はじめに


はじめまして、私たちは大東文化大学国際関係学部地域研究学会研究班の学生団体Plus+です!

私たちは「笑顔をプラス、活気をプラス、未来をプラス」の理念の下、活動しています。

"笑顔" 楽しい、 うれしいの象徴で私たちの生活を彩るもの。 

"活気" よりよく生きようと思う気持ちやさらに高みを目指そうと思う向上心がある状態。

"未来" 夢や目標、価値観や考え方の変化、 得た経験を他に生かすことで増える将来の選択肢。


以上の3点を弊団体は活動を通し、「支援先であるネパールの子ども達、日本の若者達にプラスさせたい」という志から、2018年7月23日に設立致しました。


私達の挑戦


 弊団体が支援しているネパールは、南アジアに位置し、神々が暮らす神秘の国と呼ばれています。外国産業の進出が遅れており、さらに外国産業の参入に困難な条件が、政府から課せられています。また、国土の8割が山岳地帯であり、自国産業が遅れている現状から、アジア最貧国とも言われております。さらに、2015年にネパールを襲ったマグニチュード7.8の大地震により、多くの建物が崩壊するなど、甚大な被害をもたらしました。政府や国際協力機構の活動により、民家や小学校などの施設は徐々に復旧してきました。

その様な状況下ですがネパールの子ども達は、とても勉強熱心です。「将来は先生になりたい」「歌手になりたい」「政治家になりたい」それぞれの夢を真っ直ぐな眼差しで、私たちに話してくれました。小学校の学年末テストでは、優秀者を表彰します。また成績によって留年制度があり、教育に力を入れているネパールですが、辞書や図鑑、絵本などは高価な為、子ども達への学習教材は不足しています。またネパールには図書館が少なく、子ども図書館は更に少ないです。

そこで弊団体は、ネパールのカトマンズ市ダッチンカリ郡6のシュリーセティビヒ小学校に、図書館を建設するプロジェクトに挑戦しています。子どもたちに学ぶ機会を増やし、図書館兼コミュニティールームとして、学習スペースや屋上に小規模の遊び場を設置する予定です。その図書館で生まれる新たな発見や、挑戦するキッカケ、そして"居場所"になれる図書館にしたいと強く願っております。


団体設立当初からチャリティーイベントや、都内での街頭募金、様々な企業様からのご協賛により、現在90万円ほどご支援を頂きました。建設費用は総額200万円であり、残り110万円の不足金額を補う予定でしたが、世界中を襲っている新型コロナウイルスにより、チャリティーイベントの開催や街頭募金を断念せざる負えない状況となりました。

建設作業は中断されたままであり、今でも子ども達は、図書館完成を楽しみに待っています。

そこで弊団体は、2021年3月に図書館完成させる為、クラウドファウンディングに挑戦しております。All or Nothing方式(目標金額に達しない場合、支援金の全額は支援者に返金させる仕組み)の為、第1目標を30万円、ネクストゴールを50万円に設定させて頂く予定です。残りの不足金額60万円は、NPO法人Dream-Hack様の仲介の基、現地の市役所と協力して補う予定です。


日常が回復する見込みがない状況ですが、子ども達により良い環境を届けたいと強く願っております。

"笑顔"と"活気"と"未来"をプラスさせるお手伝いを私たちにさせてください。

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

  • 2021/01/17 23:18

    学生団体Plus2代目代表の西嶋乃流です私はどうなるか分からない未来や運命を信じる人間ではありません。また、人生を生きる上では曖昧さや意味不明さにこそ価値があると思っているので常に浮遊感を大事にしてきました。しかし、学生団体として活動していくにはこれらは全く不向きです。団体として活動する以上、...

  • 2021/01/16 22:42

    そこで紙を捲ると胸が躍りました。その時は、寂しさも悲しさも嫌なこと全部忘れていたと思います。そこは私の居場所でした。私は友達が作るのが得意でない子どもでした。我が強くてわがまま。真面目で固くて冗談も上手に言えない。陰口や噂話を怯える毎日。自ら周りに対してかなり分厚いバリアを張って生活していまし...

  • 2021/01/15 00:22

    こんにちは。学生団体 PLUS+三代目の石田一晟です。 私は今年の春にこの団体に入らせてもらいました。まだまだ新参者です。 今年はコロナの影響で思うような学校生活ができず、モヤモヤとした思いでいっぱいでし た。それはこの団体での活動に対しても、同じような感情を抱きました。最近ようやく Zoom...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください