岡山県吉備中央町の廃校を再活用した保護ねこ施設です。
保護猫活動を「個人の善意に依存しすぎるのではなく、社会の仕組みとして救う」ことを目的としています。活動資金源として地元協力企業とのコラボでクラウドファンディングを毎月行っています。

また、ECサイト『ティアハイム小学校 購買部』https://tierheim-ps.jp/ でお買い物いただくことで、誰でも保護ねこ活動に参加できます。

毎週校舎にて「にちよう定期譲渡会」を開催しています。ぜひ遊びに来てください。




本CFに掲載されているすべての内容の権利は、ティアハイム小学校に帰属または著作権者より許諾を得て使用しています。本CFの掲載内容の一部およびすべてについて、無断で複製、転載、送信、放送、配布、貸与、翻訳、変造することは禁止致します。

▼はじめに

こんにちは、保護ねこ施設ティアハイム小学校です。

廃校リユースの保護猫シェルターである当校は、行き場の無い猫を民間から保護(入学)して、生徒として健康的に過ごしてもらいながら、次の里親さんに譲渡(卒業)する活動を行っています。

また、ボランティアさんへの負担が大きすぎる保護ねこ活動ではなく、自ら稼いで運営を回し、お世話をするスタッフにはきちんと給料が支払われる。そんな仕事として成り立つ保護ねこ施設の運営を目標にしています。

その収入源の一つとして毎月行っているのが、保護猫を応援してくださる地元企業とのコラボによるクラウドファンディング「ティア小コラボ」です。猫が大好きな皆さん、お買い物で保護猫活動にご参加をよろしくお願いします!



▼世界的バイオテクノロジー企業『バイオガイア』日本法人とのコラボ!

今回ご協力していただくのは、広島県にあるバイオガイアジャパンさん。スウェーデンに本社を構え、世界中の100地域以上で活躍しているバイオテクノロジー企業です。

以前よりペット用の口腔ケアにも力を入れていて、この5月に猫用・犬用の新商品が発売される予定です。そのペット向け製品と、既に評判の人用製品を今回のリターンとしてご用意しました。



▼歯みがきの革新!?ロイテリ菌!

バイオガイア社は特定ロイテリ菌菌株の特許や商標を保有しており、それを使った製品はすでに歯科・小児科分野で利用されています。口腔ケアの進化系として注目を浴びる、新しい歯みがきスタイルです!

歯磨剤や力を入れすぎたブラッシングは歯の表面に細かな傷を付け、プラークや雑菌が付着しやすくなります。また、マウスウォッシュ等の殺菌作用は悪玉菌と一緒に口内にいる善玉菌も殺菌してしまうため、体内の細菌バランスが崩れやすくなります。



▼化学物質ゼロ、お口を守る有益な善玉菌は育菌する!

ロイテリ菌を使ったデンタルケア製品は、酸化アルミニウム、サッカリンナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ポリエチレングリコール……といった吐き出さなくてはならないような化学物質はゼロです。水と乳酸菌だけで磨き、全てを殺菌せずに、お口を守る有益な善玉菌は育菌するので、お口の中の菌質を育み、トラブルを予防します。



▼ロイテリ菌は、母から子への想いを乗せた乳酸菌

ロイテリ菌は、ほとんどの哺乳動物に存在する乳酸菌の一種。でもなぜ哺乳動物? それは、ロイテリ菌は母乳を通じて、母親から子供に受け継がれる自然な乳酸菌だからです。「元気な子になりますように」。そんな母親の想いを乗せた乳酸菌とも言えます。

「スーパー乳酸菌」とも呼ばれるバイオガイアさんのL.ロイテリ菌は、悪玉菌を感知すると抗菌物質を作り、ビフィズス菌などの有用な常在菌はスルーするため、体内の細菌バランスを整える役割を担っています。


 

一口にロイテリ菌といっても数多くの種類があり、それぞれの種類で特性が少しずつ違うのですが、バイオガイアさんのL.ロイテリ菌は、体内細菌のバランス調整に特に有効と思われる数種類で特許を取っていて、FDA(アメリカ食品医薬品局)の安全証明であるGRASS認証も取得しています

スウェーデンのバイオガイア社は、創立当初からカロリンスカ医科大学との共同研究を続けています。現在ではバイオガイア社が特許を持つロイテリ菌に関して、日本の広島大学、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)など様々な機関で実験や臨床研究が行われています。

口から腸まで、消化管内すべてに定着するバイオガイアさんのL.ロイテリ菌ですが、口腔内に定着しやすい性質から、お口や歯茎の状態を健康的に保つことが学術的にも確認されています。つまり、飲むことで有効なデンタルケアなんです。

体に定着しやすく、副作用が無いバイオガイアさんのL.ロイテリ菌。世界中の歯医者さんや医療機関でも取り扱われ、人間の妊婦さんや乳幼児にも使われるのには、きちんと理由がありました。それは哺乳動物の歴史の流れ、母から子への連綿と受け継がれてきた健康の仕組みそのものでもあるんです。



▼ペットの歯周病、歯肉炎

歯周病は口臭の原因だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病、認知症などの病気リスクを高めたり、普段からの胃腸の調子や慢性的な体のだるさに関係していることが近年の研究で明らかになってきました。

それはペットでも同じです。

お口の中の炎症は、口腔内を悪玉菌優勢にするだけではなく、血管を通じて悪玉菌の毒素が全身に回ってしまうため、身体のあちこちのトラブルの原因に。

飼い猫の70%以上、飼い犬の80%以上が歯周病予備軍とも言われますが、ペットのお口トラブルは、人よりも放置されがち。飼い主さんが見て気付くほどの頃にはかなり進行しています。



ですが……ペットの歯磨きって難しいですよね……。




▼なめさせるだけ!ペットのお口ケア終了 

ペットのオーラルケアには、L. ロイテリ菌が含まれた数滴のリキッドを舐めさせるだけの本商品がおすすめです。手軽に与えられるので、歯磨きの苦手なペットでも大丈夫!

バイオガイアジャパン スタッフYさん宅のてんちゃんとくうちゃん。リキッド上手になめました~

きいちゃんは少し苦手のよう…そんな時は、フードやおやつに混ぜて与えてもOKです!


▼バイオガイアさんの動物保護活動

バイオガイアさんは、オレンジリボン運動や災害支援などの地域活動への取り組み、また社を挙げての動物保護へのサポート活動にも参加しておられます。

広島の動物保護団体にバイオガイア社の敷地を提供して、譲渡会を開きました。



▼バイオガイアジャパン × ティアハイム小学校

動物保護活動にも取り組まれているバイオガイアジャパンさん。

WEB担当の松井さんも、猫が大好きで譲渡会を見かけると必ず募金しているそうです。

バイオガイア社では、「ペットを含めた家族全員が悪玉菌やウイルスへの抵抗力を持つ必要がある」という考えを持ち、犬や猫のケア用品にも積極的に取り組んでおられます。その一環で、L. ロイテリ菌を活用した犬猫の健康サポートの実績を積み重ねられる場として、保護犬・保護猫の活動の支援を始められたそうです。

ティアハイム小学校のことは、L.ロイテリ菌を実際に活用されている歯科医院さんから紹介されたそうです。そして、実際に当校の飼育環境や設備を確認していただいた上で、保護ねこ活動支援としてクラウドファンディングにご参加くださいました。

猫好きによる、猫のための、人の健康にも優しいクラウドファンディング。販売利益のすべてがティアハイム小学校の運営費になり、保護猫たちのために使われます。

猫もワンコも、ご家族の健康が気になる皆さんにご協力いただけましたら嬉しいです!



▼リターン品紹介

猫用 BioGaia Nyan's Drops
プロバイオティクスリキッド10mL(無味無臭)

犬用 BioGaia Wan's Drops
プロバイオティクスリキッド10mL(ミント味)

使い方はリキッドを数滴なめさせるだけ。とっても簡単です。

L.reuteri DSM 17938菌株と口腔由来のL.reuteri ATCC PTA5289菌株の2種類のL.ロイテリ菌を生きたまま配合。この2種類のL.ロイテリ菌は口内の悪玉菌と健康をコントロールし、全身の健康維持に寄与します。

飼主さん用 プロデンティス ブラシ プロやさしく徹底的に磨ける歯ブラシと、2菌株配合リキッドで、満足できる爽快感を。

菌質をコントロールする「L. ロイテリ菌DSM 17938株」に加えて口内環境を整える「L. ロイテリ菌ATCC PTA 5289株」の2菌株を配合。オーラルプロバイオティクスとしての有効性が学術的に証明されている2つのロイテリ菌が口内のトラブル予防や健康維持をサポートします。

オリジナルロイ君コンパクトミラー

当校のレジェンド猫さん、「ロイ君」のいつでも携帯できる鏡を作りました!(今回のリターン専用に作成したグッズで、ここでしか入手できません!)
【サイズ】φ74×D4mm【材質】ミラー/ABS・ガラス、 ケース/ポリエステル

※上の写真は合成によるサンプルイメージになります。実際は少し異なる場合があります。


ティアハイム小学校は、岡山県吉備中央町の高原にある保護ねこシェルターです。2019年の設立以来、行き場の無い猫を民間から保護し、次の里親様の「ずっとのおうち」へと繋げる活動をしています。

使われなくなった廃校を保護ねこ施設として再活用。広い敷地と耐震性を活かして、現在は40匹前後の猫を保護しています。猫達は教室でのびのび過ごし、毎週日曜の譲渡会も本校の教室で行われるため、普段の生活通りの猫たちを見たり、一緒に遊んだり、撫でたりできます。専属の獣医さんが毎週往診にきて、猫たちの健康診断を行い、保健室では簡単な手術も行えます。

猫を一度飼ったからには、最期まで責任をもって飼うことが動物愛護法で定められています。私たちもそれを遵守して欲しいと思っています。ですが、突然長期入院することになった、飼い主さんが亡くなり親族は猫を飼えない、そんな事情は誰にでも起こり得ます。ティアハイム小学校は、そんな猫たちを保護し、次の家族に繋げる活動を行っています。
[単身世帯、ご高齢世帯での飼育が増えてきています]

●ECサイト『購買部』の運営

私たちは購買部という通販部を立ち上げており、グッズなどの販売をすることで、できるだけ自力で稼ぐ保護施設を目指しています。ご支援者の皆様は、コーヒーやオリジナルグッズ、猫砂などのお買い物をすることで保護猫活動に参加できます。いずれは販売の力だけで施設を回す(猫たちを健康的に保護して、未来へと繋げ、お世話するスタッフの給料も賄える)ことを目指して活動しています。施設の継続性=きちんと商売として成り立って猫もスタッフもそれで生活ができること、という考えによるものです。

●クラウドファンディング『ティア小コラボ 』

ティア小の保護猫の暮らしと未来を紡ぐために、近隣企業やお店に協賛していただいて、逸品や名産をリターンにクラウドファンディングを行っています。

岡山の美味しいお酒とお米で、保護ねこ施設をご支援ください!(丸本酒造様)
スペシャルティコーヒーとお菓子で、保護ねこ施設をご支援ください!(キノシタショウテン様)
保護猫たちに未来を! 絶品洋菓子をリターンに、保護ねこ施設をご支援ください!(パティスリーアンフルール様)



▼お買い物で保護ねこ活動に参加 という選択肢

ティアハイム小学校の猫たちは、 

・譲渡時および引き取り要請時の、飼養一部ご負担金
・通販サイト『購買部』での売り上げ
・協賛企業から物品のご寄付
・不定期の善意のご寄付
・クラウドファンディングでのご支援金

によって支えられております。

これまで保護活動といえば、ボランティアさんたちの負担があまりにも大きく、各々が無理をしながら気持ちで維持されている現状がありました。ティア小は、そんな実状に一石を投じたい。という想いがあります。

自ら運転資金を稼ぎ、猫たちの健康な生活を支え、お世話をするスタッフには給与が支払われる

そんな「当たり前」を、ずっと続けられるようになることを目指しています。

「保護ねこたちのこと...気になっているけど、自分ひとりで飼える頭数は限られているし、ボランティア参加することは現実的に難しい…。」

「保護ねこ活動に関心はあるけれど、まず何をしたら良いかわからない」

これは実際に私たちも思っていたことです。そして、これまでの活動を通して、同じように感じている人は少なくないのだと確信しています。 そんな思いを持つ皆様、「お買い物で保護ねこ活動参加」という形でティア小に託してみませんか?  


▼このクラウドファンディングで実現したいこと

★ ティア小コラボを継続的に行うことで、保護猫活動資金を集める方法の一つとしたい
★ 行き場を失った猫たちを保護し、里親様に繋げる活動を、皆様と共に継続していきたい



▼ 応援メッセージ

バイオガイアジャパン WEB担当 松井さん

愛猫アメちゃんティアハイム小学校は、「猫にとって科学的・医学的に正しい健康的な生活」を提供するというバイオガイアのビジョンを共有できると考え、微力ながら支援させていただくことになりました。

私自身猫が大好きで、14年前に知人が保護した猫、アメちゃんの里親となり、ずっと共に暮らし、昨年永眠しました。また機会をみて猫の里親になりたいと思っていますが、個人の方からの譲渡はなかなか良いタイミングで出会いがありませんし、譲渡会は団体の数が多く、どの譲渡会に行けばよいのか選びにくいと思っていました。

広く清潔で、医療設備も整ったティアハイム小学校の猫なら、猫の健康状態もしっかりと把握できて安心できると感じます。

街で譲渡会を見かけると必ず募金していましたが、最近のコロナ禍で外に出る機会も減り、譲渡会の数も減ったように思います。そんな中、このような形で保護猫支援に関わることができ、嬉しく思っています。

ペットを含むご家族みなさんの健康維持をサポートする、L.ロイテリ菌を活用したデンタルケアを是非お試しいただきたいのと共に、 このクラウドファンディングでの支援は、ティアハイム小学校のたくさんの猫たちの卒業までを支えることができます。ご参加を何卒よろしくお願い申し上げます。


▼ 資金の使い道

今回のプロジェクトで得た資金は必要経費を除き、すべてが保護ねこ施設ティアハイム小学校の施設運営費になります。  必要経費とは、商品原価、梱包・配送料、プラットフォームへの手数料9%(税別)とプロジェクト告知用広告費等を指します。施設運営費とは、猫たちのご飯、医療費、トイレグッズなどの生活用品、光熱費、そしてスタッフの給料を指します。 

医療費につきましては、入学時にまず健康診断、必要な子にはノミダニ、検便、FIV/FeLV検査、ワクチン、清拭費用などがかかり、後日、必要な子には不妊手術を受けてもらいます。別途、治療や投薬などが必要な場合はプラスαとなります。  

目標額は30万円としておりますが、実際に保護ねこのために使える額はその40%前後ですので、短期間の飼養費分となります。この活動をずっと続けていけるよう、多くの方からのご参加をお待ちしております。



▼ 実施スケジュール

2022年 5月 プロジェクトスタート
2022年 6月 3日 プロジェクト終了
2022年 7月~ リターン発送開始 順次お届けしていきます。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



▼ 最後に

お陰様で、過去3回のクラウドファンディングは非常に多くの皆さんにご参加いただきました。

この「ティア小コラボ」、プロジェクトを始めるにあたり最初は「同じ目的のクラウドファンディングを毎月行うなんて、好意的に受け入れてもらえないのではないか?」と不安を持っていました。しかし、結果たくさんの方がご参加してくださり、ご賛同メッセージが届きました。プラットフォームのスタッフさんからも、「いつもプロジェクトに注目しています」「個人的にも応援しています」というお言葉をいただきました。

「お買い物で保護ねこ活動に参加する」、「全国の猫を愛するみんなで力合わせて保護猫を助けていく」。このアイデアに、こんなにもたくさんの方がご関心をお寄せくださったのは本当に嬉しいことです。この収益は、保護猫たちのご飯・日用品・暖房費・そしてずっとのおうちを見つけるための譲渡会費用として大切に使わせていただくことをお約束いたします。

ご自身のSNSでご友人に広めてくださっている方々も、感謝の念に堪えません。保護猫活動は「大勢の皆様のご参加」がなければ到底続けることができません。

同時に、誰か特定の人だけが膨大な犠牲を払うということが無くなってほしいという願いから、購買部およびクラウドファンディングの継続開催を行っています。

動物愛護法には「終生飼養の義務」がうたわれています。終生飼養とは、ずっと大切に育てること。皆さんは、そんなの当たり前だとお思いになると思います。私たちも同じ気持ちですし、すべての猫が家族に愛されながら生涯をまっとうできることを願っています。

ですが、やむを得ない事情で一緒に暮らせなくなるケースは、無くなることがありません。飼い主さんが事故に遭ってしまう、病気になって長期入院してしまう、自然災害で家に住めなくなってしまう、そんな避けようのない事情は、「終生飼養の義務」とは無関係に、これからも起き続けます。

私たちティアハイム小学校は、そんな止むを得ない事情で行き場を無くした猫を優先的に保護して、次の飼い主さんに繋げる活動をしています。

人のやむを得ない事情によって生まれてしまった保護猫問題を、猫が大好きな皆さんにお買い物で参加していただきながら解決に繋げたい。それが私たちの思いです。 


皆様のご参加を心よりお待ちしております。 


  • 2022/06/24 15:49

    こんにちは、ティアハイム小学校です!『なめさせるだけの、L.ロイテリ菌デンタルケア』 で、当校の保護猫活動にご参加いただきまして、誠にありがとうございます!本日、ノベルティの「ロイ君コンパクトミラー」が届いたのでご報告いたします。つやつやシルバーの裏面にロイ君がかわいい^^手のひらサイズでカバ...

  • 2022/06/13 13:58

    こんにちは、保護ねこ施設ティアハイム小学校です!以前はティア小のプロジェクトにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。このたび新プロジェクトを開催しましたので、お知らせいたします。★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡贅沢ドライフルーツと紅茶をリターンに保護...

  • 2022/06/06 14:55

    こんにちは、保護ねこ施設ティアハイム小学校です!皆さま、『なめさせるだけの、L.ロイテリ菌デンタルケア【保護ねこ支援プロジェクト】』にご参加いただきまして、誠にありがとうございます!開催期間が終了し、支援者数 49名様支援総額 408,000円ものご支援を皆さまより賜りました。当校のねこ達に代...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください