こんにちは。
あしおとでつながろうプロジェクト代表のおどるなつこと申します。2010年より、タップダンスをツールに、アートと福祉を行き渡らせることで社会を元気にしていく活動を行っております。

タップダンサー・振付家として活動する中、2007年にドイツ国際平和村を訪れ紛争により障害を負った子どもたちと踊ったことをきっかけに、2010年からタップ仲間とともに任意団体「あしおとでつながろう!プロジェクト」の活動を開始。横浜〜仙台などの福祉施設を中心に、毎月100名を超える方々とタップセッションを開催、“互いに尊重しあうと楽しい!”という体験を広げてきました。


2017年には「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」に参加。
この屋外ワークショップで、障害のあるタップメンバーが「その人らしく」自由に表現する場では、参加者が自然と笑顔になり「やってみたい!」と次々チャレンジし始めることに気づきます。
そこで2018年から、彼らを「メッセンジャー」と名づけ、あしおとの輪にいざなう役割を依頼。障害のある人たちの新たな仕事とする試みを始め、FAAVO横浜のクラウドファンディング「タップのリズムで楽しい未来を!障害や国籍を超えるあしおとの輪を広げたい!」でも応援いただきました!



そのほか、これまでさまざまな応援をいただき、本当にありがとうございます!
おかげさまで地道に輪が広がり、 2019年には障害のあるタップメンバーによる東北・大阪への旅公演を実現、2020年はコロナによる社会変化のもと、オンラインで有効なプログラムを開発しながら福祉施設との活動などを継続し、このたびNPO法人あしおとでつながろうプロジェク設立の運びとなりました。



私たちのチームは、福祉施設でタップに出会い楽しんで踊ってきたメンバーに“案内人:メッセンジャー”の役割を依頼し、学校公演などのイベントで共演してきました。彼らの繊細な感覚はアートそのものであり、その天井知らずの喜びの表現に出会った人々が、どんどん笑顔になっていきます。
この景色を全国に広げようとしていた矢先、新型コロナにより社会が変化してしまいました。

今、まさに彼らの、まわりをくつろがせ、優しい気持ちにさせる力が必要とされていると感じています。


2019.12月 ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020準備ワークショップ 撮影:加藤甫


このプロジェクトで実現したいこと

開催目的:コロナによる社会変化で交流活動がしづらい中、一つの演目を映像で共演することで、アートによる交流を生み出します!河童という架空の姿で楽しみ踊る映像は、YouTubeにて公開されることで、何度でも観て楽しめ、参加ご本人だけでなく離れた場所にいる人々をも元気づけていくでしょう!

映像参加の双方向性:映像に参加するだけでなく、誰かに映像参加体験を提供することも楽しみにつながります!出演する⇄観て楽しむ。ご自身が踊るよりも誰かが楽しむ姿を観たい!と言う方は、どなたかが出演するための経費をファンディングしていただけませんか?それにより、資金のない方々へアート体験が贈られ、その笑顔が映像作品となってあなたに贈られます。
どんな河童たちが現れるかお楽しみに!

演目について:「河童ブギウギ」とは美空ひばりさんのデビュー曲です。2020年のオンラインイベントの主催及び配信会場が、美空ひばりさんご出身の横浜市磯子区でだったことから、誰もがつい笑ってしまうようなこの曲を選曲しました。初めてタップダンスに出会う方が楽しく踊っているうちに、どなたでもタップの超基礎を覚えられるよう振付したナンバーで、2020年には福祉施設や小学校で踊っていただきました!

映像参加方法:メッセンジャーの踊る「河童ブギウギ」のプロモーション映像が完成しています。こちらを見ながら1曲フルで踊っていただき、その様子をスマホなどで撮影しご送付いただいた動画を、プロのクリエイターが映像作品として仕上げます。単独映像から分割画面での共演まで、参加方法はファンディング枠でお選びいただけます。
河童ケープやマスクの作り方も公開しておりますので、衣裳やシチュエーションでそれぞれの個性を発揮してください!完成映像はYouTubeのASI-PROチャンネルで全世界へ向けて公開!各施設やそれぞれのご家庭から、さまざまな仲間が共に踊る様子を長くお楽しみいただけます。


プロジェクトをやろうと思った理由

こんな時だからこそ未来へつながる楽しみを!

指定都市での緊急事態宣言も延長されました。何か大きな流れの中で、本質からずれた努力を強いられている状況には、誰もがストレスを感じていることでしょう。本来すべきことを全うしたいのに、そうではない業務ばかりが増えてしまう。

制限された日々で、目の前の人の笑顔を諦める気持ちになっていませんか?
私たちの仲間にもそんな空気が流れていました。ちょっとした遊び心で、ゆるく笑いあえるつながりをつくれたら。そんな想いが私たちの中で大きくなっていきました。

心動く体験を誰かと共有したい!

友人とも会えない独りの時間が増え、外出も控えて、笑ったり驚いたりする体験が減っていませんか。
過去の歴史をみれば、奴隷制度のもとでタップダンスを生み出したアフリカンアメリカンたちの待遇からわかるように、分断と孤立は支配の手法です。現在の状況は、意図的ではなくともそれに近い環境になってしまうのではないかと、懸念を感じています。


笑顔がつながる!

2020年、私たちがメッセンジャーたちとリアルに会えたのは半年ぶりの8月でしたが、それ以来、有志による練習会を月2回開催してきました。感染対策を取りながらも「やりたいことは何?楽しいことは何?」と練習会を継続してきたことから、ひとりひとりのさまざまな可能性が花開いてきました。

ASI-PROチャンネルには、2020年8月以降の半年の練習会の成果として、それぞれがやりたいことにチャレンジしている映像が並んでいます。チャンネル登録いただけますと、一同とても励みになります。

緊急事態宣言下の2021年1月には「音を楽しむ人 ジミーピアノソロライブ」のオンライン配信を実現!
良かったらぜひアーカイブをお楽しみください!


このように、小さな遊びひとつが、次の遊びにつながっていきます。遊びやこだわりとみえていたことが、その人の仕事へと展開していった事例もたくさんあります。
けれど、もし何もしないでいたら、新たな展開は生まれませんでした。

まず一歩、目の前の人が笑顔になるような体験に、参加してみませんか?


これまでの活動

FAAVO横浜で応援いただいた2018年は、福祉施設でタップを楽しんできたメンバーが施設外のイベントに出演できるための仕組みづくりの真っ最中でした。ACYクリエイティブ・インクルージョン助成採択のもと、メッセンジャーが出演する場やお仕事の依頼をいただくなど、様々な協力のもと、障害のある人が体験を重ね社会と交わる場づくりを主にやってまいりました。

2018年9月7日東京新聞朝刊「心開くタップダンス あしおとでつながろう!」

翌2019年も引き続き同助成採択の元、宮城県登米市と大阪府西成区へのメッセンジャーによる旅公演を実施。現地NPOとの協働で、障害のある人のみならず共演者の幅も広がったプログラムで子どもたちと交流し、3ヶ月後、今度は宮城・大阪での共演者を招き、横浜寿町でまちの人々と踊りあうイベントも行いました。並行して、地元横浜にこの体験を広げるオープンタップセッションを1年間定期開催してきました(よこはまふれあい助成)。
子どもたち次世代が心豊かに暮らしていくためには、心の動く体験が必要で、障害あるといわれるメンバーは、人の心を動かす存在です。アートを通じて心動く体験を共有することで、互いに認め合い、自らにチャレンジしていく勇気を得られる、と考えてきました。

2018~2019年の記録は別途詳細をまとめてあります。ご興味ありましたら是非ご覧ください!


2020年度はオンラインを組み合わせてこれまでの輪をより広げる仕組みづくりに方向転換。上記note記事からのご依頼で福祉施設をオンラインでつなぐイベントを行うなど、社会状況をみながら笑顔の生まれる体験を絶やさないよう活動してまいりました。
いつもの場所から他者とつながる体験について、施設職員さんのインタビュー付きイベント記録がございますので、ぜひご覧ください!


世界の平和が実現する未来へ

なぜ私たちがこのような活動をしているかというと、障害のある人を助けるためではないのです。

誰もがその人らしくいる、ということは、私たちがくつろいだ気持ちで過ごすために必須な環境です。
心が動く、という体験は、全ての自発的な行動を生み出す源になっています。
誰もがやりたいことにトライできる、という環境をつくるには、公平なサポートが必要です。
これらが整うことで多くの笑顔が生まれ、その笑顔は、私たちが日々を楽しむための大きなモチベーションへとつながります。

あらゆる人がそうあるために、何をしていけるだろう?
それを、”障害のある”とされている仲間とともに考えて実践しています。


資金の使い道

集めた資金は全て、皆様が参加・応援される映像製作〜公開に使われます。

映像製作諸経費(8万円/1本)×10本公開予定(うちリターン発送業務は福祉施設に依頼)

映像出演を通して人がつながり、今の社会に笑顔が増えていくことを願っています!


リターンについて

今回のリターンのメインはあなたが笑顔になることです!
出演枠でも、応援枠でも、完成した映像作品のYouTube公開を通じて、日本各地の河童たちとネット上のコミュニティでつながりが生まれます。

出演枠での参加:ご自身やお仲間の映像が、プロの映像クリエイターによる映像作品として公開されます。ファンディング額により、分割画面の大きさが変わりますので、お一人からグループまで、お気軽にご参加ください!
応援枠でのご参加:資金のない方々へ映像出演体験を提供する枠では、映像クレジットにお名前や御社名を掲載させていただきます。あしプロチャンネルは現在120名登録ですが、メッセンジャーが出演する映像の視聴数はひと月で500を超える作品もあり、今、人々が何を求めているのか、ダイレクトに数字となって現れる媒体となっております。


実施スケジュール

この企画は通年企画に成長させていく予定ですが、今回のクラウドファンディングでは以下のスケジュールに区切って行います。

3月27日 クラウドファンディング終了(ファンディング時に、撮影準備のご案内を送付いたします)

3月28日〜4月30日
映像撮影・送付:オンライン振付撮影WSの実施。または、それぞれで撮影いただいた動画をギガファイル便などでご送付いただきます。

リターン品発送:イラストブックやTシャツなど発送いたします。

4月15日〜5月末 
映像が完成した順にYouTubeチャンネルにて公開!プレミア公開のスケジュールはメールとこちらのサイト活動報告でお知らせいたします。

最後に

みんなの笑顔が力になるよ!

その日楽しく笑いあって、その日の記憶を後からまた楽しんで、仲間内だけでなく、その映像を見る全く知らない誰かの心をも、明るく元気づけてくれる企画です!
今の時代だからこそあなたの笑顔が力になります。見知らぬ誰かの生きるモチベーションを作る原動力になります!

さぁたのしくおどりましょう!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/06/10 01:23

    みなさまこんばんは!夏日になってきましたね。昨晩のラスト河童映像はご覧いただけましたでしょうか?埼玉県在住の平均年齢〇〇歳のロックバンドANNAのみなさまが、最も大きな枠でご参加・応援くださり、あしプロスタッフは感謝と共に利根川へ撮影に参りました!楽しいメイキング映像です!ロックバンドANNA...

  • 2021/06/07 19:34

    みなさま。こんにちは!クラファン【第5弾】は、いよいよ明日6/8(火)20時プレミア公開となりました。ラストを飾るのは、埼玉県からロックバンドANNA(アンナ)の皆さんです!参加する皆さんも応援したい!そして自分達も楽しみたい!そんな気持ちあふれるメンバーの皆さん。普段はロックバンドとして活動...

  • 2021/06/06 09:08

    おはようございます!しとしとと神奈川は梅雨です。皆様の地域はいかがでしょうか?5月に発送予定となっていたリターン、残り一件の映像公開を残しております!河童映像ラストは、参加者様のご希望により、来週の公開とさせていただきました。こちらのご参加グループは福祉施設ではないのですが、おそらく、皆様に、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください