2016年12月、新しいことに挑戦する人が集まれる空間「Tsukuba Place Lab」を星谷ビル2階(筑波大学近辺)にオープンします!築40年19坪の木造物件を一緒になってリノベーションしてくれる人、その過程を楽しんでくれる人、応援してくれる人を募るためのプロジェクトです。

プロジェクト本文

ー9月7日追記 リターン追加!
 ①『Hi-5 BURGERS』
 ②『フランス菓子アルル』
 ③『東京23区内の往復交通費キャッシュバック』追加

つくば市桜のHi-5 BURGERSさんより「チリマルゲリータバーガー」の食事券を、同じくつくば市桜のフランス菓子アルルさんより「焼き菓子詰め合わせ+動物メレンゲ」をそれぞれご協賛いただきました!

「Tsukuba Place Labにはなかなか行きだせないかも…」とか「コワーキングスペースにはあまり興味ないよ」と思いつつもTsukuba Place Labを応援したい!という方向けに、つくばで有名なハンバーガー屋”Hi-5 BURGERS”さんご協力のもと、お得なセット商品を3,000円のリターンに追加しました!

また、「なかなかつくばには行けないなぁ」とか「お菓子が大好き!」という方向けに”アルル”さんより「焼き菓子詰め合わせバスケット」をご協賛いただきました。さらにさらになんと!アルルさんのご厚意により「動物メレンゲ」も付けていただきました!もちろん郵送可能ですので、つくばには来れない方、またつくばを離れてしまってアルルが恋しくなった方などなど、皆様からのご支援をお待ちしております!こちらも同じく3,000円のリターンに追加させていただきました!

美味しいハンバーガーやお菓子を食べながらご支援いただけます!

 

また、Tsukuba Place Labに少しでも興味を持てくださった方が遊びに来やすくなるよう5,000円のリターンとして「東京23区内からの往復交通費キャッシュバック」を追加いたしました。興味を持ってくれたすべての方に来てほしいのでぜひ有効に使っていただけたら嬉しいです!

 

現在、DIYによって少しずつですが着実に居心地が良くてあたたかい空間ができつつあります。少しだけ今の進捗を追加させていただきます。

 

▼DIYイベントの様子 Day1 9/3(土) 9:00~19:30

▼DIYイベントの様子 Day2 9/6(火) 9:00~18:30

 以下、本文です。

 

 

─ つくばに、何かを始めたいと思った誰もが集まれる場所を創りたい。

2万人以上の研究者を擁する研究学園都市で、7千人以上の外国籍住民を有し、約22万人の総人口もいまだ増加中。秋葉原から45分とアクセスもいいものの“陸の孤島”とも揶揄されるつくば市こそ僕の住む大好きなまちです。

つくばには様々な人が住んでいます。

「もっと自由に活発に、みんなが混じり合うことができたら何気ない毎日が今よりちょっとだけ刺激的で楽しいものになるんじゃないか…。」

「つまんない」と言う前に「何かおもしろいことを見つけてみよう」と思って行動できる人がたくさんいたらいいのに…。

そう思い「誰もが最初の1歩を踏み出す勇気ときっかけを得られる空間」を創ろうと思い立ち、本プロジェクトを開始しました。

 

▼ご挨拶

数あるプロジェクトの中から、興味を持っていただきありがとうございます。
つくばをもっとおもしろくしたい!おもしろい場所?自分たちで創ろうぜ!
という想いで活動している発起人をここでご紹介します。

発起人代表:堀下恭平@kyoheibb_pg

まちと人、まちと仕事の関係をもう一度見つめなおし「地域のことを愛せる人を育てたい」という想いから、2014年にまちづくり会社を設立しました。全国各地の行政や民間の方々と一緒に"まちがもっとこうなったらいいのに"をカタチにすべく、たくさんの人を巻き込みながらワークショップや事業計画を考え行動しています。「迷ったら全部やる」がモットーで「成功するまで続ければ失敗しない」が信念です。

 

発起人:塚田和司

つくば市のお隣、下妻市で2011年から下妻市総合情報サイトしもつまnaviを立ち上げ、地域の情報を集めながら、クラフトビールイベントや各種イベントの仕掛けやコーディネートを行っています。一人ひとりが「たのしいまち」をつくれる社会をめざして活動中です。

 

僕たちはこのたび CAMPFIRE を通して賛同者を広く集め、筑波大学すぐそばに、異なる価値観が出会い、気づき、自分たちでつくること、そして、それらを楽しむことをコンセプトとした、場やアイデアをシェアできるワーキングスペースを立ち上げたいと思い、CAMPFIRE に掲載しました。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

人と人とをつなぎ、やりたいことを実現していくための”場”を創ります。
そのために、

①自由に出入りができ、アイデアと活気が満ちた場
②誰もが気軽にイベントを発案し、実行できる場
③本の交換・共有ができる開けたコミュニケーションが取れる場

をイメージして創っていきたいと考えています。

創る過程からたくさんの方に関わっていただきながら場を創る楽しさ、そこで生まれるアイデアや発想を大切にしていきたいと考えています。

きちんとした設計図はありません。
完成のイメージはありますが、確固たるものは決まっていません。
みんなで集まってアイデアを絞るところから始めたいと思っています。

なぜなら、その過程こそが最も楽しく、無性にわくわくして、
グングンとアイデアが生まれると思っているからです。

Tsukuba Place Labをアイデアが生まれる場所にしたい。
だからこそ、創る過程からアイデアが楽しく生まれるやり方で創っていきたい。
そう思っています。

 

DIYしてみたり、学びあったり、遊んだりしながら、たくさんの出会いがある。そんな空間を目指します。また、みんなの「こんなことしてみたいけどできるかな?」を持ち寄りみんなで解決していく場を創出したいと考えています。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

僕たちの夢は「本気で遊べる"カッコイイ大人"が増えること」です。

大人が本気で遊んだ先に、かかわってくれるみんなの笑顔や感謝、あるいはお金がある。
それが仕事なんじゃないのかな、と思っています。

「"カッコイイ大人"が本気で遊ぶと仕事になるんだ」ということを実現していきたいと考えました。

 

 

▼これまでの活動

ーspice up cafe ALDOR

「人と人とをつなぐ、つくばのアイデア発信基地」を目指して学生カフェを創設・経営し、つくばの人と人、人と情報、情報と情報を集め紡ぐ活動をしていました。人と人とをつないでいくことにおける”場”の強みに気づかされたのはこの時です。

 

ー茨城Beer-1フェスト

下妻市のクラフトビール「しもつまビール」の消費拡大とクラフトビール文化を根付かせることを目的として、下妻市近隣のクラフトビールを集結させ、地域の人たちとともにビールイベントを主催しました。ひとりでは実現できないような大きな企画でも、多くの方のご協力により成し遂げられるという"喜び"、それに対する"感謝"を学んだ貴重な経験です。

 

ーグリーンバードつくばチーム

人々に「街を汚すことはカッコ悪いことだ。」という気持ちを持ってもらうために、楽しみながらカッコよくごみ拾い活動を行っている団体であるNPO法人グリーンバードのつくばチームを平成28年4月に立ち上げました。まだ若干3か月ですがイベントも含め既に10回ごみ拾いを実施しており、延べ113名の方にご参加いただいています。多くの人が集い、人と人とが出会うことによる"セレンディピティ"には目を見張るものがあるな、と再認識しました。

http://www.greenbird.jp/team/tsukuba/

 
▼Tsukuba Place Lab詳細 ※予定

Google Mapはこちらから。

 

❐場所

 〒305-0005 茨城県つくば市天久保3丁目21−3 星谷ビル2階

❐オープン時間

 24時間ほぼ365日

❐利用料金

 ドロップイン1日使い放題 
  一般:¥500 
  学生:利用しやすいようさらに格安設定を予定しています!

 イベント貸切(半日くらい ※応相談)
  ¥5,000
  こちらもお得な学割の設定を予定していいます!

 ❐設備内容

 芝に寝転んで作業ができるスペース

 壁一面のホワイトボードを自由に使えます!

 壁一面ホワイトボードの下には面陳の本棚

 電源とWi-Fiを自由に 使用できる席×10

 プロジェクター完備

 キッチンスペースも自由に使えます!

 駐車場3台までオッケー! 

 

また、星谷ビルの1階にはとっても素敵なお店がそろっています。

あたたかい雰囲気で素朴な木のぬくもりが店内に横溢している千年一日珈琲さん、店主さんが丁寧にセレクトした古書、雑誌、写真集、Tシャツなどが並んでおり、本を眺めているだけで楽しく時間を過ごせそうなPEOPLE BOOKSTOREさん、おいしいごはんとお酒をのんびりと楽しめる心地よい空間のわかたろうさん、立ち飲みの素晴らしさに気づかせてくれ、さらに食べ物の持ち込みが自由という素敵なFLOWさん。

そんな星谷ビルにワーキングプレイスもあったら最高だと思いませんか?

ワクワクしませんか?

僕はワクワクしています!

 

 ▼資金の使い道

 

 

僕たちが選んだ物件は築40年のとっても味がある木造建築です。 

床や壁をしっかりときれいにする必要があります。

床張りや壁塗りをワークショップによりたくさんの人に関わってもらいながらDIY(Do It Yourself)ならぬ、DIO(Do It Ourselves)で取り組みたいと考えています。

 

また、ただみんなで集まって創るだけでなく、
誰もが安心安全に利用できるよう素材にはこだわって創っていきたい!

ということで温かみがある質のいい床板・壁板を揃える費用とさせていただきます。
また、もし100万円以上集まりましたら、机や椅子にもこだわりたいと思います!

限られた予算の中で極力お金をかけずに準備を進めていますが、目標とする「人と人とがつながり、やりたいことを実現できる場」を最高の場所にするためにも、多くの方に"仲間になっていただきたい"とご協力をお願いする次第です。

 

▼興味を持っていただいた方へイベントのご案内

7月23日(土)に筑波学院大学にて「家入一真さんと考えるクラウドファンディングの未来」というイベントにてプレゼンをさせていただく予定です。

facebookイベントページはこちら
peatixイベント詳細ページはこちら

また、イベントにおける【家入一真さんによるトークライブ】ではモデレーターを、【つくばをさらに魅力的な街に〜大学との連携でつくばの研究を世界へ、つくばの頭脳が交わる拠点作りを〜】では家入さん&常間地さんと対談を、【学生時代に起業にチャレンジ】では家入さん&筑波大学発ベンチャーの学生たちと対談をする予定です!

興味を持っていただいた方ぜひお越しください。

 

▼最後に

Tsukuba Place Lab は2016年12月にオープンできるよう準備を進めていきます。クラウドファンディングを通して支援していただいた皆さんと一緒に創り上げていく、つくばの新しい居場所です。人と人とをつなぎ、やりたいことを実現していくための”場”を一緒に創っていきましょう!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください