はじめに・ご挨拶
はじめまして、東京でネパール料理の普及を目指している「TST株式会社」の代表のケンT こと爲谷 謙治(タメタニ ケンジ)です。

5年前にネパール料理を日本で普及させようと始めたまだ間もない小さな会社をやっています。(個人会社ですね。。。) 


ちなみに、ネパール料理ってこんな感じで優しいスパイスと豆類も使ったヘルシーで食べ易いお料理です。



どうしてネパール料理を普及させようと思ったか?と思いますよね?

実は、この料理を普及させたいのには勝手な壮大な想いがあるからなんです!

あまりに勝手に壮大にしてるんですが、まずは単純にこのネパール餃子は本当に旨いです!」で、アレンジもめちゃくちゃ豊富にできて楽しいですよ!

で、その壮大な想いとは一概に伝えるのが難しいのですが、一言で伝えると「日本の少子化問題を少しでもどうにかしたい!」という事なんです。

後程説明しますが、それを実現するための第一歩目が「ネパール餃子」の普及なんですが、かなりつまずいています。

更に今回のコロナショックで、飲食店さんに卸していた「ネパール餃子」が在庫として大量に400kg以上も残っています!

皆さんにご支援頂きたいのは、この迷子になってしまった「ネパール餃子」を救って頂くと共に、なぜ「ネパール餃子」で日本の少子化を救う手伝いが出来るのか?という想いも伝えられると考え、この度参加させて頂きました。

クラウドファンディング初挑戦へのコメントです。

何故?ネパール餃子を支援して欲しいのか!
私が偶然触れたネパール料理が日本の未来への希望になる!

私には二人の子供がいて、彼等を育てる中で日本の将来にとても大きな不安をいつも感じていました。

そう、それが少子化問題です!

・日々将来が不安になるサラリーマン生活や子育てと、これからの人生

私は以前アパレルデザイナーから不動産営業やベンチャーを経た後に、一部上場のエンタメ企業で14年近くサラリーマンとして働いてきました。

業界としても様々な業界を渡り、エンタメ企業でもWEB宣伝を立上げたり、アーティストコラボブランドを作ったり、アニメ映像作品のライツやMD事業部立上げ等多岐に渡る仕事をしてきました。

しかし、5年ほど前にサラリーマンを辞めました。

「子供たちの将来に繋がる社会を作りたい!」との想いから、安定を捨て家族の考えも聞かず一念発起。

会社を立上げネパール料理屋を開業しました。

こんな感じの「ネパール餃子」をメインにしたネパール料理屋です。

何故ネパール料理屋なのかというと、そこには子供達が担う日本の未来への問題に繋がる深い考えがあったからです。

そう、少子化問題に繋がっていくんです!

この問題はかなり以前から問題視されていますが、行政に頼っていて何か進展はあるのでしょうか?

統計でみても年々出生率は下がる一方で、国内人口の高齢化はどんどん深刻化しています!(一人当たりのGDPはどんどん減少)


仮に今現在から改善したとしても結果は20年以上後です。

どうなりますか?

そうです、確実にこれからの子供達にとても大きな負担がのしかかってくるんです!

それを少しでも手助け出来ないかと考えていました。

・そんな時に出会ったネパール料理で閃いた!

ネパール料理や在日ネパール人達と出会ったのは今から25年程前です。

当時ネパール料理屋は殆どなかったのですが、偶然の出会いでネパール人の作る郷土料理を初めて口にして「どこか懐かしくもあり新鮮な優しい味だなぁ」と思い衝撃が走ったのを覚えています。

そこで多くの彼等在日ネパール人達と関わり、彼等の国の事情や考え方宗教事情など聞きながら接する事で、国民性がとても日本人に似ていると感じました。

ネパールはとても貧しい国で、とても多くの方達が国外へ出稼ぎに出ている事、彼等の中でも日本はとても人気の国で多くの人達が憧れている事(※ここ10数年で10倍以上の在留数に増加)、何よりも人柄が優しく思いやりやおもてなし精神がある事を知りました。(60年前の日本の様な感じですかね。)


ネパールはこの辺りにあります。位置的にはインドと中国(チベット)の間ですね。

少子高齢化問題は身近なところでは、他界した両輪の介護で高齢者介護は生半可な苦労ではない」と実感しました。

国民一人当たりの国内GDPもどんどん下がる一方で、介護資金どころか様々な国家予算も減少し、労働人口の減少で日本経済に大きな支障をきたす事は目に見えています。

そこで私は様々な障壁はあるにせよ、外国の方々にこの日本の未来を手助けしてもらう事が最速の解決策だと考えています。

そこは人と人の繋がりなので国民性が近く人柄として信頼できる国の方が良いと思っています。

ネパールは海外への出稼ぎも多く日本からの技術提供などでお互いに助け合えると信じています。

日本で成功した彼等がネパールへの送金が増加し教育の質も向上、より優秀なネパール人が来てくれるでしょう。

日本とネパールが相互に協力しメリットを活かし合えると考えます。

・より多くの日本の方々にネパールに興味を持ってほしい!

そして料理は国や文化を知る一番のコンテンツ!

先ずは「ネパールという国について多くの日本人に触れてほしい」と思っています。

それには料理から興味を持ってもらう事がとてもスマートなのではと考えます。

中でも中国やチベット文化とインド文化のハイブリッドの「ネパール餃子(現地名モモ)」がネパールの代表料理として一番だと考えました。

優しいスパイス餡のプリプリ餃子なんですよ。


「ネパールに餃子があるの?」チベット文化として広まった「ネパール餃子」のモモは今やネパールのファストフードです。

また、インドに渡ったネパール人が「ネパール餃子」のモモを広め、今ではインドでもサモサ人気を凌駕する勢いでもファストフードとして人気急上昇しています。

そこで、この「ネパール餃子」を国内では量産していなかった「冷凍生ネパール餃子」として国内御協力メーカー様と量産化として開発しました。

各店で手作りのネパール餃子は皮も厚く蒸しても時間が掛かるので、ネパール料理屋でもランチメニューに出している店舗は少ないです。

誰でも手軽に短時間でランチメニューやサイドメニューとして提供できるように。

御家庭でも気軽に召上がれる形として開発しました。

この「ネパール餃子」を一人でも多くの方々に召上がって貰い、美味しさを実感してもらい「国内のネパール料理屋にも足を運んでほしい。」より多くの方に「シャイなネパール人達とコミュニケーションをとって貰いたい。」という強い想いをこの商品に込めました。

・認知度の低さと、追い打ちの様なコロナ禍

イベントにも色々と出店しました。

今回コロナという緊急事態によってネパール人達のお店も大きな打撃を受け営業自粛や閉店へと追い込まれています。

店舗に卸していた「ネパール餃子」も彼等が仕入れる事は困難となってしまい、多くの在庫が迷子になってしまいました。

・皆様へのご支援のお願いです!

是非、皆様のご支援と共にこの迷子達を食べて救って頂くと同時に、ネパールの料理文化からネパールという国に御興味を持って頂ければ幸いです。

皆様の御支援をお待ちしております。

是非、宜しくお願い致します。

TST株式会社 代表取締役 爲谷謙治

このプロジェクトで実現したい、ネパール餃子でネパールの認知度UP!

ネパール餃子でネパールの認知度UP!

ネパールに餃子があり日本人の口に合う事をより多くの日本人に知って頂き、食べ易くヘルシーなネパール料理の普及につなげたい

現在日本のインド料理屋の7割はネパール人がやっており、多くのネパール人がインド料理をやっているが、ネパール料理の認知が低く商売になり難い為、素朴で美味しいネパール料理屋を開業する人は非常に少ない。

ネパール料理屋の普及

日本人とネパール人の共通点

ネパール人は非常に勤勉でシャイな人柄が多く、在日ネパール人も9万人を超える勢いで増加しているものの、日本ではあまり知られていない。

もっとネパール料理が普及し、気軽に日本人とネパール人の交流できる場が増えれば。

在日ネパール人の成功と日本への憧れ

在日による彼等の事業の成功により、出稼ぎの多いネパールからの移民候補国として日本が脚光を浴び、希望者の増加に繋がる

ネパールはアジア最貧国であり、中国(チベット)とインドに挟まれ観光と農業が主な産業で海路もない事から経済状況の伸長はあまり望めないため、海外就労が年々増している。

国外からネパールへの送金額は年々増加にあり、2018年には同国GDPの28%にも達している。

若い在日ネパール人の増加

アジア最貧国でもあるネパールからの移住が増加し、日本のGDPの向上へ

進まない日本の少子化対策だが、既に何らかの対策を講じたとしても出生率が上がって成人化するまでに20年はかかります。

日本国内のGDPはどんどん下がる一方になります。

効率化を図ったとして可能性としては海外からの若い世代の移住を促さなければ手立てはなくなります。

では、どのような国の人材が良いかというと、日本人の気質に近く来日して頂ける貧しい国と考えた時に、ネパールが望ましいと思っています。

更に...次のプロジェクトへ繋げたい

このプロジェクトが成功したら!

このプロジェクトが成功したら次のステップへ

皆様のご支援を頂きこのプロジェクトが成功したら、次に繋げていきたい「ステップ2」についても伝えておきたい!

次のプロジェクトは!

ネパール餃子専門のネパール餃子BAR“モモスタンド”を都心に開店したい!

夢に向かって行いたい次のステップは、より多くの方々に味や想いを伝えられる小さなお店を造りたい!

「ネパール餃子」を気軽に食べてもらえる立飲みスタイルのネパール餃子BAR“モモスタンド”を考えています。

飲食素人で以前失敗した店舗造りの経験を活かして、コンセプトや立地他のマーケティングを徹底して行い、ネパールを知らない人達も気軽に召上がって貰える「立飲み」「ファストフード感覚」「内食~中食~外食」が叶えられる店舗にも乗り出し、先の未来に繋げられるプロジェクトも考えています!

<是非、御協力頂ける方々も募集したいです!>

先ずはこのプロジェクトを成功させたい!

子供たちの未来への第一歩へのご支援をお願いします!

日本が世界に誇れる憧れの国になるために。彼等に少子化問題をWINWINで助けてほしい!

今回のプロジェクトで多くの方々に夢へのご支援と迷子の「ネパール餃子」を救って頂きたいです!

その先に私が信じる「子供たちの未来の日本への手助けに出来れば」と繋げるためにも。

ネパール餃子(モモ)とは


ネパールのファストフードとして最もポピュラー

ヒマラヤを越えてチベットからやってきた食文化でインドのスパイスが融合!

現地では「モモ」(※1)と呼ばれるネパールの餃子は、ヒマラヤ山脈を越えてチベットから伝わったとされおている餃子です。

一言で餃子といっても形は小籠包の様なモノから、餃子型のものまで様々です。

チベット側では小籠包型がポピュラーですが、包むモノとして「モモ」と呼ばれているので餃子型のものも民族により様々。

モチっとした皮に様々な餡にインド文化の色々な香辛料が練られています。

最近では蒸しの他、焼いたりスープに入れたり揚げて野菜とチリソースで和えたりと派生料理も増えています。

※1:ネパール餃子の総称であり、食肉の部位ではありません。現地ではバフと呼ばれる水牛がポピュラーですが、チキンやポークや野菜など中身も様々。

ネパールではランチ時に蒸した「モモ」をつまむ習慣が多く、露天や店頭などで大量の「モモ」を蒸している光景が見られます。

私達がネパールの代表的な料理として「ネパール餃子」を選んだのは、「インド料理」との差別化を行い、だれでも手軽に食せるように選びました。

日本のインド料理屋の7割はネパール人がやっている?

在日ネパール人達は「ネパール料理屋」ではなく「インド料理屋」(インネパとも言います。)を営んでいる方々が殆どです。(ナント!日本のインド料理屋の6~7割はネパール人が調理しています。)

それは、「ネパール料理」の知名度が低く集客できないので「インド料理」をやってる方が多い為です。

昨今では少しづつ「ネパール料理」の方が優しい味として「ネパール料理」専門店も増えてきましたが。

中には日本人が作る人気の「ネパール料理」店も誕生しています!


皆様へのリターン各種ご用意しました、それぞれご覧になってください


資金の使い道・スケジュール

1.リターン品の原価と発送費。

リターン品の商品原価と発送費に使わせて頂きます

皆様への御礼の商品の原価と発送に係る費用として使用させて頂きます。

2.次回プロジェクトのネパール料理普及のPRと準備金

夢の2歩目への次回プロジェクトに向けた準備金として使わせて頂きます

夢に向けた第2ステップへのPRや仲間集めや準備金。

3.ネパール地震復興支援金寄付

どこまで支御援頂けるか分かりませんが、少しでも余剰金を適切な使途に使われる寄付として

この活動で知り得た、本当に適切に使用される団体に寄付します。

諸注意

※プロジェクト終了後7月頃より作業開始し、順次発送いたします。作業進行状況はこちらで都度報告いたします。
※ヤマト運輸冷凍便でお届け予定です。賞味期限は発送時90日以上です。
※誤って支援を2度押してしまった場合、弊社ではお取消しのご対応が出来かねますのでご了承ください。


最後に...

この度は最後までこの私達の想いを読んで頂き誠に有難うございます。

なかなか小さな会社の想いは伝えられる機会も少なく、ここまで読んで頂いただけでも少しでも多くの方々に想いが伝わり、この機会とクラウドファンディングという仕組みに感謝いたします。

コロナで色々な方々が大変な時期ですが、この想いに少しでも共感して頂けたら少しばかりのご支援をお願い致します。

これからも自分と支えて頂ける皆様を信じて、未来のために精進して参ります。

是非、宜しくお願い致します。

■企業案内

 会社名 : TST株式会社

 代表者 : 代表取締役社長 爲谷 謙治

 所在地 : 東京都町田市中町2-8-20

 主な事業内容: ブランド・コンサルタント、商品企画、事業開発

 設立 : 2015年10月


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/14 17:00

    初めてのシルクスクリーン作りリターン品のトートバッグを作成中です。一人でやっているので材料を集める所からですが、シルクスクリーンの製版をやってみました。こんな物を揃えてみた。ロゴをOHPフィルムに印刷して、感光するシルクスクリーンに製版暗いところでUVライトを使って時間を調整しながら作業。文字...

  • 2021/08/01 11:55

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/07/25 11:00

    ネパール餃子はアレンジも楽しいんです!先ずは、4分茹でただけでもすごく美味しいんです。ボイルド・ネパール餃子コレが、基本ですね。ここからはコレをベースに紹介チリモモと呼ばれるチリソース和えコレは揚げたネパール餃子をお好みの野菜と一緒に下記のソースで炒めます。Aを適度な油で常温から火を通して油に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください