はじめに・ご挨拶

はじめまして。
私たちは岡山県新見市のMSファームです。

私たちが住む新見市は岡山県の北西部に位置する中国山地の豊かな自然に恵まれた小さな町です。

私たちMSファームは新見市内を流れる清流・高梁川のほとりでチョウザメの養殖とキャビアの製造・販売を行っています。キャビアは、チョウザメの卵と岩塩だけを使い、保存料等無添加で安心・安全に食べていただきたいとのこだわりを持って生産しています。

そこで、私たちの作るキャビアをもっと多くの人に知ってもらいたい。そして新しい製品を全国のみなさまに、さらには世界に認められるような特産品にしたいと考え、新見フレッシュキャビアを北海道産高級バターに贅沢に練り込んだキャビアバターを作りました!

商品の開発には料理の鉄人・湯浅薫男氏(元ホテルオークラ岡山取締役総料理長)に尽力いただき完成した自信作です。

料理の鉄人 湯浅 薫男 シェフ プロフィール

1975年フランスに渡る。その後フランスの名門ホテル「ホテルクリヨン」などでフランス料理を修業。その独創的で貪欲な仕事ぶりは、フランス人シェフ達の間で「カミカゼ」とささやかれ日本人では数少ない二ツ星ソシエシェフの資格を獲得。1985年、ミッシェル・ゲラール氏の「キュイジーヌ・マンスール-(美味しく食べて太らない料理)」に出会ったことをきっかけに独自のキュイジーヌ・マンスールに没頭。お客様の体調に合わせて酸性・アルカリ性を使い分けるなど「美味しく食べて健康になれる料理」をテーマに研究を続け、1994年、遂に独自の「キュイジーヌ・マンスール」を発表。21世紀の新フランス料理として大変な評判を呼んだ。
1995年3月17日、当時フジテレビの人気番組「料理の鉄人」に出演。出演時には2mの火柱を上げ、なた包丁を振り回し、リトマス試験紙を使うなど前代未聞のパフォーマンスをキッチンスタジアムで披露し、服部校長をはじめ審査員から絶賛される。2004年カンヌ国際映画祭では晩餐会の料理を担当、2005年岡山国体では皇室関係を担当し、「岡山の鉄人」湯浅薫男の名を広めた。令和になった現在も、マスコミを始め各界から注目を浴び続けている料理人の一人である。


プロジェクトを立ち上げた経緯

高級食材のひとつ「キャビア」はチョウザメという淡水魚の卵です。孵化から5~7年後にやっと卵を採ることができます。

現在、約17,000尾匹のチョウザメを養殖し、年間60~80キロのキャビアを生産しています。しかし、このコロナ禍においては高級食材のキャビアは販売に苦戦しているのが現状です。

そんな中でも、もっと多くの方に私たちのキャビアを食べていただきたいと考え、まったく新しい商品を作り上げました。

それがフレッシュキャビアをふんだんに使った国内初のキャビアバターです。


リターン(新見キャビアバター)のご紹介

リターンのキャビアバターは、私たちが丹精込めて作った新見フレッシュキャビアを、北海道産の最高級バターに贅沢に練り込んだ本格的な「A級グルメ」です。

商品の開発には料理の鉄人・湯浅薫男氏(元ホテルオークラ岡山取締役総料理長)に尽力いただき完成した自信作です。

キャビアバターは彩り鮮やかなバリエーションをご用意した5種セットと単品をご用意しました。

皆様の食卓をより華やかなものにすることでしょう。

トーストしたパンやバケット・温めたブリニやパンケーキのほか、ステーキや蒸し野菜・魚料理の上に乗せて一緒に召し上がる等、様々な食べ方でお楽しみいただけます。キャビアの豊かな香り・バターの濃厚さをぜひこの機会にご賞味ください。


キャビアバターの種類

・クチナシ
使用されているクチナシの実は漢方薬にも使用され日本で古来から使われてきた天然色素で、キャビアやバターの風味を邪魔することなく鮮やかさを与えてくれます。

・トマト
地元新見産のトマトを独自の方法でペースト状にして使用しています。ほのかな甘みが特徴です。抗酸化作用の強いリコピンやβ-カロテン、ビタミンCやEが豊富に含まれています。

・アサツキ
緑色が鮮やで、ほのかな香りが食欲を誘います。ビタミンをはじめとした栄養素が豊富で、鎮静・疲労回復効果が高いと言われています。

・ブールブラン
ヨーロッパでは代表的な香味野菜の一つエシャロットの柔らかい風味に、白ワインを加えた酸味が特徴です。魚料理との相性が抜群で、サラダやお料理の隠し味にもご利用いただけます。

・プレミアム
ペースト状にしたキャビアを、最高級の北海道産バターにたっぷりと混ぜ込み、フレッシュキャビアとマリアージュさせました。キャビアの味と奥深さがお口の中に広がる至極の逸品です。


私たちのこだわり

一般的なキャビアは黒くて塩っ辛いプチプチとした食べ物というイメージがありますが、そのイメージの多くは海外産キャビアによるものです。海外産のキャビアは加熱殺菌することによりプチプチとした食感になり、長期保存のために塩分を多くする(8%~10%超)ことから塩辛くなります。

新見フレッシュキャビアは製造後すぐに瞬間冷凍するため塩分も少なめ(3.5%または5%)で加熱殺菌も必要なく、しっとりとした口当たりで卵本来の味をお楽しみいただけます。社内基準の検査も行い、キャビアに最適な成熟度の卵のみを厳選しています。卵の色は黒から灰色までありますが、チョウザメの個体差によるものでそのどれも味や品質に自信をもって皆様にお送りいたします。


資金の使い道

MSファームでは現在約17,000尾のチョウザメを養殖しておりますが、チョウザメの養殖は難しくリスクが伴います。今後はより上質なキャビアの生産はもちろん、チョウザメの生簀(いけす)の拡張や価値がとても高いことから盗難などの不測の事態に備えた防犯環境も併せて構築したいと考えております。またチョウザメを使った新商品の開発にも尽力して参ります。


最後に

高級感、珍しさもあり、ちょっとした手土産やギフトに選んでいただくと喜ばれること間違いありません。
少し贅沢なお取り寄せグルメとして、ご自宅の食卓でもお楽しみください。

新鮮なフレッシュキャビアと北海道の最高級バターを使用したキャビアバターを一度食べてみませんか?


蝶鮫屋(MSファーム株式会社) 

〒718-0012 岡山県新見市唐松2292 

https://msfarm.co.jp/


※必ずお届けします!

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください