はじめに・ご挨拶

こんにちは!小瀬古文庫と申します。

私は湘南を拠点にアートブックの出版や、擬態デザイン家としてデジタルアート制作を行なっています。

擬態は自然界のデザインの驚異ですが、生き物ではなく『もの』が擬態したらどうなるだろう?をテーマにデザインの視点から作品を制作しています。身近なデザインの中に、私たちの眼を驚かせるような擬態のユーモアを仕掛ける活動をしています。

経歴

1985 埼玉県に生まれる
1990 架空の地図を書いたり地図を読みまくる
2000 旅にのめり込む
2010 武蔵野美術大学・大学院デザイン専攻でデザイン研究を行う
2012 有限会社エクサピーコにデザイナーとして勤務。書籍などのデザインに携わる。
2016 小瀬古文庫としてアートブック制作・アートブックフェア出展を始める
2018 蘇州・forest books galleryにて個展「物的擬態」を開催
2019 台北・田園城市生活風格書店にて台湾の建築家、建築大叔氏と二人展「fictional landscape」を開催
2020 gitai出版のクラウドファンディングを行い、出版。その後ハムの天文学展を経て、UNKNOWN ASIA2020で審査員賞EricZhu賞を受賞
2021 小瀬古文庫・独立

2016年に制作した「肉する擬態地図」。このお肉の形は実はフィンランド(左側が北)。実在する湖が霜降りとなって現れています。

学生の頃からヒトの視覚に関心を寄せてきました。よく情報の80%は視覚から生じるといいますが、眼に映ったものは正しいようで、実は錯視のようなバグのような部分がある。そんな視知覚システムの面白い部分とデザインというスキルを組み合わせて、ハッとするようなものを作るようになりました。それを人に見せることで、その発見を共有することが面白くなり、今に至るまで活動を続けています。

website(作品や活動詳細): https://gitaipress.com
Instagram(アートワーク) @kosekolabo
Twitter(イベント情報) @kosekobooks


──────────────────────────────────
このプロジェクトで実現したいこと

1)Gitai #02 おいしい惑星 Delicious Planets

アートブックのサンプル

「デザインの擬態によって、読む人の想像力を掻き立てる」アートブックマガジン、gitaiの新刊「おいしい惑星」を自費出版し、出版記念展の開催をしたいと考えています。

今号は「カフェで朝食を選ぶような感覚で、惑星を眺める」がコンセプト。一見すると卵が描かれていますが、それぞれのビジュアルの細部を眺めると惑星のゴツゴツとした表情が表れます。そう、これは卵のマガジンではなく「卵に擬態する惑星」のマガジンなのです。

ーーー
扉ページ

表紙を開くと、月ごしに眺めるアングルの地球が現れます。表紙の目玉焼の世界から、宇宙空間へと読者を誘います。

細部にATLANTIC OCEAN(大西洋)やRIO DE JANEIRO(リオデジャネイロ)の地名が記されています

ーーー
パート1:月見の起源

本作のメインアートワーク。目玉焼を調理するストーリーに、実際の月の写真を重ね、「月見」のイメージの起源を視覚化しました。「地球が明るくなる」と「卵に火が通る」の二つの現象を重ねました。月そのものは手に届かないけれど、身近な冷蔵庫の中にこそ、私たちの月のイメージはあるのかもしれません。

近づいて眺めると、光沢の細部に白文字が浮かび上がります


金星でできたハムと組み合わせた、惑星ハムエッグ

ーーー
パート2:惑星の卵料理専門店

パート2では、様々な卵料理に見立てられた惑星が数々登場します。茹で卵や、エッグタルト、寿司、プリン、、、これらもすべて惑星です。卵料理専門店でメニューを選ぶような視点で眺めてみてください。

黄身はもちろん、白身にもうっすらと惑星の模様が浮かびます

玉子寿司のシャリにも注目

焦げ目が月のクレーターになっているエッグタルト

火星のプリン・月のカラメルソースがけ

ーーー
パート3:惑星の卵図鑑

太陽系の各惑星から様々なデザインの卵が生まれました。卵の図鑑なのか、惑星の図鑑なのか?それぞれの卵を見比べながら、お楽しみください。


────────
2)gitai#02 おいしい惑星 出版記念展

下北沢にあるBOOKSHOP TRAVELLERで7/5(月)〜11(日)の期間で出版記念展を行います。アートブックやそこに収録したアートワークを展示する予定です。もしよろしければお越しください。

展示会場となるBOOKSHOP TRAVELLERは様々なバックグラウンドをもつ個性的なひと箱本屋が集まるお店・ギャラリーであり、小瀬古文庫もひと箱店主の一人でこの場所を拠点にしています。1ヶ月に一回、小瀬古文庫が店番する日にミニポップアップを開催しています。(月刊小瀬古文庫)(新型コロナ感染拡大の影響により、スケジュールなどが変動する場合はホームページでお知らせします)



──────────────────────────────────
プロジェクトをやろうと思った理由

インディペンデントクリエイターとしての在り方を日々模索しています。生活拠点の変化や独立前後で経済的基盤が未熟な部分もあり、展示の開催やアートフェアへの出展といった小瀬古文庫の活動を続けていくために、クラウドファンディングで応援いただきたいと考えました。

展示の開催、アートフェア・アートブックフェアへの参加、イベントの開催などを組み合わせることで、自身のクリエイションに幅を持たせ、より楽しんでもらえるような体験を持続的に作りたいと思っています。そして、そのトライ&エラーを他の作り手同士でも還元できればと思っています。

自宅前の田園風景

──────────────────────────────────
これまでの活動

「デザインの擬態」をテーマに様々なアートブックを作ってきました(バックナンバー一覧)。マガジンを発行することは僕の中では重要な位置を持っています。マガジンは空間を使ったダイナミックな表現はできませんが、収納・流通に優れた良さがあります。全ての作品をリュックで背負って持ち運び、相手に見せたりすることもできます。

昨年はgitai創刊号で惑星とハムをテーマにアートブックを制作しました。図録から作品を作るようなアプローチをテーマに、アートブックからアート作品を制作し、個展「ハムの天文学」を開催しました。

前作・ハムの惑星。惑星がハムに擬態するアートブックです。詳しくはこちら

──────────────────────────────────
資金の使い道

皆さまに応援いただいた分は、今回のアートブック印刷費用や展示作品の制作費用に、使用させていただきます。

・アートブックの印刷製本代
・展示作品の制作費用
・展示用フレームの購入費用


──────────────────────────────────
リターンについて

① アートブックマガジン「gitai #02 おいしい惑星」(クラウドファンディング限定カバー付)

今回製作するマガジンに、限定カバー「惑星たまごの朝食フルコース」を付けてお届けします。惑星の卵料理を隅々まで味わえるデザインです。トレーや食器と組み合わせると、臨場感が増します(写真のトレー・ナイフ・フォークは付属しません)。

印刷は京都の印刷会社グラフィックさんによる印刷で、少部数ながら印刷が細部まできれいに鮮やかなのが特徴。本の紙にはヴァンヌーボという紙を使用します。普通は風合いの良い紙ほど、印刷は鮮やかではなくなってしまうのですが、それを両立するべく、建築家によって作られた紙です。

予定仕様
サイズ A4(W210xH297mm)/ページ数:32ページ/製本:中綴じ製本/定価:2,000円

限定アートブックカバー「惑星たまごの朝食フルコース」

────────────

② 惑星トートバッグ(クラウドファンディング限定)

クラウドファンディング限定のトートバッグをデザインしました。キャンバス地風の厚手の布に、色あせにくい印刷、全面カラーの印刷が特徴です。ポリプロピレンの布地は丈夫で軽量なのが特徴です。また、洗濯機で洗うことも可能です。

サイズ:およそ36cm四方
材質:ポリプロピレン

Society6(米国)のサービスを使用してトートバッグの製作を行うため、到着までお時間がかかります。また、国際輸送の状況により、遅れる可能性があります。

全体的に印刷はしっかりしていますが、布への印刷のため、細部の白文字が少し潰れます。


制作イメージ

Plan A「火星プリン 月のカラメルソースがけ」Plan B「惑星ハムエッグ」

Plan C「惑星の卵殻・月」



トートバッグは下の写真のような仕上がりの予定です。ポリプロピレン製で、しっかりとした作り。洗濯にも耐えます。(写真は過去のアートワークをトートバッグにデザインしたものです)。


A4のマガジンもすっぽり入るサイズ

────────────

③ 高精細アートプリント(各3部限定)

惑星の卵のジークレー高精細プリント。ILFORDのプロ光沢写真紙への高精細ジークレープリントにより、細部の白抜きのタイポグラフィも鮮やかに再現します。黒の写真額装が惑星の鮮度を艶やかに引き立て、お部屋のインテリアに小さな発見をインストールします。

エディション: 各3部限定
印刷:グラフィック社・ジークレー高精細プリント
紙:ILFORD Professional Photo Paper - gloss

プリントはA4サイズ、額装するとA3よりひと周り大きいサイズになります。

アルミフレーム額装済
外寸:Size: H369mm x W 456mm
材質:アルミ(枠)/アクリル(表面)
(壁掛け用の紐が付属します)

展示終了後、発送いたします。


制作イメージ

Plan A「月見の起源・生卵」

Plan B「惑星ハムエッグ」

Plan C「惑星の卵殻」


参考:動画では Plan B「惑星ハムエッグ」の細部をご覧いただけます。
(撮影のため、アクリルカバーを外しています)

────────────

④ミニアートプリント(各3部限定)

各3個限定で製作した限定版のミニアートです。裏にエディションと作家のサインが入ります。F0キャンバスにデジタル印刷を施し、表面をニス塗り加工しています。サイズが小さいため、小さい壁やスペースに向いています。

・サイズ:F0サイズ(140x180mm)
・材料:キャンバス布・木材
・サイズが小さいため、細部の再現性は高くありません。


制作イメージ

Plan A「月と地球の玉子寿司」

Plan B「お月見エッグタルト」

Plan C 「月見の起源:目玉焼」


参考:前作「ハムの惑星」のキャンバスミニアート。表面はキャンバスのザラザラ感の味が出ます。木枠にキャンバス布を貼り付けています。厚みがあるのが特徴。

────────────
⑤リソグラフポスター

リソグラフという手法で印刷されたポスターです。主に海外のアーティストに愛される印刷手法で、その鮮やかな発色と塗りムラといった独特の風合いが特徴です。今回のハムの惑星の製作にあたり、いくつかリソグラフのポスターを制作しました。壁にピンでとめたり、市販のフレームに入れたりと、インテリアとして活躍します。

サイズ:A3(420mmx297mm)ヨコ位置

サインとエディションが入ります

2019年に制作した「breakfast」惑星ハムエッグの原型となったアートワークでもあります。

────────────

 ZOOMでデザイン相談室

オンライン(zoomやgoogle meets)でデザイン相談を受け付けます。擬態デザイン、本、グラフィックデザインなどの相談をお聞かせください。

クラウドファンディング終了後、ご連絡いたします。スケジュール、相談内容を軽くヒアリングします。時間は1時間程度を想定しています。オンラインでの相談完了をもって、リターン完了となります。

・日程:2021年8月1日〜2022年6月30日の任意の日時
・場所:zoom もしくは google meetsにて
・チケット有効期限:2022年6月30日が相談室のラストチャンスとなります。その日を過ぎると無効となりますのでご了承ください。

レイアウト・書体の選び方、印刷の入稿についてなど、なんでもどうぞ


────────────

⑦ 小瀬古文庫出張プレゼンテーション

支援者様に場所をご用意いただき、そこに小瀬古が出張してプレゼンいたします。オフライン・オンライン(zoomやgoogle meets)どちらでも可能です。擬態デザインに関する講演のご依頼をお待ちしています。

クラウドファンディング終了後、ご連絡いたします。プレゼンテーションについて、場所・日時・ご依頼の内容をお聞きし、プレゼンの準備を進めていきます。実際のプレゼンテーションが完了した時点で、リターン完了となります。

・日程:2021年8月1日〜2022年1月30日の任意の日時
・場所:支援者様にご用意いただいた場所(国内のみ)
・チケット有効期限:2022年1月30日がプレゼンのラストチャンスとなります。その日を過ぎると無効となりますのでご了承ください。

注意:
プレゼンテーションにかかる諸経費(交通費・宿泊費・場所代)は別途請求となり支援者さま負担になります。(リターンの価格は、小瀬古の人件費+資料作成費となっています。)

リターンに含まれるもの

・小瀬古の人件費
・スライド資料作成費

支援者さまにご負担いただくもの

・場所代(オンラインの場合のzoom有料版費用。オフラインの場合講演するスペースの費用)
・オフラインの場合、出張にかかる交通費・宿泊費
・その他プレゼンに必要な設備(例:プロジェクター・スクリーンが必要な場合など)


プレゼンテーションのイメージです

────────────────────────────────── 

実施スケジュール

アートブックの制作はデータ上は完成しており、残すは印刷のみとなっています。出版記念展での展示作品をこれから制作予定です。

6月末 クラウドファンディング終了

7月5日「gitai#02 おいしい惑星」発行

7月5〜11日 「gitai#02 おいしい惑星」出版記念展

展示終了後、順次リターン発送開始いたします。

※コロナウィルスの感染状況により、遅れが生じる場合があります。

────────────────────────────────── 

最後に

偏愛と遊びと実験を謳歌できるのがインディペンデントの醍醐味だと捉えています。今回のプロジェクト皆様の力をお借りして、インディペンデントのムーブメントの一つとして盛り上げていきたいと考えています。応援どうぞよろしくお願いします!!


・リターンにおける著作物の使用権は小瀬古文庫が保持します。
・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/16 10:00

    Gitai の新刊「#02 おいしい惑星」の出版記念展、タイトルとヴィジュアルが決まりました!タイトルは「GOOD MORNING PLANETS」朝食を彩るたまごとハムから着想して、展示の名前を決めました。卵焼きを作るプロセスを漫画のコマ割りのようなヴィジュアルで、時間の流れを表現しています...

  • 2021/06/10 19:22

    今回の「おいしい惑星」の題材「玉子」は、私が子供の時からずっと好きなモチーフでもあります。幼少期の好きが、どのように小瀬古文庫「gitai」に至ったのか?自分でも俯瞰して見たいなと思い、ざっくりな経歴を作りました。現在の擬態と関係ありそうなところも書き加えたりしています。もしよかったらご覧くだ...

  • 2021/06/07 22:47

    こんにちは、小瀬古文庫です。小瀬古文庫の発表形態は出版ですが、出版社のように書籍販売で食べている訳ではありません。小瀬古文庫の出版物と、市場に流通している本の違いを比較してみると、ざっくりとd下のようになります。出版社・オフセット印刷(大量生産)・沢山印刷することで、原価が安くなる・取次、書店...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください