ご挨拶

はじめまして。グラフィックデザイナーのキムラナオミと申します。オンラインブックショップ Reading Mug(リーディングマグ)も運営しています。

子どものころ読んだ洋書絵本の美しさに心惹かれ、イラストやデザイン、雑貨を学びグラフィックデザイナーになりました。もともと大の本好きでしたが、書籍デザインの仕事をしたり、古本市に参加したり、イギリスで書店巡りをしたことで、地域のコミュニティとしての本屋に魅力を感じるようになりました。


そして、2020年10月に遊びに行った名古屋市名東区西山商店街、その場所で名古屋市主催の「ナゴヤ商店街オープン」という地域活性ワークショップが開催されることを知り、対象物件の事業者候補としてエントリーしました。

「ナゴヤ商店街オープン」ではみんなと街づくりについて、たくさん考えました。

「ナゴヤ商店街オープン」では地域の人、商店街の人、近隣大学の学生さんたち、建築や街づくりに携わる専門家のみなさん、開業を考える私、様々な立場の人が意見を出し合いました。
事業者候補が私一人だったため、本屋を中心にみんながプランを検討。地域に必要とされる面白い本屋のスタイルを提案していただきました。

本屋Reading Mugとして試行錯誤しながら活動をしてきたのですが、多くの人と意見交換するにつれ、作りたい本屋のアウトラインがはっきりしてきました。

西山商店街は全国でも有数の児童数を誇る西山学区にあります。中学、高校や大学も多い文教地区です。

そんな西山の子どもたち、学生たちに
多様性を伝えられる場としての本屋を作りたい! 

世界を見渡してみると、今ほど「多様性」の知識が求められていることはありません。国籍、人種、性別、文化、歴史、宗教など、自分と異なる意見・考え方・境遇にある人々へのちょっとした気づきや思いやり。そんな気持ちを育むのは、確かな本との出会いではないでしょうか。

私自身子ども二人の子育て経験から、多様性や他者への共感を伝えることの難しさを感じながら、本や音楽・映画などのカルチャーを通じて子どもたちと分かち合ってきました。ネットなどには膨大な情報があふれていますが、多様性を知るという思いから選んだ本や情報を発信していける場を作りたい。

そんな想いでこの場所での開業を決めました。


自己紹介

これまでの活動
【グラフィックデザイナーとして】ライター・フォトグラファーのパートナーと様々な広告制作を手掛けています。2005年から子どもとの暮らしを楽しむためのフリーペーパーやリトルプレスを制作。これをきっかけに書籍デザインのお仕事もいただくようになりました。

【本屋として】名古屋の人気ブックイベント・ブックマークナゴヤの一箱古本市に出店。運営ボランティアも経験し、後継イベント「円頓寺 本のさんぽみち」では実行委員として活動しています。

3年前に始めたオンラインショップでは、装丁や挿絵が美しい海外の絵本を中心に、英語や海外の暮らしに興味を持てるような本を紹介しています。名古屋市、豊田市、尾張旭市などのお店でポップアップショップも開催。洋書買付のために訪れるイギリスでの体験、英語学習やホームステイについてのお話会も開催。たくさんの人に足を運んでいただきました。

ショップのラインナップやお知らせはインスタグラムにて更新しています。

店主 Instagram
https://www.instagram.com/naomico/

本屋Reading Mug Instagram
https://www.instagram.com/reading_mug/


実店舗のプラン

西山商店街の物件に出会ったとき、イメージするお店のロケーションにぴったりだと感じました。

・小学校が近く、子育て世代のみなさんに利用してもらえる

・すぐ横に大きな公園があり、子どもたちの笑顔と緑があふれている

・小規模ながらアーケードもありレトロな雰囲気で本屋に似合う

・商店街専用の駐車場があり、遠方からのお客様もアクセスしやすい

西山商店街の中にはお洒落なお店もあり、マルシェイベントなどを行っているのも魅力です。

ワークショップで考えた本屋

◎扱う本:洋書・和書(翻訳絵本・翻訳小説・海外ガイド・多様性をテーマにした本)など。ちなみにオンラインショップでは洋書のみを扱っていますが、店舗では日本語の本、絵本、翻訳本をバランス良くラインナップしていく予定です。

◎クラウド本ディング:様々な人からレビュー付きで本を募ります。寄付して頂いた本はSNSやミニ新聞「ニシヤマトリビューン」で紹介します。

◎ミニ新聞「ニシヤマトリビューン」を発行します。本にまつわる話、寄付本のレビュー、商店街の話、イベントのお知らせ、地元で活躍する人などにインタビューを予定しています。

◎様々なイベントを企画しています。
洋書読書会/ブックトーク/持ち寄り絵本会/古本市/蔵書票を作ろう/製本ワークショップ/英語落語/ダーニング体験/ミンスパイ体験/コーヒー教室など

◎チャリティを行います。寄付された書籍を販売して得た利益の一部を、地域や世界の子どもたちのために活用します。

ワークショップの最終報告会では参加メンバーのみなさんと「一日チャリティブックショップ」を開催し、売上は西山商店街を通じ名古屋市の子ども読書推進事業に寄付しました。

オープン後も上記の内容を推進していきたいと思っています。

開業するかどうか、最後まで迷い悩んだ理由は物件の広さ

ロケーションは大変良かったのですが、開業を決めるまで家族と話し合いながら3ヶ月ほど迷い、悩みました。その理由は築60年の古さに加え、間口の大きい77平米(約23坪)の広さです。私一人で改築・運営するのは予算的にも手に余ると感じていました。そこで、場所をシェアして開業するテナントを募集した所、グルテンフリーのお菓子屋「粉粉」さんが入居してくださることになりました。

粉粉さんInstagram
https://www.instagram.com/kaorisbake.konakona/

粉粉さんは米粉で作ったお菓子をイベントなどで販売している人気のお菓子屋さん。オープン後は店舗スペースをシェアしながら、本とお菓子のコラボレーションなど、一緒にお店づくりを楽しんでいけたらと考えています。

粉粉さんの入居は決まったものの、お店全体としてはまだまだ余白があります。そこでフリースペースを設け、ギャラリー(展示販売)やワークショップなどの開催希望者を積極的に募集していくことにします。短期・長期の出店希望者も募り協働できたらと考えています。

店舗の設計は「ナゴヤ商店街オープン」でアドバイザーを務められた植村康平建築設計事務所にお願いしました。植村さんは同じ西山商店街のニシヤマナガヤという複合施設の設計者・オーナーでもあり、その改装経験から様々なアドバイスを頂いています。

資金の使いみち

本の仕入れ、内装工事、店舗設備等の費用にあてさせていただきます。

1.本の仕入れ 約40万
2.内装設計費・工事費 約30万
3.什器・備品などの購入費 約25万
4.クラウドファンディング・リターン費用 約20万
5.クラウドファンディング手数料 約15万

本の仕入れに関して、新刊本は買取が多いのでどうしても資金が必要になります。また、改装に関しては自主施工なども積極的に行うつもりですが、それでも予算超過となるため、新規に資金を借り入れます。どうか、ご支援よろしくお願いいたします。

リターンについて

・お薦めの本をお送りする選書プラン/装丁の美しい洋書絵本や人気の和書などをお届けします。

・リーディングマグオリジナルグッズプラン/オリジナルマグカップやコースターなど、使って楽しいグッズをご用意。

・ミニ新聞「ニシヤマトリビューン」サポートプラン/西山の本屋から世界を見る新聞。Vol.1号にお名前を掲載いたします。新聞のロゴマークはイラストレーターのhiromiさんにお願いしました。
hiromiさんInstagram
https://www.instagram.com/mart_romi/

・粉粉コラボプラン/粉粉さんのグルテンフリーのお菓子と本のセット。

お店でも、ご自宅でも楽しめるリターンを考えました。
気になるものがあれば嬉しいです。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

店舗概要

Reading Mug(リーディングマグ)
〒465-0085 愛知県名古屋市名東区西山本通2-31
GoogleMap

【公共交通機関でお越しの場合】
地下鉄でお越しの場合、東山線「星ヶ丘駅」5番出口 徒歩15分
バスでお越しの場合、乗車停「星ヶ丘」→ 下車停「西山本通二丁目」
【お車でお越しの場合】
西山商店街駐車場(6台)をご利用ください。周辺には時間貸し駐車場も多くあります。

ウェブサイト https://readingmug.stores.jp/

最後に…


8月23日より工事が始まりました。

解体のため、天井を外したら不思議な虹の絵が隠されていました。こんなことってあるのかな?
虹のモチーフは「多様性」にとって象徴でもあります。
やっぱりここで開業することは間違ってないよ!そう背中を押された気がしました。

子どもたちが学校帰りにちょっとのぞいたり、
親子で遊びに来たり、塾の送り迎えの際の憩いの場になったり、
名古屋市名東区西山というのびのびとした場所で
子どもにも大人にもやさしい本屋になれたらと思っています。

どうぞご支援の程、宜しくお願い致します。

この本屋から世界につながるきっかけがみつかりますように。

Reading Mug店主
キムラナオミ

=======================================================================

◎特定商取引法に関する記載
販売事業者名: リーディングマグ
所在地:〒465-0085 愛知県名古屋市名東区西山本通2-31
事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
送料:送料込み
対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

=======================================================================

  • 2021/10/19 11:12

    Reading Mug無事に10月13日(水)グランドオープンできました。ご報告が遅くなり大変申し訳ありません。プレオープンの際には支援者の方、友人知人、ナゴヤ商店街オープン参加者の方、みなさんに足を運んでいただき感謝です。お花もたくさんありがとうございました。一人でぼんやり「イギリスで見た地...

  • 2021/10/09 22:53

    皆様のおかげでプレオープンにこぎつけました!プレオープン初日は仮設テーブルが、ペンダントライトが、間に合わないなどのもろもろはありましたが、なんとかカタチになりました。そして初日に取材撮影していただいた内容が今朝(2021年10月9日)の中日新聞朝刊に掲載されました!(すごく恥ずかしいですが)...

  • 2021/10/05 09:15

    【クラウドファンディング挑戦中!】クラウドファンディングも今日が最終日!おかげさまで82%達成しました!これも皆様のおかげと感謝しています。ありがとうございます。残り15時間がんばります!引き続きシェアや拡散にご協力いただけたら幸いです。クラウドファンディングの仕組みは、実践しながら理解してい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください