これまで海旅Campとして実施してきた『保養』という取り組みを、 1冊の本にして皆様に知っていただきたい!

プロジェクト本文

数あるプロジェクトの中から、私たちのプロジェクトに興味をもっていただき、ありがとうこざいます!

私たちは、2012年から毎年の夏に岐阜県は八百津町の山間部で、「保養」という取り組みを続けています。


2011年3月11日の東日本大震災で起きた原発事故の影響でたくさんの放射性物質が環境中に広がった影響を受けて、現在も多くの人たちが放射能に不安を抱きながら暮らしています。


ゆたかな自然の中でのびのび遊び、健康に配慮したごはんをみなで作って食べる保養という取り組みは、そんな日々の緊張をときほぐし、体も心も元気にします。


原発事故以来、私たち海旅Campは、おもに東北地方や関東地方から6年間で合計230名ほどの親子を招いて保養キャンプを開催してきました。


そして今年2018年も8月に約40名の親子を岐阜県に招き、「海旅Camp2018」を実施したいと思います。


子どもたちが自然の中で遊ぶ姿、笑顔を守っていくことを、地域や立場や世代を越えたつながり合いの中で実現していけたらと願っています。

 

   

 
□保養とは?

多くの地域の人々の生活に影響を与えた、原発事故による放射性物質の飛散。保養とは、そうした放射能の不安を抱えることになった方々が、休日などを活用して居住地から一時的に距離をとり、放射能に関する不安から解放される時間を確保して心身の疲れを癒そうとする、一連の行動の事です。

保養によって、ある程度健康が守られることは広く認知されており、医学的にも、放射能の影響が少ない地域での一定期間の滞在が、免疫力を大きく高める効果があることが知られています。

そしてもう一つの効果は、心理面での負担軽減です。原発事故後、外遊びや自然体験の機会を奪われた子どもたちにとって、屋外でのびのびと遊べる時間が得られることは、かけがえのない体験となります。

更に、保養の機会は大人たちにとっても大きな癒しとなります。同じ立場の人々との人間関係を広げながら、不安を語り合い、情報交換をし、心身を休めることができます。 子どもたちの成長に最大の影響を与えるのが、親を中心とした周囲の大人たちの精神的な安定であることを鑑みれば、これには本当に大きな意義があるといえるでしょう。

「子どもローテーション保養 避難者データベース」より)

『海旅Camp』は、放射能に不安を感じながら暮らしている親子に心身をリフレッシュしてもらうための1週間ほどの間に毎年40名〜60名の親子を招くかたちで、2012年から毎年8月に開催しています。

八百津の山間部にある五宝の滝のまわりで1週間ほどゆっくり自然体験をしながら、免疫力を高める食事づくりや味噌づくりなどを通じた共同生活の場を、全国から集まるボランティア有志でつくっています。


体の健康を高めることだけを目的にするのではなく、日々感じていることや思っていることを安心して話せる場を作ったり、地域や世代を越えてつながっていける仲間づくりの場としても、私たちは『海旅Camp』を継続していきたいと思っています。

 

□海旅Campが大事にしていること

自然の中で思いっきり遊ぶ
森と川に囲まれた大自然の中で、
一日中遊ぶことで心も体も開放され、
免疫力も高まります。

大人も子どもになる保養
キャンプ中はルールや決まりをなるべく作らず、
日頃の疲れをとってゆっくり過ごします。

垣根を越えたつながりづくり
住んでいる地域や、スタッフと参加者の垣根も越えて、
キャンプ以外の時も会えるような仲間づくりをしています。

助け合って生きていく
子どもも大人も一緒になって、食事作りや洗濯など、
日々の生活をみなで協力し合っています。

健康をつくる力をつける
免疫力を高める料理の方法や味噌づくり、
マッサージや心身のケアについて、
お互いの持っている知恵を持ち寄って学び合います。

保養を文化に!
私たちは『海旅Camp』だけでなく、全国の保養の取り組みが、
地域や立場を越えた支え合いの中で続いていくことを願っています。

●海旅Camp参加者の声

※海旅ブログ:参加者の声をまとめた記事
https://ameblo.jp/umitabicamp/entry-11760753958.html

※海旅Camp2016 参加者の声~ ぞうたえみこさん
https://ameblo.jp/umitabicamp/entry-12191830995.html

※海旅Camp2016参加者の声~サカイユージさんより
https://ameblo.jp/umitabicamp/entry-12197688304.html

 

 


□海旅Camp、2018年の取り組み

夏の保養キャンプを実現するための費用として、本年は約70万円ほどかかる予定です。

★必要経費(予定)★
宿泊費:400,000円 (山なんや、民宿五宝滝)
食費:100,000円
保険代:25,000円 (旅行傷害保険、ボランティア保険)
運営費:45,000円 (送料、シーツレンタル等)
レクリエーション費:40,000円 (味噌づくり、マリンスポーツ)
交通費:60,000円 (交通費補助、レンタカー代)
印刷費:20,000円 (チラシ印刷代)
雑費:10,000円 (備品、消耗品購入)
合計:700,000円


これまで海旅Campは、ご協力いただけるお店などにフライヤーとカンパ箱を置かせていただきながら、ホームページやFacebookなどのSNSでカンパを呼びかけて、各地の皆さんからのご支援金によって運営を続けさせてもらっています。

そのような中、福島第一原発事故から年月が経つにつれて、カンパを集めることが難しくなり、日程を短くしたり、大型バスによる送迎をやめたり、募集定員を減らしたりなど、さまざまな試行錯誤を続けながら開催を続けてきました。

全国各地には、運営資金やスタッフ不足によって開催を見送る保養団体も増えてきているといいます。

しかし、チェルノブイリ原発事故後のウクライナやロシア、ベラルーシなどでは今も、民間や国家主導による保養活動が続けられています。

チェルノブイリと日本とでは様々な状況が違うとはいえ、共通して必要な事もあるでしょう。

子どもの健康を見守り、支え合うつながりは、長い年月の中で見守り合う関係の中で実現できるものだと思います。

私たちは、海旅Campだけでなく、保養という取り組みそのものを、まずはみんなで守り支え合い、そしてできれば皆さんと一緒に、保養という文化を育てていけたらと思っています。

□「海旅本」つくります!

保養という取り組みは、その場所を体験しないと想像しにくいものだと思います。

みんなで保養を支え合い、ともに作っていくその土台として、「保養ってなんなんだろう」ということがなんとなくでも伝わるものを作ってみよう、と、海旅Campの運営に関わっているメンバーや参加者との会話の中でアイデアが生まれ、垣根を越えた本づくりが始まっています。

これまでの7年間を振り返りながら、私たちの思う保養、私たちが今まで感じてきたことや共有してきたことを、写真や日記や、料理のレシピなどを盛り込んで本にしています。

この本を手にしていただくことで、少しでも保養を身近なものとして感じてもらえたらと願っています。

□今回のクラウドファンディング

●目標金額
700,000円

□今回挑戦するクラウドファンディングの目的

クラウドファンディングを通じて「海旅Camp」の取り組みと「保養」そのもの存在を多くの方々に知っていただき、同じ思いを共有する人たちのつながりを元にして、子どもたちの未来のための取り組みを、みんなで一歩ずつ前進させていきたいと考えています。

具体的には、海旅Camp2018の活動としての、
・大人も子どもになる保養『海旅Camp2018』の運営
・海旅Campの活動と「保養」についてまとめた『海旅本』の制作
を、クラウドファンディングを通じて実現できたらと思います。

みなさまからのご支援は、これらの取り組みを実現するための運営費に充てさせていただきます。

今を生きる子どもたち、これから生まれてくる子どもたちの「未来」のために海旅Campの活動を続けていけること、保養という文化をみなさんと一緒に育てていけることを願っています。

保養を文化に。

みなさんとつくっていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

□リターン内容

ファンディングの返礼品として、
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
・「海旅本」
・「海旅みそ交換券」(※)
・「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前の掲載
をご用意しました。

※海旅みそ交換券

毎年、海旅Campでは会期中に参加者スタッフみんなで味噌づくりをしています。

「海旅みそ」は、翌年の海旅Campで日々の味噌汁や料理に使われたり、各家族の元に持ち帰ってもらったりしています。

クラウドファンディングのリターンとして、私たちが作っている味噌をみなさんにもお振る舞いできたらと思います。
毎年、海旅Campが終わった後の秋頃に、参加者スタッフなどによる交流会が行われます。

今年は、みなさんへのお礼として、交流会で集まった海旅ファミリーで仕込んだ味噌と交換できるチケットとして「海旅みそ交換券」を送らせていただきます。

ご質問等ありましたらお気軽にお問い合せください。

 

●リターン内容

・本1冊付き応援コース 3000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」1冊

 

・本と味噌交換券付き応援コース 5000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」1冊
「海旅みそ」1kg交換券

 

・本にあなたのお名前が入っちゃう応援コース 7500円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」1冊
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載

 

・本に名前が入って味噌交換券も付いて来ちゃうコース 10000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」1冊
「海旅みそ」1kg交換券
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載


・本をいっぱいもらっちゃうコース 10000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」10冊
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載


・本も味噌交換券ももらっちゃうコース 20000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」10冊
「海旅みそ」1kg交換券
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載


・ガッチリ一緒に海旅作る味噌コース 30000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」10冊
「海旅みそ」2kg交換券
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載


・ガッチリ一緒に海旅作る本コース 30000円
海旅キャンプ参加者&スタッフからのお礼メッセージ
「海旅本」15冊
「海旅みそ」1kg交換券
「海旅本」のSpecial Thanks覧にお名前を掲載

 

 

 

 

  • 44126930 267904030732751 7692171772984033280 n 2.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    海旅みそを仕込みました!

    2018/10/17 08:56

    海旅Campのクラウドファンディングを支援頂いている皆様、本当にありがとうございます。   10月16日に、東京都世田谷区にあるシェアハウスJamHouseのリビングルームをお借りして、支援していただいた皆さんに半年後にお届けする為のみそを仕込みました。   原材料は、 ◎無...

  • 5b5dcec3 3be8 4f27 b9b7 14b30abd02aa.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    クラウドファンディング応援メッセージ

    2018/07/29 23:27

    みんなでつくる海旅Campと海旅Bookプロジェクト!! 【クラウドファンディング 残り30分!】 7/8からスタートしたクラウドファンディング今日が最終日です。 これまでたくさんの方から応援メッセージをいただきました。「海旅Camp のブログ」で紹介しています。https://ameb...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    海旅Campの歩み「どんなキャンプをしているの?」

    2018/07/27 09:48

      このページでは、クラウドファウンディングによる支援がどのように活かされていく予定なのかについて書いていきたいと思います。 ■海旅Campは保養キャンプ 海旅Campが開催される場所は、岐阜県の山間部、周囲を自然林と川や滝に囲まれた(携帯の電波もほぼ入らないような)民宿「五宝の滝」...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください