北九州市若松区にある『北九州平和資料館』で管理人をしている小松芳子と申します。
このプロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。


『北九州平和資料館』は、8月に閉館することになっています。(8月25日に閉館しました。)

閉館が決まってから、一人でも多くの人に来館してもらえるようにと、様々な活動(後述)をしてきました。そのたびに、来館してくださった方々の「資料館を残せないんですか。」の訴えや、平和への強い思いを受け、「私に資料館を受け継げないかなぁ。」と悩んでいました。

そんな中で始まったのが、ロシアによるウクライナ侵攻でした。

破壊される町の様子、怯え逃げ惑う人々の姿が脳裏から離れず、胸が苦しくて仕方ありません。

「戦争を知らない人が増えると、また、戦争が起きる」

という悲惨な戦争を体験された方の言葉が脳裏を過ります。

「戦争を伝える場所を残さなくては。」

と、自分で資料室を開くことを決意しました。

①手に取って触れて感じることができる展示を受け継ぐ

北九州平和資料館』は、「戦争を忘れず、平和な社会を守ってほしい」という強い願いを持つ戦争・戦時体験者が中心になって開設した私設の資料館です。戦争中の物や寄贈された遺品などが、手に取って見ることができる状態で、展示してあります。展示されている戦争遺品

手に触れることで、見るだけでは気付かない発見があります。来館児童の様子を伝える保護者からの連絡

「感想ノート」より 来館者の様子から、「触れる」ことで想像が広がるなど、理解が深まることが分かります。だから、資料の修理、保存方法などを学びながら、引き継ぎたいと思います。


②想像しながら、戦争での真実を知ることができる展示の工夫をする~子ども達にも分かるように~

平和を築き、守るためには、戦争で起きた事実(加害・被害を問わず)を知り、そこに生きた(る)人々の立場で想像することが必要だと考えています。

戦争での出来事を「自分ごと」として捉えることが、本気で戦争をなくす方法を考えることにつながる。具体的な行動につながる。

自分自身の体験から、そう考えています。

戦争で起きた事実を加害・被害の両面から知る

昨年夏、小学校の先生が来館されました。若い方でした。
「知らないことばかりで、もっと勉強しないといけないと思いました。」
とおっしゃっていました。
それから2週間ほどして、また、来館されました。
憲兵さんの言葉が忘れられなくてまた来ました。『先生』という仕事の責任をすごく感じています。
と、しばらく憲兵の軍服の前で佇んでおられました。

憲兵の軍服と証言

「あ~。こんなことあったんだな。」で終わるのではなく、そこに生きた人のことを想像できるような展示の工夫を続けたいと考えています。

そこで、「本物に触れる」ことに加え、戦場・戦時体験者の証言や写真を展示したり、DVDで見られるようにしたいと考えています。

また、現在ある年表や書籍資料に加え、絵本や漫画を置くなど、説明も含めて子ども達にも分かりやすい展示を心がけたいと思います。


③「平和のための学習会」を続ける

小学生の子どもをもつ教え子に声をかけ、「平和のための親子学習会」を始めました。

「戦争」について学ぶ その際、「下の子を連れて行ってもいいですか?」と、教え子の声。自分が子育てをしていた頃のことを思い出しました。

「学びたい」と思っても、子どもがいるからと我慢していました。

私と同じように、「学ぶ事を我慢している」親御さんが多いのではないかと思い 、 急遽、我が娘に、小さい子のお世話をお願いしました。

学習会当日。
戦争の悲惨さなどを真剣に学んでいる資料室の外では、元気なちびっ子たちの声が聞こえ、平和の有難さを実感しながらの学習会になりました。

まずは、仲よくなろう!(コミュニケーションゲーム) 「平和」を守るためにどんなことを大切にしたい? 

 3月に始めて7月まで、月に2回のペースで学習会を続けました。

憲法記念日前には憲法の学習。沖縄慰霊の日前には沖縄の学習。というように、内容は多岐に渡りました。(→ホームページのブログ

戦争中の子ども達を「日本国憲法」で助けよう
未来は、今、つくられる!子ども達の未来のために、力を尽くせるのは、今の大人!
だから、
子育て中の方々が真剣に考えられるような「学べる環境」をつくりたいと思っています。

学習会に参加した大人の方の感想

最後の学習会終了後の子どもの感想 最後の学習会終了後の大人の感想

参加者の感想

参加者の感想  

さらに、「学校の先生向けの学習会もしました。

「『平和学習』をしたいんだけど、どうやっていいか分からない。」
という若い先生の声を聞き、何か役に立てればと思って、開いてみました。

といっても、「親子学習会」でしていることをやりながら、少し説明を加える程度でしたが。

先生向けの学習会
参加した先生方の感想より

 

参加した先生方の感想平和をつなぐには、教育が大事! 

豊かに感じることができる子どものうちに、感じながら学ぶことができるような手助けになれればと思っています。

 

④「平和」(「人権」「環境」)について自由に語る場所にする

語り部の会」を開いた時のこと。

祖父の『二重被爆』の体験を語る原田小鈴さんを迎えて 

語り部のお話を終えて、参加者に向けて、質問や感想などをお願いしました。

「ほとんど発言する人はいないだろう」という予想に反し、次々と手が上がりました。

その時の感想には、

私がこれまで参加したどの講演会よりもよかったです。サイコーでした!
「今日は、参加した人の意見もたくさん聞けてよかったです。このような機会をまた作ってほしいです。」

のように、多くの人が、「意見を聴きたい」「みんなで話がしたい」という思いをもっていることが伝わるものばかりでした。

20名くらいの少ない参加者だからこそ、初対面にも関わらず、ざっくばらんに話ができたのではないかと思います。

新しい資料室でも、このような「語り合う場」を作りたいと考えています。

 

⑤「平和」「地球」「いのち」「人間」のすばらしさを感じられる活動をする

ようやく見つけた場所は、自然に囲まれた場所です。
一度には無理ですが、を作って、を飼いたいと考えています。

訪れた方と野菜の収穫を楽しんだり、鶏の生んでくれた卵で作ったお菓子を食べながら、おしゃべり(平和について?身近なことでも何でも)したりしたいです。

資料室に来たら、平和を感じることができます。」
と学習会に参加してくれていた小学生が、感想に書いてくれていました。
思いきり戦争の悲惨さを学んで、思いきり平和のすばらしさを感じられる、そんな場所にできたらと思っています。


子ども達には、「平和」のことを考えると同時に、「地球環境」のことも考えられるようになってほしいと願っています。「地球」があって、私たちは生きていける。もっと言えば、地球の健康を保てなければ、私たち生物の命も脅かされるーーー「平和」も「人権」も大切にできなくなるーーー


学習会で毎回見せていたスライド

 

 

 

いのちのたくましさ

 

 最後の学習会で「詩音屋まささん」に歌を歌ってもらいました。悲しみや怒りがこもった歌の時は、真剣な表情で。

戦争の写真に合わせてまささんの歌「地球のさけび」が流れる…真剣な表情の参加者


  楽しい歌の時は、笑顔で自由に。


まささんが歌う「ピースLOVE友だちになろう」に乗せて自由に表現する子ども達 

 子ども達が心で感じていることが伝わってきました。


人間って、すてきだなぁ~。」

やはり、人は、戦うため、憎み合うために生まれてきたのではないと思います。

「ことば」だけでなく、「音楽」や「絵」…
自分らしく自由に表現することを楽しめる場所にもできたらいいなぁ。と考えています。

 

まずは、まささんの手を借りながら、参加型のライブイベントを企画したいです。

 

平和をつなぐためには、教育が大事!
豊かに感じられる子ども達のことを思い描きながら、活動を考えていきたいと思います。

こうして、「平和」や「環境」を守るために行動できる人を増やし、
どんな人も、幸せを感じながら生きられる未来を築いてほしい
と願っています。


藤井さん

びっくりですね‼️プロジェクトに向けて全力で進んでいるこまっちゃん!北九州平和資料館から新たな芽が出てその芽が成長してまた新たな広がりを生む🌱平和は守られないといけないものです。でも受動的なものではないのですね。このプロジェクトはそのことを実感し実現できる。行動できる人を増やすことがこの地球を守ることに繋がっているのですね。

 
落合さん

若松の平和資料館に初めて行った時、小四だった息子が実際に使われていた鉄かぶとを被り、リュックを背負わせてもらいました。兵隊さんはこんな重たいものを持って戦っていたのかと肌で感じることができました。それから、息子の中で兵隊さんはどんな気持ちだったのか?どうして戦争は起こったのか?どのように暮らしていたのか?たくさんの「ど」が溢れ、疑問や興味が出てきました。反対に「お母さん、なんで?」の質問に上手く答えられない自分もいました。こまさんから、学習会開催のお誘いをうけた時には、ぜひっ、参加したい!と思いました。学習会をしたあと、平和ってこんなことかな?と親子でよく会話をするようになりました。学校で友だちと会って遊ぶこと、家族で美味しいご飯を食べていること、などなど。当たり前のことを平和だと感じられようになったのは、平和資料館で学んだからだと思います。学習会で「未来ある今の子ども達が銃をもつことのないように。。」のこまさんの言葉が頭から離れません。触って、感じ、学ぼうとする力が溢れてきた資料館がなくなるのは、ほんとにもったいない!!たくさんの人にそれを感じて欲しいです。まだまだ、私達は学ぶことがたくさんあると思います。忘れないように学び続けることが大切だと思うのです。それは、子どもだけでなく、大人も同じです。その場所を引き継ごうとしているこまさんを全力で応援したいです。どうか、皆さんも力を貸してください!

高田さん

 「手に触れることができる資料館」のすごさは、体感です。
焼夷弾、手りゅう弾の冷たくて重い感じ。軍服のごわごわした感じ。
「これで戦争したの?」と思う質素な持ち物、等々。
見たことのある「戦争」の画像や映像の印象が一変します。
そして、何気ない日常が平和であることを実感します。

こまさんの親子学習会にも、参加してきました。
平和が壊れていく過程、戦争では加害、被害の立場が複雑に絡むこと、
平和憲法について、平和のために尽力した人々について、等々。

息子が一番心に残ったことは、「僕たちは微力だけど、無力じゃない。」とのこと。
子どもは未来志向であることを、こまさんはよく分かっています。
「平和の種」、受け取りました!

この学びの場を引き継ぐ決意をしたこまさん。
私自身も少しでも力になれたら、これからも一緒に学んでいけたら、と思っています。

また、このクラウドファンディングを通して、多くの方々にこの資料館を知ってもらい、
「平和」や「環境」を考えるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

目標達成に向け、さらに支援の輪が広がっていきますように!

応援しています!


土地購入費(一部)1,000,000円

車椅子が通れる施設整備費 約500,000円

防犯カメラ設置費 約500,000円

建築資材・設備品購入費 約400,000円

リフォーム代 約1,000,000円

リターンにかかる費用 約200,000円 

クラウドファンディング手数料 約400,000円


ープロジェクト自体の実施スケジュールー
8月中旬 学習室のリフォーム

8月下旬 資料移転

9月~ 資料室リフォーム開始

12月~ 順次リターン発送

6月 新資料室オープン


「北九州平和資料館」の手伝いを始めてしばらくして、子ども達にも来てほしくて、キャラクターを考えて作りました。TICo(ティコ)と言います。

T(Truth…真実)I(Image…想像する)Co(Consider…よく考える)という深い(笑)意味があります。
「戦争の真実を知って想像してよく考えることが平和を守る力になる」
という願いが込められています。イメージは、兵士の魂です。

学習会に参加してくれたお子さんが喜んでくれたということもあり、このたび、リターンを考える中で、TICoをデザイン化しました。


TICoが載ったリターンを考えています。

●鉛筆
●付箋紙
●一筆箋

また、元「北九州平和資料館」館長(平和資料館をつくる会事務局長)の小野逸郎さんが中心になって執筆出版した
●『ガイドブック北九州の戦争遺跡』
●ガイド付「戦跡めぐり」(ガイドは、小野逸郎さん)

若松出身のイラストレーターの山福朱実さんの
●木版画作品ポストカード『戦争はもうイヤだ』
●木版画作品ポストカード5枚セット『草がざわめいて』
●本プロジェクトのためのオリジナル木版画作品

などを考えています。

<山福朱実さんのプロフィール>
イラストレーター、版画家、絵本作家。
北九州市若松区の小さな印刷屋に生まれる。
1986年よりイラストレーターとなり、現在は木版画を中心に活動。
絵本に『ヤマネコ毛布』(復刊ドットコム)、『ぐるうんぐるん』(農文協)、『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明/架空社)、『きたかぜとたいよう』(蜂飼耳/岩崎書店)など、物語の挿絵に『水はみどろの宮』(石牟礼道子/福音館書店)などがある。
2017年に関東から北九州へUターン。生家である山福印刷の工場をアトリエ『樹の実工房』とし、装丁・挿画、個展やグループ展への参加、ギタリスト・末森樹氏とデュオでのライブ活動も行っている。
公式HP https://nekoyanagioffice.wixsite.com/kinomikoubou


未来を生きるのは子ども達。

その子ども達が大人になった時に「戦争」が日常になっていたら大変です。

「そんなことあるわけない。」

と、胸を張って言えない社会情勢…。

大人が努力しなければ、「平和」な日常を子ども達につないであげられないかもしれません。

「お願いだから、『平和』をつないで!」

と願う子ども達の気持ちも受け止めたいと思い、500円からの支援額を設定しました。 

 子ども、大人。年齢問わず、「『戦争を忘れず、平和の大切さを感じ、平和な世界にするためにできることを考える場所』として、資料館を引き継いでほしい」と思われた方。応援したいと思われた方。

その気持ちを受け取って、プロジェクト実現のために精一杯の努力をしたいと思っています。

支援者500人。目指しています。どうぞ、よろしくお願いします。

私が作った(機械音痴なんですが)「北九州平和資料館」のホームページもご覧ください。


閉館を検討する話合いのたびに、自問してきました。

このまま終わらせていいの?残さなくていいの?

戦場戦時体験者のこと、平和を守るためにと活動されてきた方々のこと…多くの方々の姿が浮かんできます。

そんな方々の努力があって、これまで平和が守られてきたのだと、改めて思います。
自分の生き方を変えたのは、そんな方々との出会いであったこと。「戦争」を知ることであったこと。

いろいろなことを思い出しながら、確認している自分がいました。

大切にしたい』という思いと、『自分には荷が重すぎ』という気持ちとの狭間で、このことを考えると涙が込み上げてくるような、そんな日々を送っていました。


そんな中、ロシアによるウクライナ侵攻が始まりました。

破壊される町の様子、怯え逃げ惑う人々の姿、街に放置されている亡骸、・・・脳裏から離れません。

過去の戦争と重なり、
「どうして同じことが繰り返されるの?!」
と、憤りと悔しさと悲しさ…様々な感情と同時に、「資料館を残さなければ!」という使命感と「自分のできることをしたい!」という強い思いが沸き上がってきました。

「よし!受け継ごう!」

戦争体験者が居なくなっている今だからこそ、戦争の本当の恐ろしさを知る場所を残さなければ。
平和や命の尊さを感じる場を残さなければ。そう強く思いました。

しかしながら、前途多難・・・



私事。

4年前、小学校の教員を早期に辞しました。心と時間のゆとりを求めて。特に、それまで後回しにしていた、老母や我が子のために時間を使おうと。

経済的なゆとりがなくなることは覚悟の上でした。

今思えば、退職したお陰で資料館に携わることができるようになり、また、学ぶ時間も増えました。お金とは引き換えにならない充実した日々を得ることができました。

しかしながら、まさか閉館後に受け継ぐことを考えるようになろうとは・・・想定外でした。


受け継ぐことがストレスになってはいけない。と、
「家族のことを大事にしながら、自分にできること・したいことができるようにするためには・・・」
と、考えました。具体的には、
●維持費がかからないように ●時間を拘束されないように
することが、私が受け継ぐには不可欠。そう考えて出た結論は、

自宅敷地内に資料室を設置する

しかしながら、今の自宅は住宅街。駐車場はなく、ご近所に迷惑をかけることが予想できる。ということで、土地探しを始めました。


運営のイメージが浮かぶ物件を見つけました!

しかし、

「我が家の将来が見えない」

と、夫の同意がもらえず。
それでもあきらめずに、いろいろと策を練っているうちに、売却されてしまいました。・・・

悔しいかな。平和をつなぐにも、「お金」が不可欠というわけです。

そこで、クラウドファンディングや寄付を募る方法を探ることにしました。

正直、初めは気が引けました。でも、大事なことに気付きました。

資金援助をしてもらうということは、平和への思いを同じにする仲間を集めるということだと。


決意してからもいろいろとあり、気持ちが萎えそうになることがしばしば・・・

そのたびに、応援してくださっている人のこと、これまで出会った子ども達のことを思い出しました。

「したい」とをもち、「しよう」と、行動に移す!!「たいよう」の精神で、ここまで漕ぎつけました。


「自宅敷地内の資料室」とはいきませんが、ようやく土地を見つけることができました。
自宅から近い、倉庫付きの土地です。

これから、自分でできることはDIYで。できないことは業者さんに頼んで「資料室」に改造していこうと思っています。

DIYでリフォーム中

 クラウドファンディングを申請している間に、「北九州平和資料館」は閉館し、新しい資料室(学習室)のリフォームも始めました。
壁紙を張り替えて、床を作っています!


「北九州平和資料館」は、戦争戦時体験者、親兄弟を戦争によって奪われた方々などの戦争を深く心に刻んでいる方々が中心となって、開館。守ってきました。

元「北九州平和資料館」館長の小野さんの閉館にあたっての挨拶

こうやって、平和を守るために地道にがんばってきた先輩がいるから、今の平和があるのだと思います。
先輩方の想いを忘れないようにして、引き継ぎたいと思っています。

  • 2022/11/28 07:55

    11月26日(土)。小倉の町に出ました(笑)!平野塾で出会った渡辺さんからのお誘いを受け、北九州ESD協議会の「語り場・学び場」に参加。もともと、小倉の町に馴染みのない私。道行く人にバレないように、スマホをチラ見しながら、「北九州まなびとESDステーション」へ。(案内が終了した後、キョロキョロ...

  • 2022/11/25 07:15

    11月24日(木)前々回の活動報告に取り上げた「子どもの村中学校」に行ってきました。本当は、水・木がプロジェクトの時間だということで、「毎週、資料室に来てもらえる!」と簡単に考えていたのですが、よく考えると、1時間以上もかかる所に、そんなにしょっちゅう来ることは難しいですよね・・・ということで...

  • 2022/11/22 07:50

    11月19日(土)・20日(日)と、小倉北区の清水市民センターの文化祭「平和を祈って」で、平和資料室の資料を展示させていただきました。館長さんからは、「北九州平和資料館」が閉館する前の7月だったか、「文化祭で展示したいので、資料を貸してもらえないか」と、連絡をいただいていました。館長さん自身、...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください