この記事に出会っていただき本当にありがとうございました。

私たちの負担を考えて援助して出演してくれると言ってくれた仲間がいます。

Sweet pool 哲平「それぞれの正義はあるが、今回英断だと思う。」って背中を押してくれたSweet poolの哲平さん。

YAKABAND

YAKABAND「俺たちがお前ら守るから。正義を信じろ。」って励ましてくれたYAKABANDのヤカベの兄貴、コバケンさん。

カメラマン なべ「キャンセル料も払えない本当にごめん」と伊織が話した時にすぐに電話くれて、「その雄姿、撮りに行きますよ!そんなん金なんて関係ないっす。」って言ってくれた、カメラマンのなべさん。


本当にありがとう。私たちは本当に素敵な仲間に恵まれた。


All-in方式で執り行います。
<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※文中の写真や楽曲等の著作権は全てノーレミにあるものを使用しております。協力者様の写真は許可を得てます。

  • 2020/03/30 20:00

    こんばんは3月15日のアーカイブ動画が上がってます。ぜひ確認してみてください。イベント全体の様子なので出演者がいない時間もあります。必要に応じて早送り等で確認ください。1.Sweet pool2.YAKABAND3.Nose and reminiscenceノーレミ、AquaTimezの「だい...

  • 2020/03/23 21:30

    第48話、曇天を舞うアネモネは泣きながらこう言った。「もし、この戦いが終わっても生きていいって言われたら 小さな鏡を一つ買って微笑む練習をしてみよう何度も何度も練習しよう、もう一度会うために。もし、誰も傷つけずに生きていいと言われたら、風にそよぐ髪を束ね、大きな一歩を踏みしめて胸を張って会いに...

  • 2020/03/22 21:00

    こんばんはあの3月15日から一週間が経ちました。多くの人に感謝の気持ちがあります。本当にありがとうございました。当日の様子を時系列とともに。リハーサル前の晴天。左上からさす太陽光。光の入射角が高三の時の春、免許取り立てで車を運転した時の光と陽気に似ている。配信班の準備の様子。大学時代のサークル...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください