はじめに・ご挨拶

初めまして。私たちは、宮城県気仙沼市という港町で、インドネシア料理店「ワルン・マハール」というお店を営んでいます。昨年夏、気仙沼魚市場横に、地元有志が集い屋台村「みしおね横丁」を開業しました。その一画で営業しています。


商品・お店が作られた背景

気仙沼とインドネシアには深い関わりがあります。気仙沼は、港町の歴史の中でインドネシアの方々を多く受け入れて来ました。震災当時、インドネシアのユドヨノ大統領が気仙沼市を訪れ、気仙沼図書館の建設費の一部を寄付するなど、深い交流が育まれています。そうしたつながりから、震災後復興を目指す地元企業が、インドネシアの方々を技能実習生として受け入れることが増えたといわれ、現在では、300 人近いインドネシア人技能実習生が気仙沼で暮らしています。また、東京オリ・パラリンピックに参加するインドネシアの「復興『ありがとう』ホストタウン」として、今後もますますインドネシアとの交流事業が加速することでしょう。

気仙沼には、大変多くのインドネシア人が暮らしています。彼らは、私たちの産業を支えてくれるパートナーです。そして彼らのほとんどがムスリムです。ムスリムは豚肉やアルコールを口にすることが出来ず、外食はあまりしません。また、日本で手に入る調味料はオンランショップでわずかに揃う程度で、故郷の味を自炊で再現するにも苦労します。そこで、彼らが故郷の味を安心して食べられるインドネシア料理店「ワルン・マハール」をオープンさせようと思いました。


私たちの商品・お店のこだわり

ワルンマハールには、ムショラが併設されています。ムショラとは、小さい礼拝所のことです。ムスリムは1 日5 回の礼拝が欠かせません。お祈りはまさに彼らの人生の一部なのです。本当はモスクに行きたいのだけれど・・・と考えていても、日本でわざわざ仕事を休んで遠くのモスクまで出かける事は容易ではありません。そんな彼らのために、ムショラを併設した施設にしました。東北にいる外国の方々が集えるだけでなく、日本の若者とも交流が生まれる、そんなコミュニティのハブとなる施設を目指しています。


リターンのご紹介

コーヒー豆コピ・ルアックをご存じでしょうか。コーヒー好きの方には、言わずと知れた世界一高価と称される、大変希少なコーヒー豆です。主にインドネシアで生産されています。現地に生息するジャコウネコが、熟したコーヒーの果肉を食した際、消化されずに排出された種子をコーヒー豆として収穫しています。香りが特徴的ですが、その希少性から高額で取引されており、喫茶店で飲む場合は数千円、高級ホテルのラウンジでは時に1万円以上する場合もあります。幸いにも、当店の「コミュニティのハブを目指す」というコンセプトに賛同頂いた現地の有志から、この度格安でコーヒー豆を仕入れることが出来ました。ぜひ皆さまに、気仙沼に来ていただき、コーヒーの香りを楽しんで頂きながら、このまちの事もインドネシアの事も知ってもらいたいと思います。

①3,000円 ⇒ コピ・ルアック券1枚 + 2,000円食事券 + デザート1品

②5,000円 ⇒ コピ・ルアック券2枚 + 3,000円食事券 + デザート1品(2人前)

※コピ・ルアックは数に限りがあります。限定70杯までとさせて頂きます。

追加リターンのご紹介


インドネシアで人気の『bakso』を知っていますか?
インドネシアの肉団子で一般的ものは鶏肉ですが、牛肉・豚肉・魚からできているものもあります。

気仙沼なので、今私たちのお店では、もちろん地元で水揚げされた魚を使っています!
肉団子と言っても小麦粉多めの練り物なので、日本では味わえない食感になっており、味も日本の方にもあうくせになる味にです。インドネシア人が皆大好きbaksoを是非味わって下さい。

③3,000円 ⇒ bakso1袋(10個入り) + インドネシアスープの素(4人前) 

※5月中旬ごろから、商品券を発送致します。有効期限は、2020年6月1日~10月31日までと致します。
(ただし、新型コロナ肺炎の影響を加味し、有効期限を変更する場合もございます。変更の際は、ホームページ及びfacebookでお知らせいたします。)


プロジェクトで実現したいこと

気仙沼に実際に来て頂いて、この町の事、震災の事、インドネシアの事をもっと広く知ってもらいたいと思います。


資金の使い道

集めた支援金は、希少コーヒー並びにお食事券として皆さまに還元致します。

また、インドネシア料理を味わうキッカケに、ワルマハールに来るキッカケに

ぜひワルンマハールの料理と共にご賞味下さい。


最後に

震災から9年が経過しました。もう9年・まだ9年。

復興が進んでいるところ、まだまだなところ様々です。

被災を受け、生かされた市民として街の復興に今後も全力を持って取り組んで行きたいと思います。

多くの出会いがあり、多くの学びを得る事が出来る環境づくりを、ワルンマハールは目指していきます。


店舗の詳細情報(住所・営業時間)

インドネシア料理店「ワルン・マハール」
〒988-0037宮城県気仙沼市魚市場前4-5(みしおね横丁内)
営業時間 11:00~14:00/17:00~21:00
火曜定休
facebook:https://www.facebook.com/miyagiWarungMahal/
ホームページ:https://sugawara-idn-cuisine.com/


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/17 08:09

    本日いよいよ最終日になります。初めてのクラウドファンディングの挑戦で皆様の多くのご支援を頂き、無事にこのチャレンジを成功出来た事に心から感謝致します。更に、日々更新してきました活動報告にて私達の取組に目を通して頂いた事に重ねて感謝致します。ワルンマハール一同皆様からのご支援を忘れる事無く頑張っ...

  • 2020/05/16 11:12

    いよいよこのチャレンジも残り2日となりました。このチャレンジを通じて多くの支援者様からの温かいお言葉を頂き、心から感謝いたします。活動報告書にて、私が何故インドネシアに行ったか?ワルンマハールが出来るまでの背景を皆様にお伝え出来た事が嬉しく思っています。 あと2日なりましたが、最後までどうぞよ...

  • 2020/05/15 18:53

    このチャレンジも残り3日となりました。日々活動報告書にて私たちの動きを皆様にお伝え出来た事がうれしいです。是非とも新型コロナウイルスの影響が落ち着いた際は、気仙沼に、みしおね横丁に、ワルンマハールに起こし下さい!前回の続きのワークショップの内容になります。各班から出てきた食べ物とは?上記 写真...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください