\\ネクストゴール 100万円 挑戦中!//

公開初日に目標金額を達成したため、ネクストゴールに挑戦します!


初めまして。一般社団法人Foraの藤村琢己です。
わたしたちForaは、2016年4月に設立した新しい組織です。

「学校教育をより良くしたい」という思いのもと、約70校、30,000人の高校生を対象に、
学校教育の現場で正規の授業枠を頂きながら、進路を考える授業を重ねてきました。

今回は、クラウドファンディングを行うことになった経緯、
そして皆様にお力をお借りしたいと思っている教材開発、私たちの想いをお伝えします。

長くなりますが、ぜひ、ご一読いただけると嬉しいです。

「本当は、生徒は何を得たのか、
どうやったらもっと学びを深められるのかを議論したい。」

あるこの教員の発言には、学校教員の「多忙化」が叫ばれるなかで、
むしろ学校教員に求められる教育活動が「高度化」している背景があります。

まず多忙化です。

学校教員は日頃から、各教科の授業を実施し、事務書類の作成を行い、
学校の委員会、部活動を指導し、担任業務を行い、進路指導に向けた面談を実施するなど、
数多くの業務を行います。連合総研の調査報告書によれば、
教員の46.4%が月100時間以上の時間外勤務を行っていると言われています。

次に高度化です。

2020年は新型コロナへの対応、2021年1月には「センター試験」が廃止され、
新時代を見据えた「共通テスト」の導入
2022年からは「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変わり
社会の変化に合わせ、教育がまさに大きな変化を迎えようとしています。

これらの多忙化と高度化が同時進行した結果、
現場にどんな影響が引き起こされているのでしょうか。

そもそも教育活動は「授業を行うこと」だけではありません。

「教師が一方的」に話し「テストのため」に勉強し「偏差値主義」にならないように、
「どんな生徒にどうなってほしいのか」を考える教育目標の策定や、
「双方向的な学び」を実現するカリキュラム作りや授業づくり、
教育目標に合わせた「学校独自の教育評価」を行うことが本来の目指すべき姿です。

ですが、これらの取り組みは十分に行われていません。

さらに深刻なのは、「授業を準備する時間」でさえ足りていないことです。
HATOプロジェクト(2015)「教員の仕事と意識に関する調査」によると、
77.8%の教員が「授業準備の時間が足りない」と回答しています。

ここからもわかるように、通常の授業準備でも手一杯、むしろ足りないくらいで、
「新しい教育活動」には力を割き切れていない現状があります。

その結果、とりあえず「偏差値の高い大学に入れる」進路指導や、
生徒が将来のことを分からないまま卒業して
ミスマッチを引き起こすような進路指導が行われ、
生徒の目的意識や問題意識を育まずに、高校を卒業させているのです。

本来は学校の中でやりたくても、諦めざるを得ない教育活動は少なくありません。

学校内で”新しい教育活動”を行おうとしても、学校内に相談できる相手もいなければ、
むしろ浮いてしまったり、孤立してしまったりするような風潮もあり得ます。

「だからこそ、”新しい教育活動”を作成し、学校教育に提供することが、
学校教育をより良くすることに繋がるはず。」

そのような仮説を持ち、私たちは5年前に活動を開始しました。
そして、この5年間の活動を通して、
そのニーズがむしろ当初の想定以上なのだと気付きました。

最初は、大学生が想いを伝える授業を行う活動からスタートでしたが、
次第に広がり、関東圏と東海圏を中心に対面で高校生3万人に授業を届けることができ、
東北地方への出張授業も実施しました。

また、教員向けのワークショップや研修を行ったり、
学校全体のカリキュラムのアドバイザーとしてビジョンを描いたり、
さらには、一緒に学校全体を変えていこうという動きをしてくれる学校との出会いも含め、
活動の意義と重要性を感じる5年間でもありました。

東京と地方の教育格差については、
新型コロナウィルスは格差是正に向けた大きな可能性の一つとなり得ることが分かりました。
新型コロナウィルスの影響で学校自体のICT環境が整備され、オンライン化は一気に進み、
地理的な距離や自治体の規模に関わらず、
どの学校でも良質な教育コンテンツが届く環境
ができたのです。

この機を活かして、地方の高校教員も積極的に良いものを取り入れようとしています。
実際、私たちの団体にも全国各地から問い合わせを頂くようになり、
各地で高い水準の教育活動を実現しようと取り組みをスタートしました。
その期待に応え、地方での推進をすることが取り組むべき課題の1つです。

もう一つの課題は、教員研修の重要性です。

そもそも、生徒との双方向的で主体的な学びを実現するには、
生徒の興味関心を引き出し、
生徒同士が対話を行えるような場づくりを行うことが重要です。
これまで5年間は、私たちが直接行うことができましたが、
地理的な制約もあり、教員の方々の理解や協力が不可欠になりました。

もちろん、忙しい教員がほとんどの中、
少しでも力になりたいという思いから私達がサポートを行ってきましたが、
その忙しさを理由に、
新しい教育活動に必要なスキルを身につけられていない教員がいることが分かりました。
そのため同じ学校でも担当教員によって生徒の学びに大きな差が生まれ得る
そのような現状が重要な課題として現れました。

この現状を変えていくためには、教員自ら学ぶことが難しい環境だからこそ、
教員向けにも教材や研修が取り組む必要があると感じています。

教員と話をしていて、

「どんな生徒とも関係性を築き、多くの生徒からの信頼を集め、
生徒を預かる責任感を強く持ち、生徒に良い学びを届けよう」とする
誇りを持つ教員の熱い思いを感じています。

私たちは、このような学校の教員こそ、生徒と関わり、生徒の人生の師となること、
そして、もっと多くの人が教員を目指したいと思える、そんな理想を持っています。

教員が社会のことを知り、社会の変化を理解し、
様々な生徒の相談に乗るべきだとの議論がありますが、それは過剰な要求に思えます。

むしろ、私たちが、
社会や学問の情報を集めて編集し、
生徒に寄り添った信頼できる教材を作ることができれば、
学校と二人三脚でより良い教育を届けていくことに繋げていけると思っています。

これからの社会を迎える高校生に「学び続ける意欲と能力」を持ってほしい、
そのための提携校を全国に増やしていきたいと思っています。

皆様にいただいたご支援を元に、実際に作る教材についてご紹介します。

①キャリア教育教材

高校生の進路選択は、初めて大きな意思決定をする場合がほとんどです。
一方、高校時代に「将来の考え方」や、大学での学問のこと、
社会の仕組みなどを教えることは十分とは言えません。
進路決定のための情報を補完し、生徒が真剣に考える期待に応える教材を作ります。

②探究学習教材

自分自身の関心を捉え、自分で課題を理解し、それを解決することは、
大学生活や就職活動、社会に出てから必要とされる力です。
その力を2022年からすべての学校で育むべく総合的な探究の時間がスタートします。
生徒の探究を促し、学校から信頼される探究教材を作ります。

③ファシリテーション教材

教師側に正解がありそれを生徒に教え、生徒が習得するティーチングだけでなく、
これからの学びでは、生徒の学びに焦点を当て、
その学びを促すために教員が働きかけるファシリテーションが学びでは重要です。
5年間の活動で培ってきた、教育現場に特化したファシリテーション教材を作成します。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
今回ご支援いただける方へ、私たちからの感謝を届けさせていただければ幸いです。

<スケジュールについて>
2021年3月 クラウドファンディング開始
2021年4月中旬 全教材作成スタート
2021年4月下旬 クラウドファンディング終了
2022年3月 全教材完成
2022年4月 リターン発送
2022月5月 教材勉強会・交流会開催

<リターン一覧>
【教材1冊セット:2,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎お好きな教材1冊
※教材の受け取り有無はご選択いただけます。

【教材作成応援コース(教材なし):2,000円】
♦︎サンクスメール

【教材2冊セット:4,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎お好きな教材2冊
※教材の受け取り有無はご選択いただけます。

【教材作成応援コース(教材なし):4,000円】
♦︎サンクスメール(教材作成者からのメッセージ付き)

【教材3冊セット:5,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎教材3冊
※教材の受け取り有無はご選択いただけます。

【◎おすすめ◎ 教材作成応援コース(教材なし):5,000円】
♦︎サンクスメール(教材作成者からの動画でのお礼)

【教材1冊+勉強会セット:5,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎お好きな教材1冊
♦︎購入いただいた教材を用いた勉強会へのご招待
※勉強会はオンライン開催の予定です。詳細はご支援いただいた方に後日メールでお送りします。

【教材2冊+勉強会セット:10,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎お好きな教材2冊
♦︎購入いただいた教材を用いた勉強会へのご招待
※勉強会はオンライン開催の予定です。詳細はご支援いただいた方に後日メールでお送りします。

【教材3冊+勉強会セット:15,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎教材3冊
♦︎購入いただいた教材を用いた勉強会へのご招待
※勉強会はオンライン開催の予定です。詳細はご支援いただいた方に後日メールでお送りします。

【シルバースポンサー:30,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎教材3冊
♦︎教材へお名前を掲載
♦︎支援いただいた方、Fora関係者を交えた交流会(年1回)

【ゴールドスポンサー:50,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎教材3冊
♦︎教材にお名前を掲載
♦教材に高校生への一言コメントを掲載
♦︎支援いただいた方、Fora関係者を交えた交流会(年1回)

【代表藤村が1日お手伝いします!:100,000円】
♦︎サンクスメール
♦︎本企画に限らず、代表がお力になれることをお手伝いします!
 例|教育現場でのコンサルティング、講演など

※ご協力内容は後日相談の上、決定します。
基本的には意向に沿う形でご協力できればと思いますが、
法律に反するものや私たちが不利益を被ること、また肉体労働等スキル的に困難なこと等
ご期待に添えない事もありますことご了承ください。
※時間は【5時間まで】を想定しています。
※日程等はメールにて後日個別にご相談をさせていただきます。
※現地までの移動交通費、宿泊費は別途支援者様負担でお願いいたします。
※有効期限:2021年5月〜2021年12月(土日祝も可)

教育業界はここ数年が大きな正念場です。
2019年の教員の働き方改革、2020年の記述式等の議論、2021年の共通テスト導入、2022年の新学習指導要領と、大きな変化を遂げてきました。

それに加えて、新型コロナウィルスの影響により、さらに大きな負荷が掛かっているのが、今の学校現場です。

しかし、生徒も教員も不安な中で、いち早くタブレットを導入した学校、オンライン授業の実施に切り替えた学校、また分散登校を行った学校など、教員の創意工夫や尽力により、生徒の学びを止めないために一丸となる教育現場を見てきました。

確かに、一部教員の問題事件等の報道はされますが、
それ以上に、様々な課題や問題がありながらも、
日本の教育を支えてきた先生方、
これからを支えていくであろう情熱や熱意、知識、経験豊富な先生方
との出会いを感じる
この5年間の真骨頂を見たのが今回の新型コロナの対応だったと思います。

誰しもが安価に受けることができる学校教育の持つ、
そのポテンシャルや価値をもっと高められると信じて、
これからも学校支援に取り組みたいと思います。

みなさまのご協力、どうぞよろしくお願いいたします。


  • 2021/05/07 14:00

    こんにちは!ファシリテーション事業部の工藤です。一般社団法人Foraをご支援いただいている方からの応援メッセージ、第2弾です。今日は、Foraの理事をしてくださっている、太田さんからのメッセージをご紹介します。----------------------------【自己紹介】株式会社ギア(編...

  • 2021/05/04 17:52

    こんにちは!ファシリテーション事業部の工藤です。今日は、一般社団法人Foraをご支援いただいている方からの応援メッセージをご紹介します。たくさんの方に支えられ、今のForaがあります。みなさま、いつもありがとうございます。初回は、Foraの監事をしてくださっている朝倉さんからのメッセージです。...

  • 2021/05/01 20:19

    こんにちは。一般社団法人Fora ファシリテーション事業部の工藤です。教材を実際に作成しているメンバーにインタビュー、今日は第3弾!最終回です。「ファシリテーション教材」についてを浦田さんに聞きました。ぜひご覧ください!■自己紹介をお願いします。浦田雅也です。主にワークショップ開発を担当してい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください