こんにちは。SMALL WORLDS 代表の近藤です。

スモールワールズ TOKYO は昨年2020年6月にオープンしたばかりの新しいテーマパークです。
「動くミニチュア」たちによる6つの世界に入り込んだような体験を、お客様に楽しんでいただきたいと思い開業をしました。

『世界の街』エリアではファンタジーを掛け合わせた各国への世界旅行ができ、『関西国際空港』エリアではミニチュアの飛行機の離発着を大画面の液晶をバックにご覧いただけます。
大人気作品「美少女戦士セーラームーン」や「エヴァンゲリオン」のエリアもあり、作品のキャラクターを探したりして楽しむこともできます。

その中でも人気なのが『宇宙センター』エリアです。

1969年に飛び立ったアポロ11号の機体であるサターンⅤのミニチュアが、轟音を響かせ、白い煙を吐き出しながら宇宙へ飛び立っていく様子は、大人も子供も釘付けになる魅力があります。


スモールワールズ TOKYO で毎日打ち上げている サターンⅤの様子(動画)


こういった、誰もがみたことがある街や世界ももちろん素晴らしいのですが、

誰もみたことがない世界もミニチュアなら作れるのでは?

そう思い、河森正治 監督をお誘いして、このプロジェクトを始めることにしました。



■1■ 未来の宇宙センター建設(現在、制作中)

未来の宇宙センターは、私たち⼈類が気軽に宇宙旅⾏を楽しむ時代において、アジアに建造する⺠間宇宙センターを構想したものです。


河森正治 監督による「未来の宇宙センター」内のターミナル施設のデザイン例

SMALL WORLDS社のチーフクリエイティブ・オフィサーでもある河森正治 監督が、初期段階より企画に携わり、制作を進めてきました。JFケネディ・宇宙センターで河森監督が打ち上げを⾒て感じたワクワク感を、未来の宇宙センターの旅⾏客が満喫できるようにデザインされています。旅⾏客も近距離で打ち上げを楽しめる空間にしたい!との想いが込められたスケルトン状の宇宙港内には、店舗やチケットカウンター、VIPルーム、宇宙へ⾏く旅⾏者の姿などが精巧に表現されています。


■河森正治 監督 プロフィール:
アニメーション監督、企画、原作、脚本、映像・舞台演出、メカデザイナー。
慶応義塾⼤学在学中に原作者の⼀⼈として携わったTVアニメーション『超時空要塞マクロス』、そしてそこに登場する三段変形メカ、『バルキリー』のデザインも担当し、世界中の若者に⽇本アニメは“クール”だと印象付けた。劇場作品『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』では23歳の若さで監督に抜擢される。『マクロス』シリーズ以外にも『アクエリオン』シリーズなどの原作、監督を担当。他にも、メカニックデザイナーとして、『機動戦⼠ガンダム0083スターダストメモリー』、『攻殻機動隊』、SONY エンターテインメントロボット“AIBO”『ERS-220』、⽇産デュアリスCMメカ『パワード・スーツ デュアリス』、『サンダーバード AREGO』の新メカ『サンダーバードS号』をデザインするなど幅広く活動している。


■2■ 未来のスペースシャトル開発(今回、新機構と追加機体の制作開始!)

今回、打ち上げ予定のスペースシャトルは6種類。『近未来において実⽤的であること』を重視し、未来型旅客⽤、貨物⽤など、⽤途によって分けられデザインされました。また、化学燃料ではなくレーザー光線で推進することを構想しており、発射のプロセスから煙や⾳も含めて臨場感を醸成させるものになっています。

その臨場感は、先に完成し毎日打ち上げが行われているサターンⅤを超える内容を目指しています。


河森正治 監督による「新発射台」と「その機構」の試案


■3■ プロジェクトに携わった仲間で宇宙好きコミュニティを発足させます!

さらに、好きなことを好きなだけ楽しむことができる仲間を作ることができるコミュニティーを作ります。宇宙やスペースシャトルが好きな方はもちろん、少しでも興味がある方はぜひご参加ください。

コミュニティでは定期的にオフ会を開催し、スモールワールズ TOKYO 2階でイベントを開催したり、『宇宙センター』エリアのミニチュアを作ってみたりなど、宇宙に関連する様々なイベントを開催します。

<第1回のコミュニティーミーティングについて>
コミュニティーミーティングは、15,000円以上のご支援をいただいた方を対象に開催します。
第1回は8月25日(水)19:00~20:00で開催します。
※その後、原則 毎月第4水曜日 の夜19:00〜20:00で合計6回開催の予定です。

・日時は、2021年8月25日(水) 19:00〜20:00
・参加は、現地参加(スモールワールズ TOKYO 2階レストラン)か、オンライン参加かをお選びいただ     けます
・ミーティングの主な内容は
  ・コミュニティーの名前決定
  ・コミュニティーの活動内容検討
  ・次回の宇宙プロジェクトの最新情報報告

 です。

例えば「宇宙活」「航空宇宙局」など、いろいろなコミュニティー名の案から、プロジェクト名を決めたいと思います。このコミュニティーミーティングは原則毎月第四水曜日に開催し、『宇宙センター』エリアがより良いものになるように、みんなで意見を出し合って作り上げていくものにしていきたいです。

<特別オフ会について>
また、30,000円以上のご支援をいただいた方を対象に、エリア内で流すシャトル発射シーケンスの内容を検討し録音する、特別オフ会(1回)参加のご案内をいたします。

・日時は、2021年8月28日(土) 10:00〜12:00
・参加は、現地参加(スモールワールズ TOKYO 2階レストラン)か、オンライン参加かをお選びいただけます
・ミーティングの主な内容は
  ・シャトル発射シーケンスでの、運用管制員等と宇宙飛行士とのセリフ確定と配役決定
  ・未来の宇宙センター内での、さまざまな住民・職員等のセリフ確定と配役決定 です。

事前にメールで情報をお送りします。当日に、セリフ確定と配役決定をし、皆さんの携帯で録音いただいたデータを提出いただく予定です。実際にエリア内で流れる音声を一緒に作り上げて、その後に自由にパークを見て回ったり、写真をとったり、コミュニティーのメンバーと話したり、好きなことを、好きな仲間と集まって、楽しみましょう。

コミュニティに入って、新しい仲間に出逢いにきてみませんか?


こんな時代だからこそ、このプロジェクトを開始する意味があるのではないかと私たちは考えました。

私たちが作りたいのは夢のある未来の宇宙の姿です。
誰もが見て感動するようなワクワクする世界です。


そこで、
自分たちでそれを作って提供をするよりも、みんなで協力して作り上げる世界の方が良いのではないか? 
そう思いました。


コロナ禍で人と人との繋がりが少なくなった今、
一つの目標のためにみんなで手を取り合って、未来を想像して夢を見て、そして好きなものを通じた仲間と繋がっていける。そんな活動がしたい

と思い、このタイミングでのプロジェクトを開始しました。



実はこのプロジェクトを始めるきっかけは、新型コロナウィルスの流行でした。

昨年3月に予定をしていたオープンは、やむなく延期。
約2千万円の追加支出をして徹底したコロナウィルス対策を行い、やっとの思いで昨年6月にオープンをしましたが、1日のゲスト数は制限をせざるを得なく、当初の予定の10%ほどのゲスト数に。

インバウンドをターゲットに有明の地を選んだものの、海外旅行客の姿はまだありません。
さらに有明も会場となるオリンピックの延期。
度重なる政府からの緊急事態宣言の発出。

新型コロナウィルスが運んできた試練は、新しいテーマパークを開業する私たちにはとても大きな壁となりました。

ゲスト数が少ないと、ゲストの皆さんの反応がわからないために、作る側もなんとなく孤独感を感じるようになります。そんな中で、重要な模型の制作を始める前に、皆さんと一緒に、みんなで協力して作り上げたいと考えるようになりました。


宇宙というと皆さんはどんなことを思い浮かべますか?広い、暗い、美しい、綺麗、など人によって様々な意見があるかと思います。

宇宙は今の私たちにはわからないことがたくさんあるので、十人十色の意見に別れるのだと思いますが、、、だからこそ面白いのです。

いろんなことを考える人がいてどれも違わない。どれも正しい。
様々なイメージで作られているのが今の宇宙の姿だと私たちは考えます。


しかし、その中でも一つだけ共通するものがあります。

それは、
宇宙には「夢」があるということです。


想像できないようなことが待っているのではないか?
思っていたよりも地球と近いのかな?
まだまだ未知なことが多いからこそ宇宙は面白い。


未知の世界。想像のワクワク。
そんな世界を私たちはミニチュアで表現したい。

想像の先の「創造」に一緒に進んで、世界で最もワクワクする世界を、
みんなでつくりたい。

そう思うのです。


いろんな意見があるからこそ面白い宇宙の未来の姿を一緒に創り上げて
それをみた人々に夢を広げていきたいと思っています。


今回、宇宙好きコミュニティが発足したら、次にやりたいことも決まっています。
スペースコロニーづくりです。新しいスペースシャトルが宇宙で何をするか? それを考えたいです。


【1】1000万円のご支援をいただきましたら、
シャトル打ち上げ機構を完成させて、スペースシャトルの打ち上げを実現させます。

① 新発射台の機構1台(レーザーエネルギーを集めて飛び立つ未来型のシャトルと打ち上げロケットの発射機構です)※当初の企画・設計を改善し、より詳細な動作をする機構に変えて制作いたします


② 自動走行シャトル1セット(これは格納庫から発射台の間を走行するものです)※当初の企画・素材を改善し、自動走行させるために重量面を考慮して、フルカーボン製のシャトルを制作します




【2】1300万円のご支援をいただきましたら
レーザービームを使ったエネルギー充鎮の演出を増やします。

① レーザー光線による打上演出効果 230万円 (ロケットにレーザーエネルギーを送るべく、発射前のロケットに四方八方からレーザービームを照射します。以下参照)

② 打上げの臨場感を増す音響演出 70万円  (ロケット発射前後の音響を、地響きと共に本物のように演出します。)


【3】さらにご支援が 2000万円に達しましたら、
より詳細な緻密化の推進 → 背景のLED化による嵐の情景づくりなど、どんどんエリアを充実させるための演出を増やしていくことができます。


ここにしかない、世界初の未来の宇宙センターを創る。
私たちだけではなく、みんなで作る未来の姿にぜひ力を貸していただきたいです。


このプロジェクトが、皆さまのご賛同・ご支援により実現いたしましたら、SMALL WORLDSは当初の理念を貫徹し、動くミニチュアで古今東西世界の様々な光景を再現し、非日常に没入できる癒やしの世界として、さらに感動を呼ぶエリアを、そして各地に、世界に、次の出店に向けて、羽ばたきたいと願っております。

 他ではないユニークなリターン、このプロジェクトにご参加の証が残るリターンなどを用意いたしました。皆さんのご参加とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください