私たちは山梨県北杜市で無農薬で循環型の農業をやっている宇宙農民です。 昨年アメリカでクラフトビールの楽しさに触れホップも育て始めました、 このホップでクラフトビールを作りたい!とビール醸造所の立ち上げを決意しました!

プロジェクト本文



2017/11/20更新
飲食店様限定の「宇宙IPA 15Lケグ+Tシャツ1枚セット」を新たにリターンに追加しました!



山梨県北杜市で自然栽培で農業をしています宇宙カンパニー合同会社の楠瀬正紘(くすのせまさひろ)と申します。
2009年から仲間と宇宙農民という名前で自給的な農業を始め、現在では全国のお客さまに育てたお米や野菜の販売をしています。



(シェア田んぼ)



また、田んぼ塾やシェア田んぼではお米作りの体験を、味噌づくり・麹づくりのワークショップでは手作りの暮らしの楽しさの提案をしています。


(収穫祭)


(麹作りワークショップ)


(手前味噌作りワークショップ)

また仲間と一緒にオーガニックなマーケットイベントも開催しています。


(わとわまつり)


(八ヶ岳オーガニックマーケット~ワンダフルベジタブル〜)


私たちはアメリカのオレゴン州ポートランドでクラフトビールに出会いました。全米一住みたい街と言われているポートランドはオーガニックな食品やファーマーズマーケットをはじめ先進的な取り組みをしている街で(しかもおしゃれに!)衝撃の連続でしたが、ふらりと入ったクラフトビールのバーで運命の出会いがありました。

そこで飲んだクラフトビールから、今まで嗅いだことのない、とんでもなく良い香りがしました。調べるとそれがホップの香りだということがわかりました。
「この植物を育てたい!」瞬時に思いました。

その美味しさに衝撃を受けながら、もう一つ感じていることがありました。開放的で奥には醸造室が見えるおしゃれな空間、そして平日にも関わらずたくさんの人。とにかく集まってくる人々が楽しそうなのです。

仲間と集まって最高の時間を過ごす場所になっているんだなと強く感じました。
クラフトビールを中心として、ここに自分たちのできること(オーガニック農業やイベント運営、DIYなど)をうまく融合させて私たちの地域らしいものを作ると最高なんじゃないか?

ビールを飲みながら妄想は止まらなくなっていました。








アメリカで見た醸造所にしてもバーにしても規模が大きく、すぐに始められそうにないと思ったので、まずはホップを畑に植えることから始めました。アメリカからホップの苗を取り寄せて植え付けました。
そして日本のホップ栽培を紐解き始めた時、私たちが農業をしている山梨県北杜市が日本のホップ栽培発祥の地の一つであることを知りました。



栽培地の環境を選ぶ作物と言われているホップは日本でも良品が栽培できる地域が限られているそうですが、空気が乾燥していることや夏の気温が低いことなど八ヶ岳は栽培地として適しているとのこと。
私たちはオーガニックで農業をしてきたのもあり、どうにか無農薬でホップができないかと考え、試行錯誤しながら挑戦を続けています。
実際に農家や有識者に話を聞くと無農薬はかなり難しいという話を聞きますが、栽培初年度である昨年は無農薬無化学肥料で栽培でき、今年も同じく目立った病気・害虫はなく収穫できました!
初めてわたしたちの畑で採れたホップをそっと手に取り嗅いだ時の衝撃は忘れられません。
「これはこの世で最も良い香りだ!」そう思い、どうしてもこのホップをビールにしたいと思いました。



そして、いわて蔵ビールで有名な世嬉の一酒造さまの協力で、現在までに「宇宙IPA」「宇宙GOLD」「BIG BANG IPA」の3種類の個性的なビールが誕生しました。小ロットでの醸造でしたが多くの方に飲んでいただくことができ、嬉しい声をたくさんいただきました。



現在では野菜の無農薬栽培の技術も進んでいるので、病気や害虫に関しては予防をメインに他の作物での対処法をベースにしてやっていこうと考えています。
また期せずして、同じ地域で同じ時期にホップ栽培を始めた農家さんもいるのでそちらのホップも使いたいと考えています。



ホップの摘み取り体験(今年8月に開催したホップ・ステップ・キャンプにて)




当初私たちはホップが本格的の採れ始める3年後ぐらいに何らかの形でビールに関われればと思っていましたが、具体的に自分たちの育てたホップがビールという形になったことでスイッチが完全に入りました。

そのためには私たちのこれまでやってきたこと、考え方とクラフトビールを結びつけ事業化して、さらに持続可能な形のものにしたいと思い、ビジョンを明確にする必要がありました。
トラクターに乗りながら、草を取りながら日々考え、たくさんの方々にアドバイスをいただきながら目指すものが明確になってきました。

そしてできたビジョンは「地球がハッピーになるビール」です。


(クリックで拡大)

今まで私たちがやってきた無農薬・自然循環型の農業にホップ栽培とクラフトビール醸造を加え、バー・ゲストハウスもいずれオープンさせたい。ここで環境と経営と製品のクオリティのバランスのとれた小さな循環する仕組みを作りたいです。


私たち自身がこのクラフトビールづくりを最高に楽しみたいし、楽しんでもらいたい。
ビールの原料はどれも大地からの贈り物で、搾った後のビール粕や排水は浄化・堆肥化し自然や畑に返してまた新たな命の糧になります。
排水や堆肥化は同じ地域に住み、日本中で活躍されているパーマカルチャーデザイナーの四井真治さんの監修で、自然の摂理に合わせ循環させ持続可能なブルワリー(サステナブルワリー)を目指します。
原料に関しては輸入品も併用しながら、できるだけ自家産やオーガニック原料を使用する。
目指すのは作れば作るほど、飲めば飲むほど地球や生き物、そしてみんながハッピーになる。そんなビールづくりをしたいと思います!



美味しいクラフトビールを作るため、私たちが最高に美味しいと思うクラフトビール醸造所の一つ、山梨県甲府市のアウトサイダーブルーイングで修行をさせていただきました。
アウトサイダーブルーイングは日本のクラフトビール界では定評があり、器具の殺菌消毒からビールのレシピ作り、仕込みのやり方、管理方法など非常に多岐にわたる内容をみっちり勉強と実習を通して学ばせていただきました。

また、全国各地のクラフトビール醸造所に出かけ設備を見せていただきながら、お話を伺い丁寧にご指導いただきました。お世話になった皆様本当にありがとうございます。


 様々なクラフトビールの醸造所を見せていただきながら事業の規模を決める必要がありました。瓶と樽の両方を出荷しながら自社バーでの提供もする方向でおおよその規模感は決まりました。
醸造施設、醸造設備はとても特殊で、ひとつひとつがとても高価だということがわかりました。私たちと同じ規模の工場を作る場合の目安はだいたい予算1億円くらいとのことでした。
今までやってきた農業とは違う分野への進出ということで、金融機関に熱心にこれからやりたいことを説明し、事業の計画を作成し、申し込みから8ヶ月をかけて融資が決定しました。
融資の限度額いっぱいまで借りることができましたが、借りることができたのは半額以下。設備は最低限に抑え、建物や器具などもできるだけDIYすることで進めないとお金が足りなくなってしまいます。


2011年から私たちは拠点づくりを始めました。
名前は「宇宙農民基地」です!
山林を開墾し、そこに基礎工事から内装工事まで仲間と近所の方々の協力で手作りで建物を建てました。最初は建築に関して何も知らない状態からの挑戦でしたが、2013年から2年ほどの歳月をかけて田んぼ塾やワークショップ、収穫祭などを行うリビングスペース、コワーキングスペースなどが完成しました。














(宇宙農民基地 2015年完成)


2017年2月、クラフトビール醸造の事業を行うために宇宙カンパニー合同会社を設立いたしました。
そしてこの宇宙農民基地を手作りした経験をもとに醸造所のDIYがスタート!(タンクなどの設備は購入)










建物と最低限の設備については、銀行からの借り入れと自己資金ですでに発注と工事を進めています。
ビール醸造にかかる設備は特殊なもので基本的に価格が高いのですが、わたしたちが作りたいスタイルのビール作りにおいて最低限品質が保てるスペックと機能の機械を導入する予定です。
今回のクラウドファンディングではビールの発酵タンクにご支援いただきたいと思います。

(↑導入したいタンクのイメージです)

私たちが作る予定のビールは上面発酵ビールと言って仕込みから約1ヶ月で出来上がるビールです。
今回のクラウドファンディングで発酵タンクを増やすことができたらビールを多く作ることができます。新しい挑戦もできますし、商品を切らすことなく製造できることで経営的にも安定すると思います。




2017年内に「発泡酒製造免許」取得を目指しています。
年間製造量が6,000Lの見込みで申請ができる免許で国内の小規模醸造所の多くはこの発泡酒免許でクラフトビールづくりをしています。醸造免許は建物設備含め全てのラインが完成してからの交付になります。
飲食店さま・ビアバーさま向けの樽商品と小売用の330mlの瓶ビールを販売予定です。

 

SOIL DESIGN パーマカルチャーデザイナー
四井真治
「ビールを造れば作るほど、楽しい仕組みで土が肥え、人がつながり、人を含めた生態系が豊かになる。命の仕組みで駆動するうちゅうブルーイング。そんなブルワリーが自分の町にできたら社会が変わっていく気がしてワクワクませんか?」

Tree Heads & Co. ツリーハウス/タイニーハウスビルダー
竹内友一
「いやぁ、家の近くにクラフトビールのブルワリーができるなんて、幸せだなぁ。1日たっぷりと働いた後に「今日はこんな感じのIPAで締めますか」と南アルプスに沈んでいく夕日を見ながら、仕事を振り返りながら、仲間とお疲れさんの1杯。きっと季節ごとに八ヶ岳にあったビールが生まれるのでしょう。もう、その夕方の幸せな時間のためだけに頑張れる気がします。素敵なIPAたっぷりつくってください。たっぷり飲める人材はバッチリ確保できています!」

 

terroir愛と胃袋 chef
鈴木信作
「terroir(テロワール)を感じさせる宇宙ビール!頑張ってください!料理とのマリアージュも楽しみです。」




株式会社ファーマン 代表取締役
井上能孝
原料からブルワリー、宣伝に販売まで全てを自分たちの手で作り上げる宇宙農民さんの姿勢に脱帽です。
これこそ、「百姓」を実践する古くも新しい形だと思っています。宇宙農民さんからは「宇宙IPA」の飲み心地のような、良い刺激をもらっています!北杜市にうちゅうブルーイングができる事にワクワクしていますし、今から楽しみです。

 

フェリチタ研究所 フェリチタドレッシング
松本千佳
八ヶ岳にブルワリーができる!宇宙農民さんは、どんな景色を見ようとしているのか?そのビジョンを想像し、わたしも見たいと思いました!!!
パンクな農家さんを応援します!

 

山梨県地域密着型プロアスリート
エース栗原
「山梨から世界へ!!スイム-バイク-ランの3種目で構成されるトライアスロン競技で山梨を拠点にしながら、世界を舞台に活動しているエース栗原です!競技を終えた後の4種目目となる"乾杯"は世界へ名を轟かせるであろう宇宙ビールで!全力で応援しているので、全力で乾杯します!!」

クレイジーファーム 農家
石毛康高
「北杜初?宇宙初?の素敵なブルワリーが出来ることを、ビールラバーとして応援しています。豊かなライフスタイルには、美味しい食事と美味しいお酒は必要不可欠です。みんなを笑顔にする、そんなビール作りを期待しております。最後にウォルトデズニーの言葉を贈って応援メッセージとさせていただきます。
When we go into that new project, we believe in it all the way. We have confidence in our ability to do it right. And we work hard to do the best possible job. - Walt Disney」

 

ラ・コシナ・デ・ミナカ マクロビオティック講師
永井邑なか
「宇宙ビールの発売を楽しみにしている人達が沢山います。応援しています!!」

萌木の村 レストランROCK マネージャー
三上浩太
「うちゅうブルーイングのエールビールとタッチダウン八ヶ岳ブルワリーのラガービールがあれば北杜市は世界に誇れるビール王国になれます。正統派で歴史のある僕たちタッチダウンビールがダイナミックな発想で先鋭的なうちゅうブルーイングと協力して北杜の酒文化を引っ張っていけば必ずこの地域は盛り上がり宇宙人が押し寄せることになるでしょう!!うちゅうブルーイングのサステナブルな姿勢から僕たちも学ばせていただき高め合っていきたいです。」

一般社団法人 里くら 理事
浅川 裕介
「ホップ栽培発祥の地として、そして「水」がキーワードの北杜市として、この素晴らしい大地で育ったホップたちが、ビールになるのが楽しみです。この素晴らしい環境を残すためには、1次産業がもっと強くなってほしいと僕は考えています。うちゅうブルーイングのこれからの挑戦全力で応援していきますよ~!
これからも、一緒に「農」あるまちづくり盛り上げていきましょう。」



●ステッカーセット



うちゅうブルーイングのステッカーを4枚セットでお送りします!


●ビールチケット



2018年にオープン予定のバー(山梨県北杜市)や出店するビールイベントなどでお使いいただけます。
(一回の来店につき1枚使用可能)
使用期限は発行(バーのオープン日に合わせます)から1年間です。


●Tシャツ


オーガニックコットンTシャツ 薄手
2デザイン2色
サイズ:男女兼用M・L・XL
備考欄に必ずサイズのご記入をお願いいたします。


●ボトルビール


画像はイメージです。実際にお送りする商品は醸造をスタートした際に仕込んだものを数種類セットでお送りする予定です。

●クラフトビール用グラス




ドイツ シュピゲラウ社製のビールクラシックスグラス
耐久性、透明度が素晴らしく、設計もビールの香りを最大限楽しめる形状になっています。また薄く作られているため口当たりの良さを追求していながらプラチナ製法で作られており耐衝撃性にも優れています。




(クリックで拡大)



うちゅうブルーイングで製造するクラフトビール製品の発送時期、またはイベントの日程は醸造免許取得後に発表させていただきます。醸造免許の取得は2017年内を目標にしていますが、遅れることも考えられます。随時ホームページやfacebookページで状況をアップします。
お礼状・グッズのみのリターンはクラウドファンディング終了後2018年1月から発送致します。
Tシャツはカラー・デザイン・サイズの聞き取りをしてから発注をかけるので発送まで少しお時間をいただきます2018年2月〜。


クラフトビールとホップには人と人を繋げ、笑顔にする不思議な力があると信じています。

大地から採れた材料を大切に使って、そんな素晴らしい飲み物を作れるなんて最高に楽しい平和活動だと思います。

これから色々なハードルが現れると思いますが、知恵を振り絞り、皆さんや多くの方々のお力を借りながら、楽しくワクワクしながら最高の時間を過ごすためのビールづくりに邁進したいと思っています。

ぜひ私たちに「地球がハッピーになるビール」を作らせてください!

畑で一緒にホップを嗅いで乾杯できる日を楽しみにしています。



(敬称略)
NON-GRID INC. (デザイン)

POSTHYPHEN 軍司 匡寛(デザイン)

Shu Kojima(映像・写真)

土屋恭子(イラスト)

 

農業・醸造 楠瀬 正紘

企画・広報 鈴木ルミコ

宇宙カンパニー合同会社

会社概要

●代表者 楠瀬 正紘
●住所  408-0013 山梨県北杜市高根町蔵原937-1
●TEL       0551-45-7170
●設立  平成29年2月
●資本金 1,000,000円

  • 活動報告

    外装が出来上がりました!

    2017/11/14

    うちゅうブルーイングの楠瀬です。 たくさんの応援どうもありがとうございます! おかげさまで現在80%の達成となっております。 できるだけDIYで進めている…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください