はじめまして
lightupcoffee です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト

LIGHT UP COFFEEは吉祥寺に1店舗を持つ自家焙煎コーヒーショップ。農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手による素材の味を楽しむ新しいコーヒー文化をお伝えしています。


2022/6/11 20:00追記

皆様のあたたかいご支援により、スタートから24時間以内に100万円を、そして4日間で300万円を達成いたしました!心より感謝申し上げます。

さらに目標に近づくため、ストレッチゴールとして500万円を設定します!



こんにちは、LIGHT UP COFFEEの川野優馬と申します。

私たちは「おいしいコーヒーで毎日を明るく照らす」というコンセプトのもとに、LIGHT UP COFFEEというコーヒーショップを、東京の下北沢と吉祥寺にて運営しております。


生産者、精製方法、品種ごとなどに細かくロット分けされ、生産工程それぞれに意思を持って作られた”シングルオリジンコーヒー”の中でも「おいしい」「違いが面白い」と感じてもらえるようなコーヒー豆だけを世界中から仕入れ、店舗とオンラインストアにてお届けしています。「生産者も消費者も豊かになるサイクルを作りたい」という思いで、オープンから8年、とにかく美味しさと向き合ってきました。


朝の一杯、仕事中、家に帰ってのひとやすみ。コーヒーが美味しいことで、きっとその人の一日は少し明るく感じられるようになり、人生が豊かになると信じています。


そんな美味しいシングルオリジンコーヒーを、もっと多くの方に、さらに記憶に残る体験としてお届けしたいという思いから、この度新たに焙煎所 兼コーヒーショップをつくることを決意しました。



2020年の初め時点で、私たちは4店舗を運営していました。吉祥寺店、下北沢店に加え、京都店と渋谷PARCO店。

もともとは、オフライン(リアル)の場を「コーヒーが好きになる体験を気軽にできる場所」として位置付け、コーヒーの魅力を伝えられる接点をさらに増やしていこうと意気込んでいたのですが、その真っ只中でコロナがやってきました。

世の中の飲食は店舗から自宅へと一気に体験の場をシフトし、おうち時間にドリップコーヒーを楽しむ方も世界中で一気に増加しました。



一方で、はじめて東京で緊急事態宣言が出た頃から、家で美味しいコーヒーを楽しみたい、淹れたいという方も増えてきて、私たちはコーヒー豆のオンライン販売に注力するようになっていきました。



豆のオンライン販売に加え、エスプレッソを急速冷凍して真空化した「エスプレッソキューブ」を新商品として開発したり、ティーバッグ式の「コーヒーバッグ」や、コーヒーを使った冷凍のお菓子など、幅広く楽しめる気軽なコーヒー商品をつくり販売を進めてきました。

また、月額制のサブスクである「コーヒー豆の定期便」でも毎月3種類のシングルオリジンをお届けするようにし、より多くの方に加入していただくようになりました。



そんな中迎えた2022年、ついに現在の焙煎機における月間焙煎量の上限を迎えてしまいました。

有り難いことではありますが、焙煎量の限界によって、注力してきたコーヒー豆の定期便の加入者数もこれ以上増やせない状態です。

もっと多くの方々に私たちのコーヒーを届け、明るい毎日をつくるお手伝いをしていくため、そして、もっと多くの生産者から豆を仕入れ、生産者も消費者も豊かになるサイクルを作るために、私たちにはより大きなサイズの焙煎機が必要です。そして、その設置をするための場所が必要です。


ぜひ、この焙煎所づくりに関わっていただけないでしょうか。



今回のプロジェクトで実現したいことを具体的にご説明いたします。


大型焙煎機の設置場所としては、ある程度広い空間が必要となります。

目標は、我々の他店舗とも近い世田谷区内にて物件を見つけ、半分を焙煎所・半分をコーヒーショップにし、目の前で焙煎している様子を見ながらコーヒーを楽しめる空間を、2022年後半に作ることを考えています。


購入したい焙煎機は、Probat社の22kg焙煎機 “UG22”。
※世界的な需要により、実際に購入できる焙煎機とは異なる可能性もございます

店舗奥にどかんと設置し、同じ空間内でトン単位の生豆の保管、焙煎、品質管理のテイスティングも行えるように。今以上に豆の個性が心地よく感じられる高品質な焙煎を目指します。

そして残り半分はコーヒーショップにします。ハンドドリップ、エスプレッソメニューに加え、手づくりの焼き菓子をご提供。より多くの人に美味しいコーヒーのある時間をゆったりと過ごしていただけるような空間にしたいと考えています。


生豆から焙煎する様子など、コーヒーの仕事の裏側も見ていただける形にし、ドリップセミナーやカッピングセミナー、焙煎所ツアーや定期的なテイスティング会など、コーヒーをより楽しんでもらえるような体験もつくっていきます。


・物件選び:吉祥寺店の2倍〜3倍ほどの広さの物件で客席は10席程度、世田谷区内を想定しています。

・焙煎機の購入:Probat社の22kg焙煎機 “UG22”を購入します。

・焙煎機の設置:焙煎機は設置のために大掛かりな工事が必要となります。アフターバーナーと呼ばれる消煙装置を接続し、ダクトを繋ぎ込み、煙突を設置することになります。

・内装工事:シンプルにコーヒーを楽しめるカフェ スペース、コーヒーに集中できる焙煎スペースを、お付き合いのあるデザイナーさんと一緒にコンセプトを議論し、デザインを依頼して内装を仕上げていきます。

以上を経て、2022年中を目標にオープンしたいと計画しております。


次のようなスケジュールを目標にこのプロジェクトを進めていきます。

2022年6月 クラウドファンディング終了

2022年9月 物件契約、焙煎機の購入

2022年10月 内装工事

2022月11月 新店舗オープン

2022年8月〜 リターン発送


このプロジェクトの支援金は、焙煎所の焙煎機購入資金の一部に70%、内装工事費用に30%を活用させていただく予定です。



焙煎所プロジェクト限定のゲイシャ種のコーヒーや、オリジナルマグ、限定の焙煎セミナー、バリスタトレーニング、代表川野がお話しさせていただくリターンなど、このクラウドファンディングだけのリターンをたっぷりご用意させていただきました!

・代表川野からの直筆お礼メッセージ

・FLORIPONDIO GEISHA - BOLIVIA 150g

・オンラインドリップセミナー

・【早割】オンラインストアで使えるギフト券 1,000円分×5枚セット

・オンラインストアで使えるギフト券 1,000円分×5枚セット

・【早割】オンラインストアで使えるギフト券 1,000円分×10枚セット

・オンラインストアで使えるギフト券 1,000円分×10枚セット

・ICED LATTE SYRUP3本セット(ギフトボックス入り)

・オリジナルマグ+コーヒーバッグ15個のセット

・オリジナルマグ+FLORIPONDIO GEISHA - BOLIVIA 150gのセット

・LIGHT UP COFFEE全店舗で使えるコーヒーチケット20杯分

・コーヒー豆150g×3種類を3ヶ月お届け

・コーヒー豆150g×3種類を6ヶ月お届け

・コーヒー豆150g×3種類を12ヶ月お届け

・オンラインビーンズチケット 1,000円分×15枚セット

・LIGHT UP COFFEE代表 川野と30分トーク権

・マンツーマンコーヒートレーニング(3時間)

・焙煎ワークショップ・初級(2時間)

・焙煎ワークショップ・上級(3時間)

・オリジナルデザイン コーヒーバッグ200個

・オリジナルデザイン コーヒーバッグ500個

・VIP PASS

※原材料及び添加物等の食品表示はお届け商品のラベルに表記されます




コンセプト

LIGHT UP COFFEEは2014年に吉祥寺ではじまりました。

「おいしいコーヒーで、 毎日を明るく照らす(ライトアップする)」をコンセプトに、個性あふれるコーヒーを焙煎し、日常に根付くようお届けしています。

私たちが仕入れているコーヒーは「シングルオリジンコーヒー」と呼ばれる、生産者ごとに分けて混ぜずに仕入れたコーヒー。分けて仕入れるからこそ生産の違いがダイレクトに伝わり、伝わるからこそ生産者は環境や品種、精製に工夫や努力をし、美味しさに応じた対価が生産者にわたるコーヒーです。

私たちは農作物として生産者ごとのシングルオリジンコーヒーを扱い、産地や作り手ごとの個性の違いを楽しむコーヒー文化を発信しています。



軽やかで優しく日常に馴染むコーヒー

豆ごとの個性を鮮やかに引き出しつつ、明日も飲みたいと思えるような心地よいバランス。私たちはこの矛盾する2つを同時に成り立たせることを、仕入れと焙煎の目指すところとしています。透明感があり豆ごとの違いが明確で、冷めても甘さが持続するような焙煎を意識しています。




取り組み

吉祥寺店、下北沢店でのコーヒー提供の他、コーヒーの魅力を伝えるために様々な取り組みを行ってきました。

2016年からはアジアのコーヒー農園の支援を行い、クラウドファンディングの後、インドネシア・バリ島とベトナム・ダラットにて精製所をつくり、現地の生産者と一緒にコーヒー生産に取り組んでいます。同じアジアのコーヒー消費国として「アジア産のコーヒーを最大限感動あるものにしたい」という思いで、バリ島に精製所を建設し、収穫期には泊まり込みで精製レシピや生産の研究を行いました。生産地でのツアーや、コーヒー農園のオーナー制度なども行ってきました。

気軽に美味しいコーヒーを楽しめる体験を作ろうと、エスプレッソを急速冷凍し真空化した「エスプレッソキューブ」、「ティラミス」や「コーヒーシュトーレン」などのコーヒーにまつわるスイーツ、「コーヒーコーラ」など常にさまざまな新商品も考えて発売してきました。特にコロナ渦では、こうしたオンライン商品のおかげで多くの方にコーヒーの魅力を伝えられる機会になったと思います。

他にも、コーヒーのオンラインスクールコミュニティ”COFFEE SCHOOL”や、最大で年間300回にも及ぶ店舗でのコーヒーセミナー、エスプレッソの出し殻を使ったクラフトジンの開発など、少しでも私たちのコーヒーを楽しむ方が増えるように、日常接点をつくりつづけています。

 


Instagram:@lightupcoffee

Twitter:@lightupcoffee






コーヒーが持つわくわく、おいしいコーヒーがある時間の楽しさを、私たちはできる限り多くの方に届けたい、そう思っています。

僕自身最初はコーヒーが苦くて飲めなくて、大学生の頃にカフェを巡っている中で浅煎りのシングルオリジンコーヒーにたまたま出会い、その果実味と透明感で一気に心を奪われ、興味のままにコーヒーを追求して気付いたらお店を出すに到っていました。

いろんな個性豊かなコーヒーを飲んでいる中で、ワインや日本酒、そしてレストランの料理など、飲食の面白さに気付いていき、さらには自然やキャンプなど、五感に触れるものやリアルの体験全体に興味が広がっていきました。コーヒーという存在が、人生の楽しさの幅を広げてくれて、そして今という時間や感覚を楽しむ意識を与えてくれました。

そんな風にして、日常的な美味しいコーヒーが、みんなの毎日を楽しいものにするきっかけになったら嬉しいですし、コーヒーにはそんな力が大いにあると感じています。

この新焙煎所プロジェクトは、LIGHT UP COFFEEの8年の中で最も大きな一歩ですし、僕の人生、私たちメンバーの思いをかけた大仕事になります。

産地から直接コーヒーを仕入れて、まだ取り扱ってこなかったコーヒーや、飲む機会の少なかった農家さんの素晴らしいコーヒーをもっと届けられるように。美味しいコーヒーをもっともっと気軽に楽しめるように。

私たちの思いを込めたチャレンジをぜひご支援お願いいたします。

 

LIGHT UP COFFEE 代表 川野優馬

大学在学中にコーヒーの魅力に取り憑かれ、2012年ラテアート全国大会で優勝。その後シングルオリジンコーヒーと出会い自家焙煎をはじめ、おいしいコーヒーで世界を明るくする「LIGHT UP COFFEE」を吉祥寺にオープン。店舗を経営する傍ら、株式会社リクルートホールディングスに就職しUXデザイナーとして1年半勤務した後、株式会社ライトアップコーヒーを設立、京都店、下北沢店をオープン。経営者兼バリスタとして働く。アジアのコーヒーをおいしくしようと、バリ島やベトナムでコーヒー生産も行っている。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/28 19:49

    こんにちは、LIGHT UP COFFEE代表の川野優馬です。500名近くの方にご支援いただき、目標達成率も400%を超えました!本当にたくさんの方に応援して頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。クラウドファンディング終了まで残り1日。より多くの方に美味しいコーヒー体験を届けるための最高の焙煎所を...

  • 2022/06/22 19:59

    いよいよあと7日!こんにちは、LIGHT UP COFFEEです。いよいよ、クラウドファンディング終了まで残り7日となりました。皆様の暖かいご支援を賜り、開始から12時間で最初の目標金額を100%達成し、4日目で300%を達成いたしました!ここまでご支援いただきました皆様に、心より感謝申し上げ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください