十八世中村勘三郎が愛した全国の古き良き芝居小屋を巡る旅
~芝居小屋の灯を絶やさない~


はじめに

十八世中村勘三郎が愛した全国各地にある古き良き芝居小屋。

時代の流れもあり、かつての賑わいを失いつつありました。

そこで勘三郎は岐阜県加茂郡の東座の名誉館主をはじめ、香川県琴平町の金丸座でのこんぴら大芝居の立ち上げ、福岡県飯塚市の嘉穂劇場の復興、2006年には勘三郎襲名披露興行にて全国の芝居小屋を巡る旅など多くの芝居小屋に『魂』を吹き込んでいきます。

芝居小屋には連日多くのお客様が訪れ、大盛況!!かつての賑わいを見せました。


十八世中村勘三郎



そんな父の背中を見てきた中村勘九郎と中村七之助も後に続きます。

父の跡を継ぎ東座の名誉館主となった勘九郎



縁あってかしも明治座の名誉館主となった七之助


「芝居小屋の灯を絶やしてはいけない」「町の人たちが笑顔になってくれれば」と彼らもまた父同様に

多くの芝居小屋を巡って公演を行い、芝居小屋を通して勘三郎より受け継がれたものを見せてきました。


そして勘三郎・勘九郎・七之助の熱い魂を間近で見てきた中村屋の若き門弟たち。

彼らもまた自分たちにできることはないかと立ち上がり、2022年6月に「鶴の子会」と称して岐阜の芝居小屋を巡りました。

2022年6月「鶴の子会」


常に挑戦し続け、ピンチをチャンスに、逆境を成功に導いてきた中村屋。 

何もできないと嘆くのではなく、何かできることはないかと考え、今できることを精一杯やり抜く。


そして十八世中村勘三郎が十三回忌を迎える2024年!

熱き中村屋魂(スピリッツ)を胸に町々の皆様が守り抜いている芝居小屋でお客様と共に汗と涙と、そして熱い魂を吹き込む歌舞伎の公演を行います。

2024年4月 十八世中村勘三郎十三回忌追善『中村勘九郎 中村七之助 春暁歌舞伎特別公演2024』

2024年10月 十八世中村勘三郎十三回忌追善『中村勘九郎 中村七之助 錦秋歌舞伎特別公演2024』4月・10月に全国各地の芝居小屋10ヶ所(予定)を巡ります。


プロジェクトについて

本公演では中村勘九郎、中村七之助、中村鶴松ほか、中村屋門弟が芝居小屋にて中村屋ゆかりの演目を上演いたします。

見学する場所ではなく、芝居をかけて観て頂く場所として芝居小屋を使用することにより人が集まり、小屋が息を吹き返す。

おこがましいかもしれませんが芝居小屋にて歌舞伎の公演を行うことによって町の活性化、芝居小屋の存続に繋がる手助けになればと考えております。


スケジュール

1月20日(土) クラウドファンディング開始

4月4日(木) 中村勘九郎中村七之助 春暁歌舞伎特別公演 初日

4月5日(金) 八千代座(熊本) 芝居小屋初日

4月8日(月) クラウドファンディング終了

4月10日(水) 内子座(愛媛)

4月12日(金) 五毛座(岐阜)

4月13日(土) 東座(岐阜)

4月14日(日) かしも明治座(岐阜)

4月15日(月) 相生座(岐阜)

4月18日(木) 小坂町康楽館(秋田)

4月24日(水) 中村勘九郎中村七之助 春暁歌舞伎特別公演 千穐楽

~5月末 3,000円・5,000円ご支援の皆様へリターン発送~

10月2日(水) 中村勘九郎中村七之助 錦秋歌舞伎特別公演 初日 

10月3日(木) ながめ余興場(群馬)

10月4日(金) ながめ余興場(群馬)

10月14日(月) 金丸座(香川)

10月15日(火) 金丸座(香川)

10月17日(木) 翁座(広島) 芝居小屋千穐楽

10月20日(日) 中村勘九郎中村七之助 錦秋歌舞伎特別公演 千穐楽

~12月中 10,000円ご支援の皆様へリターン発送~



リターンについて

[3,000円]

①出演者からの御礼動画メッセージ


[5,000円]

①出演者からの御礼動画メッセージ

②中村屋オリジナル「クリアファイル」(小)1枚


[10,000円]

①公演ダイジェストDVD(約15分)1枚  

②公演ダイジェストDVDのエンドロールにてクレジット(お名前)掲載

※10文字程度で本名以外のニックネーム可

③中村屋オリジナル「クリアファイル」(小)(大)各1枚


資金の使い道

①芝居小屋 会場費

②公演制作費(舞台設営費、大道具費、音響費、照明費、衣裳費、床山費、小道具費、他)

③交通費、宿泊費

④リターンアイテム制作費

⑤リターンアイテム送料

⑥クラウドファンディング手数料(17%+税)


最後に

エンターテインメントの必要性が問われるこの時代、エンターテインメントは心の栄養だと私たちは考えています。

歌舞伎という一つのエンターテインメントによって芝居小屋、そして街が活性化し、地方創生の一翼が担えればと思います。

前回の「鶴の子会」の公演でもお伝えしましたが、本活動は今回に限らず、日本全国に残されている芝居小屋を存続させるために継続的に行う決意です。

日本の財産である古き良き芝居小屋を守っていくために、誠に恐縮ではございますが本企画をご理解頂いた上でご協力、ご高配を賜りたく謹みましてお願いを申し上げます。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2024/02/10 12:00

    先日、ツアースタッフと関係者で芝居小屋公演の舞台大道具・小道具・照明などの打ち合わせを行いました。芝居小屋での公演は舞台のサイズが小さく同じセットを使用できない為、他の会館のセットとは別に芝居小屋用にセットを作成するんです。中村屋が信頼を置くスタッフと入念に打ち合わせを進めて、少しでもお客様に...

  • 2024/01/29 20:00

    クラウドファンディングを始めて本日で10日経ちました。お陰様で大変多くの皆様から本企画にご賛同頂きまして、約200万円近くのご支援を頂きました。誠に有難うございます。今後こちらのページにて関連事業の活動報告をさせて頂きます。引き続きご支援、またご宣伝の程をひとえにお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください