世界中の和牛ファンのみなさん、お待たせしました! WAGYUMAFIAです。 また、このシーズンがやってきました。 そうです、世界一の和牛を、今年もWAGYUMAFIAが競り落としました。 そして、みなさんとともに2017年世界で一番高い神戸牛を愛でるシーズンがやってきました!

プロジェクト本文

今年も世界一の神戸牛を落札!

日本一の神戸牛、つまりは世界一の和牛を決定する品評会「兵庫県畜産共進会」。第99回目を迎えるこの神戸牛チャンピオンシップオークションにて、昨年の雌牛部門チャンピオン牛落札に続き、今年は遂に雄牛グランプリ名誉賞の落札を成し遂げました!

グランプリ牛の生産者は「谷口さん」

グランプリ牛「金太郎」を育てたのは谷口正徳さん。この品評会に向けて5年前から準備したという但馬牛は、谷口さん曰く「作り手としても10年に一度出会えるかどうかの牛」。2017年10月29日に開催された「兵庫県畜産共進会」でこの牛を目にしたWAGYUMAFIA・浜田寿人が一目で惚れ込み、落札したのです。

”チャンピオン牛クラファン”は2回目なのだ!

※写真はチャンピオン牛ではありません。

ご存知の通り、WAGYUMAFIAが落札したチャンピオン牛を愛でるクラファンを実施するのは、これが2回目。去年はチャンピオン神戸牛「てるよし号」を落札し、会員制和牛割烹『THE WAGYUMAFIA』(赤坂)での特別ディナーや生産者のファームを訪ねるツアー、さらに、てるよし号の牛皮を使ったレザークラフトなど、とことんチャンピオン牛を愛でるクラファンにて、好評を博しました。
そして、今年!
今回はさらにパワーアップした”チャンピオン牛クラファン”をご案内します。

ただ食べるだけ? チャンピオン牛で和牛をマスター!

「大間のマグロが廃れないワケとは?」
「牛の部位っていくつあるの?」
「ラーメン1杯が1000円以下なのは日本だけ」
「代官山に学ぶブランディング術は?」
「”インスタ映え”時代のプロモーションテクニックって?」

これらのトピックは先日開催された、とあるサロンで熱く語りあわれたテーマです。そう、WAGYUMAFIAがスタートした世界初の会員制和牛コミュニティーサロン「WAGYUMAFIA CULINARY COLLEGE」(以下:WCC)でのひとコマなのです。「和牛を通じて世界とコンタクトする」をスローガンに、和牛をとことん学び、さらには和牛ビジネスの創出、生産者を訪ねるツアーなど、デイリーにプロジェクトが立ち上がり、盛り上がりを見せています。



ここでご紹介するクラファンでは、チャンピオン牛をただ食べて楽しむだけではなく、ファンドしてくれた方々の学びとなり、ビジネスのきっかけになることまでをリターンすべく、コミュニティーサロン「WCC」とリレーションしたメニューをご用意しました。

WCCの詳細についてはこちら
https://lounge.dmm.com/detail/573/

ご存知ない方へ、自己紹介です。

「WAGYUMAFIA」は『ニッポンの和牛を世界へ』をコンセプトに結成されたユニット。
20年来の友人である堀江貴文と浜田寿人。
堀江は日本屈指の食通、そして浜田は世界のトップレストランに神戸牛を輸出する「和牛キュレーター」。
そんなふたりは、パリ、シンガポール、ニューヨーク、サンフランシスコ、プーケットと、世界を舞台にイベントを開催、日本の至宝である和牛を世界へ広めてきました。


実店舗においては、クラウドファンディングで支持を集めた、会員制和牛割烹『THE WAGYUMAFIA』(東京・赤坂)を皮切りに、世界初の”和牛カツ専門店”『WAGYUMAFIA THE CUTLET SANDWICH』(東京・中目黒)、『THE YAKINIKU STEAKHOUSE』(茨城・つくば市)と展開してきました。”和牛体験”の拠点として誕生した、実店舗4店目『THE BUTCHER’S KITCHEN』ではクラファン額「770万円超」を樹立したことは記憶に新しいのではないでしょうか。

WCC入会権を特別価格にてご提供!

今回ご用意したリターンのなかで注目いただきたいのが、世界初の会員制和牛コミュニティーサロン「WCC」の年間フリーパスです。お伝えした通り、和牛を学ぶ場でありながら、ビジネスを創出や会員同士の交流などで盛り上がっているこのアカデミーの年間フリーパスをこのクラウドファンディングだけの特別価格でご提供します。
ほかにも、チャンピオン和牛のテイスティングと今や入手困難と噂されるWM会員権をセットにしたものや、チャンピオン牛を堪能できるランチ、そしてディナーまで様々なリターンが目白押し。このクラファンに参加して、WAGYUMAFIAとともに、和牛を通じて世界とコミュニケートしてみませんか?

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください