■はじめに

はじめまして。

NPO法人ウィーズ理事の光本歩(みつもと あゆみ)です。

ウィーズは、一人親家庭で苦しむ子どもたちの支援を、面会交流支援やLINEでの相談、『みちくさハウス』という避難所の運営を通して行っています。


団体名のウィーズとは雑草(weeds)の意味。

雑草というと聞こえは悪いかもしれませんが、どんな環境でもそこに根を張り、たとえ踏まれてもまた立ち上がる強さを秘めています。

そして太陽を信じ、光に向かってまっすぐに生きようとするのです。

私たちは苦しむ子どもたちに自分たちが生きる意味を感じてもらい、明るい未来に向けてまっすぐ生きてもらえるよう、 「今」 必要なサポートを 「今」 提供することに全力を注いでいます。

今回は皆さんに、そんなウィーズの活動を助けていただきたくて、このクラウドファンディングの実施を決意しました。

どうか、最後まで見ていただけると嬉しいです。


【NPO法人ウィーズ活動実績】

2020年 

LINE相談実績 2784件 面会交流 1142件

2021年

みちくさハウスを千葉県松戸市へオープン

【NPO法人ウィーズ代表光本の活動実績】

2009年7月:静岡県熱海市にてひとり親家庭向けの低価格学習支援塾を開始

2010年1月:ひとり親家庭を支援するNPO法人ウインクの理事に就任

2011年4月:共著「親の離婚と子どもQ&A」(明石書店)

2011年4月:静岡県第三次ひとり親家庭支援促進計画策定委員

2016年4月:NPO法人ウィーズ設立

2021年4月:法務省家族法制部会法制審議会に参考人として参加

2021年9月:大阪府母子父子自立支援員研修講師


■プロジェクトの概要

2023年6月に、2つ目のみちくさハウスを東京都練馬区に設立したいと考えています。

みちくさハウスとは、『ちょっとひとやすみしたい子どものためのこころのよりどころ』です。

現在は、千葉県の松戸市で運営しています。

家や学校、人間関係などに悩む子どもたちが、その辛さから少し離れてひとやすみできる場所です。

子どもなら、予約なしでだれでも利用可能で、食事(3食)、布団、机、学習支援、体験や経験、などを提供しています。

今現在の日本で、両親の離婚を経験する未成年の子どもは、3組に1組。

結婚している両親の別居、離婚を経験する子どもは、年間22万人に及びます。

そして、それを誰かに相談できた子どもは、10%にも及びません。

こころのよりどころを持たないまま、「私のせいでこうなった」「私なんていらない存在なんだ」と、心と体に闇を抱えてしまうのです。

そんな子どもたちを一人でも多く救う為に、みちくさハウスの健全な運営・新設が必要だと、考えています。


■課題と向き合うきっかけや経緯

いわゆる普通といわれる父親・母親・妹、そして私の4人家族。

当たり前だった日々は、私が小学4年生の頃から徐々に、真っ暗な雲が立ち込めたかのような息苦しい日々になりました。

学校から家に帰れば父親が母親を怒鳴りつけていたり、電気やガスが止まったり。

そして私の両親は2002年、私が中学2年生のときに離婚しました。

父と妹と私、3人での父子家庭生活が始まり、「学校の先生になりたい」という小学生の時から抱き続けていた夢は、追うことができないほどに私の心から遠ざかっていきました。

私はこの経験から『家庭環境によって子どもが夢や希望を持てなくなることはおかしい』ということと『子どもが勉強や活動に取り組めない理由は苦手や関心の有無だけではない』ということを強く感じるようになりました。

ウィーズで出逢う子どもたちや親は、自己否定に満ちていることが多いです。

「私のせいでこうなった」「私なんていらない存在なんだ」……

私の親が離婚し、学校に行けず社会に接点がなかった時、心に抱いていたものと同じ思いです。

でも、これは必ず変えることができます。

必要なことは、寄り添ってくれる第三者と、生きていくための適切な知識・情報です。

私は運よく寄り添ってくれる第三者と出会えたことで、必要な情報や知識を得ることができ、不可能だと思っていた大学進学を果たすことができました。


しかし社会の現状は、こういった人や場所との出逢いが手に入るかどうかが運で決まるという、悲しい状態です。当たり前に自己価値を理解できる社会にしていかなければならないと、私は心から思っています。

私自身が、第三者や相談できる大人に出会えたことで自身の可能性を広げ夢を持ち続けることができた経験から、自身の発信や現場支援を重ね、同じように家庭環境に悩んだ仲間を集めました。

ウィーズでボランティアをしてくれている10・20代の学生たちは「もっと子どもの気持ちをきいてほしかった」「親はもちろん友達や先生にも家庭の悩みは言えなかった」と言います。

苦しむ子どもたちの気持ちを知っているメンバーとともに、子どもたちに向き合い、その声を拾い、大人たちに届け、良好な親子関係と健全な自尊心を育むための支援活動を、これからも続けていきたい、そしてより多くの子どもたちを救いたい、と思っています。


■このプロジェクトで実現したいこと

ウィーズの理念である「ひとりひとりが価値ある自分を信じられる社会」を目指して。

みちくさハウス練馬の新設によりこどもたちの居場所を提供し、新たにこどもの休息の場や支援者との接点の場を設けることです。

そしてより多くの子どもに自分たちが生きる意味を感じてもらい、明るい未来に向けてまっすぐ生きてもらいたいと思っています。

支援をしてくださった方には、ささやかではありますが、その支援が子どもたちの笑顔を支えていることを実感していただけるような、リターンを用意させていただきました。


■みちくさハウスの対象

家庭環境に悩むすべての子どもたちが対象です。


■資金の使い道

みちくさハウス練馬設立のための

初期費用(敷金礼金、保証料など) 120万円

家具・家電 (テレビ、冷蔵庫、机、椅子等)25万円

消耗品 (勉強用具、食器等)10万円

その他(保険等)5万円

手数料(9%)約20万円

計180万円

みちくさハウスから、新たな興味や新たな出会いに繋がることもたくさんあります!

■プロジェクト自体の実施スケジュール

2022年7月 スタッフ打ち合わせ
2022年8月 内装・外装業者選定
2022年9月 不動産会社とのやり取り
2022年10月 物件契約開始・内装外装工事着手
2022年12月 工事完了・行政、関連団体挨拶①
2023年1月 オープン前関係者説明会
2023年2月 スタッフ研修
2023年3月 プレオープン・行政、関連団体挨拶②
2023年4月 正式オープン


■募集方式

本プロジェクトはAll or Nothing方式で実施します。


■リターン

・ 500円(高校生以下限定):お礼のメールをさせていただきます。

・ 3,000円:スタッフからのお礼のメッセージ(子どもたちの様子を含めた動画) 

・ 5,000円:スタッフからのお礼のメッセージ(子どもたちの様子を含めた動画)+みちくさハウス練馬創設記念パンフレット

・ 10,000円:スタッフからのお礼のメッセージ(子どもたちの様子を含めた動画)+みちくさハウス練馬創設記念パンフレット+みちくさハウス練馬創設記念パンフレットにお名前(法人名)掲載

・ 50,000円:スタッフからのお礼のメッセージ(子どもたちの様子を含めた動画)+みちくさハウス練馬創設記念パンフレット+みちくさハウス練馬創設記念パンフレットお名前(法人名)掲載+みちくさハウス練馬のオープン前見学会ご招待

・100,000円:スタッフからのお礼のメッセージ(子どもたちの様子を含めた動画)+みちくさハウス練馬創設記念パンフレット+みちくさハウス練馬創設記念パンフレットにお名前(法人名)掲載+みちくさハウス練馬のオープン前見学会ご招待+『NPO法人ウィーズ2022年度第7期アニュアルレポート』にお名前(会社名)を掲載



■最後に

私たちウィーズは、親の離婚・別居を経験しても自分たちの未来は自分たちの手で切り開けるようにと、多くの子ども・大人を支援してきました。

これまでも、これからも、「ひとりひとりが価値ある自分を信じられる社会」を目指してウィーズは活動を続けます。

みなさんのお力をお借りして子どもたちのヨリドコロをさらに広げていきたいです。

ご支援、どうぞよろしくお願いします。

  • 2022/05/19 13:33

    こんにちは!ウィーズ光本です。さきほど、120万円に到達し、目標の3分の2まできました…!重ねてお礼申し上げます。みなさんからの応援メッセージも全て読ませていただいております。子どもたちの笑顔、未来を願う言葉がほんとうにうれしく、同じ想いを共有できる方がこんなにもたくさんいるんだなぁと日々実感...

  • 2022/05/17 19:00

    みなさん、こんにちは。ウィーズ光本です。多くの方にご協力いただき、開始72時間で、50%達成となりました!こころよりお礼申し上げます。私は今日浜松に来ているのですが、新幹線の中で感激してしまいました( ;∀;)ありがとうございます。【ウィーズをこれまでも応援くださっている方】みなさんのお名前を...

  • 2022/05/16 07:00

    おはようございます!NPO法人ウィーズ理事長の光本歩です。今回のクラウドファンディング、早速ご支援いただいたみなさん、情報拡散してくださっているみなさん、マンスリーサポーターとして応援してくださっているみなさん、本当にありがとうございます!!開始3日で30%行かないと達成は難しい……達成しなけ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください