Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

ミャンマーの学生を日本へ招待し、 自国では得られない学びと経験を提供したい

現在の支援総額
548,500円
パトロン数
22人
募集終了まで残り
終了

現在54%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2018-02-19に募集を開始し、22人の支援により548,500円の資金を集め、2018-03-17に募集を終了しました

日本の社会構造・課題を見ることで、これからミャンマーを背負って立つ優秀な学生に今後のキャリアについて考えてもらうきっかけを作りたい。

私たちは日本ミャンマー学生会議です!


初めまして和田幸子です。都内の大学に通う大学4年生。これまでの4年間、「学生がキャリアを考える機会」を創ってきました。



(IDFC日本ミャンマー学生会議 2017年度日本側代表 和田幸子)


その中で、現在も取り組んでいるのが『IDFC日本ミャンマー学生会議』です。この学生会議では、日本とミャンマーの大学生たちが、ミャンマーで活躍する人や課題に触れながら、自分自身のキャリアを考えます。

※ここでの「キャリアを考える」とは、その人の将来の職業選択だけではなく、「人生全体を設計すること、またその描いた人生を実現するために、今の活動を振り返ること」を含む広義の意。


(IDFC実行委員 ミャンマー側の8名)

 

(IDFC実行委員 日本側8名)


こちらが今年度のIDFCを担う実行委員です。先輩が築いた3年間を引き継ぎ、4年目この仲間たちと活動しています。詳しいメンバー紹介はIDFC Hompage

2014年4月発足以来、私たちは3年間継続してミャンマーで学生会議を開催してきました。
そんな私達が今年度新たに日本での開催を実現するために支援を募ります!
「なぜ、日本開催に挑むのか。」
簡単な動画を作りました。まずはこちらご覧ください。


私たちは、IDFCから日本とミャンマーの将来を牽引する若者を輩出していきたいと思っています。

これは、昨年度学生会議に参加したミャンマー人学生の言葉です。IDFCビジョンの実現のために、ミャンマー人が日本にもっと触れ、日本社会のことを考える機会を私たちは用意したいと思っています。

そこで、私たちは日本開催という「挑戦」に踏み出すことにしました。

パイロットプロジェクトとして、2月末まずは実行委員8名を日本へ招致したいと思っています!

ミャンマー人学生の「日本に行きたい!」ニーズに対する限られた機会


今まさに急速な成長を遂げているミャンマーでは、日本をはじめとする多くの国々との協力関係が進んでいます。ところが、国の将来を担うはずのミャンマーの学生たちが、国内外で得られる国際交流の機会は政府の実施する一部のプログラムに限られいます。そんな中、今回渡日するミャンマー側実行委員から日本に行きたい!という声が上がりました。

代表Naw Thazin Hpway(Yangon University of Education )

-"My very first time in Japan. Learn and share back for sustainable IDFC."

始めて日本に行きます。持続可能なIDFCのために学び、共有したいです。


参加者選考Moe Pwint (Yangon University of Economics):

”Learn & Explore interesting facts about Japan for sustainable friendship& a better contribution to the welfare of the youth in Myanmar & Japan!”

ミャンマーと日本の若者の繁栄への持続可能な友好と寄与のために日本に関する興味深い事実について学び、調査したいです!

 


広報Myint Myat Noe(National Management Degree college):

“I want to learn & know Japanese cultures, Japanese university student life, efficient transport and the shinkansen(bullet train).”

日本の文化、大学生の生活そして輸送手段と新幹線について知り、学びたいです。

 

広報Eindra Kyi Phyu(University of Yangon)

“I want to

experience organizing IDFC in Japan and find out how it can contribute more to the upcoming camp.

travel new places and explore new things

see Japanese culture in person

visit universities and learn Japanese university student life

keep this friendship between Myanmar & Japan CMs by traveling together.”

私は以下のことをしたいです。
IDFCを日本で組織することを経験し、次なるキャンプにどのようにさらに貢献できるのかを明らかにする
自分にとって新しい場所を旅し、新しいことを調査する
自分の目で日本の文化を見る
大学に訪れ、日本の大学生の生活を学ぶ
共に旅をすることによって両国の実行委員の友好関係を持続的なものにする

 

企画Haymar Shweyi(University of Yangon)

“Japan is my dreamland. I want to learn Japanese culture and the working environment of Japan.”

日本は私にとって夢の国。私は日本の文化と労働環境を学びたいです。

 

Thae Khaing Thet(University of Yangon)

“Experiencing is the best form of learning and sharing is caring. That’s why I’m so enthusiastic to participate in Japan CMs camp. ”

経験することは一番よい学びの形であり、共有することは思いやることです。

 

マネジメントKyi Sin Shun Thant(National Management Degree college):

“I want to explore more about Japanese culture and meet with interesting people from different fields.”

日本の文化をもっと知り、異なる分野の人々と会いたいです。

マネジメントThandar Aung( National Management Degree college):

“I want to explore new things in Japan.”

新しいことを日本で調査したいです。

学生会議テーマ:
「Career Development and Youth in Japan」

私たちは、「学生会議を通じて『キャリア』という切り口から日本に触れ、帰国後ミャンマーの若者の環境改善に貢献する」ことを目指します。


なぜこのテーマを選んだのか?それは、

⑴ミャンマー側実行委員がより良い未来を主体的に切り開いていってほしい

⑵IDFCとして、よりお互いの国への理解と当事者意識を高め、両国の将来を担うような若者を輩出したい

からです。

そのために日本でやりたいことは以下の3つです。

ミャンマー人がキャリアを考える機会となるために、
日本でやりたい3つのこと

 


①日本の課題についてミャンマー人も一緒になって考え議論すること

「日本には貧困ってないよね」というミャンマー人の声から、私たちはそのイメージを壊したいと思いました。『雇用』という切り口から、日本のあらゆる世代の課題に触れてもらいます。


②日本にいる若者で、かつロールモデルとなるような人との出会い

同世代の日本人で、社会の課題に対して主体的かつ精力的に活動しているすごい大学生に出会ってもらいます。その出会いを通じて、自分もできるのではないかという親近感とやってやろうという活力を、ミャンマー人が受け取ってくれたら嬉しいです。


③ミャンマーでは関われない日本で活躍するミャンマー人との出会い

これまでミャンマーで学生会議を開催してきて、日本人が得られた最大価値の1つは、「日本では出会えなかった日本人の大先輩方との出会い」です。総合商社はじめとする様々な日本企業のトップ層にお会いし、私たちの人生を先の先からものすごい光で照らしてくださったと思います。そんな出会いをミャンマー人に届けたいです。

このようにして私たちは「日本ミャンマー学生会議」だからこそ、双方向的にこれからミャンマーを背負って立つ優秀なミャンマー人学生に日本の社会課題について考えてもらい、『日本』に愛着を持って継続的に関わって行く人を増やしたいと考えています。そのためには、与えられた既存のプログラムではなく、両国の学生が一から自分たちが学びたい内容、出会いたい人や経験を自らの手で形作ることが必要です。

現在以下のようなプログラムを作っています。

 

ご支援は全て会議開催のために使わせていただきます!
 

使用先(人数は両国実行委員計15名で計算)

食費
150,000円
体験費用
90,000円
宿泊費
80,000円
東京都内の交通費
180,000円
渡航費
560,000円
査証発行費
50,000円
その他プログラムに必要な備品代
110,000円

1210,000円


皆さまからいただく支援金は、全て日本での会議開催のために使わせていただきます。


ご支援くださる皆さまへ、ささやかですがミャンマーからお礼の品をお届けします!

応援してくださる皆様に心を込めてリターンをご提供いたします。

さらに、50000円の支援をくださる皆様には特別に以下のリターンをご提供いたします(交通費は自己負担です)!

「報告会優先招待(軽食付き)、懇親会無料ご招待(両国招待) or ミャンマーでの報告懇親会ご招待」

報告会優先招待(軽食付き):東京 3月17日(土)
懇親会無料ご招待(両国招待) ミャンマーではヤンゴン、日本であれば東京 3月〜4月
ミャンマーでの報告懇親会ご招待 ミャンマーのヤンゴン 3月下旬〜4月まで

 

最後に:
可能性に秘めたミャンマーの仲間に衝撃を与えたい!


ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。私は約2年間、ミャンマーの仲間たちと共に、会議を手がける経験を積むことができました。その中で日々思うことは、「より多くの機会を得られたら、彼らはものすごい勢いで開花していくんだろうな」ということです。参加学生に人生が変わる体験を届けるために、そして自分自身の成長のために、いつも一生懸命IDFCに取り組んでくれます。彼らの意見から学ばされることも沢山あります。

そんな仲間たちに、ミャンマーでは得られない貴重な出会いや体験を届けたいです。確実にこれからのミャンマーを牽引する彼らが、より豊かな人生を築けるようこの日本開催を成功させたいです。


応援よろしくお願いします!

 

 

大使館や財団、企業のご賛同・支援を頂き活動しています!

IDFCは過去3回のミャンマーでの会議を通じて、100名以上の両国大学生へそれぞれの将来に繋がる人生の学びを届けてきました。またパブリックイベントで動員した学生も合わせればその数は800名以上!

 

大使館初年度の日緬外交関係樹立60周年記念事業に認定。

それ以来毎年後援をいただいております。

現在は大使館のアドバイスのもとビザの申請に向けて取り掛かっています。

 

日本貿易振興機構ヤンゴン事務所から後援をいただいております。

 

独立行政法人国際協力機構ミャンマー事務所から後援をいただいております。

 

ANAミャンマー支店から協賛をいただいております。ミャンマー人のフライトの手配並びに割引をしていただくこととなりました。


 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください