陶芸家・青木良太さんがローンチした「RYOTA AOKI POTTERY」プロジェクト。多くの方の応援のおかげで本当にありがとうございます! 第7弾は「クリスマス マグカップ」です。 あれ? 去年ローンチした時にもマグカップがあったような…… 実は今回、ビッグサイズのアイテムを発表したんです。

プロジェクト本文


クラウドファンディングしてくださったみなさんには、クリスマスプレゼントとしてお届けできるようにしました! サイズと釉薬違いが今回はたくさん揃っています!


世界の誰もが手にしやすいサイズのマグカップを、中学生でも買える価格で!


毎日使う器の代表選手がマグカップ。そしてプレゼントしたくなる器の代表もマグカップ。

昨年この「RYOTA AOKI POTTERY」プロジェクトをローンチした時に、プレタポルテラインとして真っ先に発表したのもマグカップでした。ではなぜ今回第1弾と同じようにマグカップを発表したのでしょうか?


Sのっぽ ミルクφ85(130)×H88 、¥3,000。ちなみにSSのっぽはφ70(108)×H84 ¥1,700 。

はい、左が今回の新作「マグカップSのっぼ(ミルク)」、右が昨年第1弾の「マグカップSSのっぽ(ミルク)」。こんなに大きさが違うんです。実は大きい方の「Sのっぽ」は以前から青木さんの工房で定番として作っていました。世界中で作品展を開いてきた青木さんは、「マグカップは大きいのをお願いね」と海外のクライアントやファンに言われ続けてきたそうです。


「チェーン店でサーブしているマグカップを想像してもらいたいんだけど、欧米ではビッグサイズのマグカップを日常的に使っています。対して日本は小ぶりなものが使いやすいと言われます。昨年の第1弾では、日本仕様の小ぶりサイズのSSのっぽを初めて作ったのですが、今回ビッグサイズである定番のSのっぽをプレタポルテラインでも作ろうと思ったのです」。

マグカップ Sのっぽ ミルクφ85(130)×H88 、¥3,000。 桜φ85(130)×H88 、¥3,200。
マグカップ3種。SのっぽとMとL。どれもたっぷりと飲み物を注いでブレイクタイムを楽しめます。

マグカップ M ミルク φ94(122)×H80 、¥3,200。 φ94(122)×H80 、¥3,400。

 

マグカップ M ブラックスター φ94(122)×H80 、¥3,500。 ブリンブリンφ94(122)×H80 、¥7,000。


新たなデザインのビッグサイズマグカップも登場です。


そして「Sのっぽ」に加えて「マグカップM(以下M)」と「マグカップL(以下L)」も新たにデザインしました。「Sのっぽ」がしっかりと厚みがあり、底にかけて安定した形状なのに対して、「M」と「L」
は程よい丸みのある曲線がエレガント。飲み口も薄手ですし、ハンドルも細めで全体的にきれいなデザインが印象に残ります。

マグカップ L ミルク φ100(133)×H97 、¥3,700。 桜φ100(133)×H97、¥3,900。

マグカップ L ブラックスター φ100(133)×H97 、¥4,000。 ブリンブリンφ()×H 、¥8,000。


また3点とも飲み物を注いだ時の持ちやすさは秀逸! 

大きなマグカップでありがちですが、飲み物の重さでハンドルにかけた指が痛くなったりするようなこともありません。ハンドルと器のバランスの良さは、ハンドルの形状をリサーチし尽くした青木さんならではの完成度と言えるでしょう。
良いものを、みんなが手に取りやすい価格で作るために「産地で産業になることを目指す」という大きな目標を進めてきた背景には、青木さんが作家として蓄積してきた技術だけでなく、「デザイン力」の確かさがあると言っても良いかもしれません。

 

 

そして今回の3種類のサイズを4色の釉薬で展開しています

ミルク釉のしっとりした質感。肌さわりが気持ちいい。

 

桜釉のほんのり優しいピンク。癒されます。

 

ブラックスター釉。じっくり見ると釉薬が結晶化して、結晶がキラキラして夜の星空みたいにロマンチック。

 

ブリンブリン釉。素材で金を使わずに金色の釉薬を青木が17年間かけて研究した、21世紀を代表する器。

 

 この1年発表してきたミルク、桜、黒、そして量産品で実現不可能と現場の職人さんたちから言われてきた、金を使わない金色「ブリンブリン」。
ミルク、桜、黒はしっとりとマットなテクスチャーで、赤ちゃんの肌を指先で優しく撫でているような気持ち良い仕上がりです。ブリンブリンは高級織物の縮緬のような細かいシワが黒ベースの器を一面覆っていて、マニッシュな雰囲気。定番のアイテムにイノベーティブな取り組みをしっかり入れている点も、青木さんならではと言えるでしょう。

 

 

 

コーヒータイムはもちろん


色々な飲み物を楽しめるのがビッグサイズのマグカップの面白さです。

 


豊かな気持ちになるビッグサイズのマグカップ


でもやっぱり大きすぎるんじゃない? そう躊躇されている方に一度おすすめしたいのが、実際にビッグサイズのマグカップでいつもの量のコーヒーを飲んでいただくこと。ちょうどカップの半分より少し多いくらいまででもいいんです。ハンドルを持ってカップを両手で包んでみてください。

すると釉薬の手触りの良さとともに、ほら、なんだかとっても大らかで豊かな気持ちになりませんか? 


いつものサイズでかっちりとしたスタイルでコーヒータイムを過ごしたい気分の時ももちろんあります。でも仕事の合間に、ちょっとゆっくり過ごせる朝の時間に、ビッグサイズのマグカップを試しに使ってみてください。コーヒーの味わいも、時間の流れ方もちょっと違うことに気づくと思います。

 

 

もちろんコーヒーでなくても、紅茶でも、ハーブティーでも、ホットレモネードでも。そして職場のランチで使うスープカップとして、即席のお味噌汁の器としても大活躍してくれること間違いなしです。

お花を入れて花の器にして、テーブルに置いといてもオシャレですね

 


マグカップSSとボナペティ5プレートを組合せたカップアンドソーサー。マグカップSSのっぽは¥1,836〜。ボナペティ5プレートは¥1,512〜。第1弾第2弾の記事を参考にしてくださいね。

昨年「SSのっぽを手にしてくださった方。もちろんマグカップとして引続きご愛用いただけたら嬉しいです! そしてもし「Sのっぽ」を試してみたくなったら、お手持ちの「SSのっぽ」にこのボナペティ5プレートを合わせると、カップアンドソーサーとしても活躍してくれます。
同じ形でも器の大きさによって過ごす時間も気分も変わるのが不思議です。ぜひ試してみてください。


なんと!!人気コーヒーショップでマグカップSスペシャルバージョンが採用されました!


実はこのプロジェクトがスタートしてからさまざまな方からコラボレーションのご提案をいただくようになりました。これも美濃という産地の技術力と生産力が背景にあるからこそ、と青木さんは改めて産業になることの大切さを感じているそう。
そして実際に、第1弾で発表した「マグカップSのスペシャルバージョン」が、、、

東京の人気コーヒーショップ『猿田彦珈琲』さん全店舗で使用!!

 

マグカップ Sのっぽ ミルク、マグカップ S ミルク

猿田彦珈琲のオリジナルロゴの入ったコラボカップ

 

 

 

おしゃれな空間に美味しいコーヒーをカッコいいマグカップで楽しめます

さらに『猿田彦珈琲』さんのオンラインショップと店頭で販売するオリジナルマグカップとして採用されることになったのです! 


こちらが猿田彦珈琲さんのオリジナルマグカップ。ロゴマークかっこいいです!


猿田彦珈琲さんがオンラインショップのアイテムとして採用してくれたことで、産地と使い手がより近くなりました。これも第1弾から応援してくださったみなさんのおかげです!
本当にありがとうございます!!

 

 

第7弾のクリスマスマグカップ。まさにクリスマスプレゼントとしてお届けできるようにクラウドファンディングを立ち上げました。「あの人にはこのサイズ、この色」「自分へのご褒美にはこれ!」と楽しく選んでいただけたら嬉しいです!!

 

全てのマグカップにオリジナルの金箔押しの豪華な箱に入ってお届けさせてもらいます。

 

 

 

青木良太より。
マグカップを手にする時間でみなさんの毎日が少し豊かになったら。そしてそのことで地元・美濃という産地の作り手が元気になったら。このプロジェクトにはそんな思いが込められています。

マグカップ達は個展ですでにサンプルを少しだけ発表ていて好評を得ていました。ついに!CAMPFIREで登場です!

今回のクラウドファンディングで受け取ったファンドは、この活動の財産でもある「型代」や「開発費」として使わせていただきます。みなさんからの応援、心よりお待ちしています!
応援いつもありがとうございます!

  • 活動報告

    冬はホットチョコレート^ ^

    2017/12/12

    『雪が降ってきましたin土岐市』  寒くなると甘いものが欲しくなる   こんばんは陶芸家の青木良太です。こちらは今日から雪が降り始めました…

  • 活動報告

    気分やシーンに合わせて

    2017/12/12

    組み合わせは自由 ビッグマグカップシリーズは定番のコーヒーカップ, SS, SSのっぽ, Sサイズと比べて 見た目は大きいですが今までと同様、ボナペティ5プ…

  • 活動報告

    電子レンジもOK!!

    2017/12/12

    『休憩時間のホットミルク』 冬って寒いからかホットミルクが飲みたくなる。 マグカップに牛乳を入れ電子レンジでチンするだけ!簡単! (牛乳の入れ…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください