『ぼくたちLGBT』『実録!父さん伝説』の作者であるトミムラコタと『さよなら、ハイスクール』『どうせ片想いで終わりますけど?』の森もり子がユニットを結成!今秋よりヤングマガジンにて『ギャルと恐竜』の連載が決まっている二人が、実は昨年から温めていた漫画『漂流くん』の完全新作制作プロジェクトになります。

プロジェクト本文

こんにちは!漫画家のトミムラコタです。『実録!父さん伝説』(イースト・プレス)や『ぼくたちLGBT』(集英社)が単行本として発売されています。

今回のプロジェクトで私たちが描こうとしている『漂流くん』という漫画は、これまでエッセイ漫画をたくさん描いてきた私にとって初めて物語を考えた思い出の作品です。

「無人島で俗気のある若者がお気楽に暮らしていたら面白いんじゃないかな」と思って描き始めたのがこの『漂流くん』です。以前ある出版社の担当さんにネームを出してボツになったまま、続きを描くこともなくそのままお蔵入り。ちゃんと完結させて、いつかどこかで発表したいなと思っていました。

クラウドファンディングの実施に伴い、『漂流くん』をちゃんとおもしろい作品に仕上げたい……。そのために、今回のプロジェクト実施に向けて、今秋より講談社の週刊ヤングマガジンで連載が始まる『ギャルと恐竜』でもユニットを組む森もり子さんに物語の構成やネームをお願いしています。

皆さんに「おもしろい!」と言っていただけるような漫画にしていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願い致します。

 (『ぼくたちLGBT』『実録!父さん伝説』)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

こんにちは!漫画家の森もり子です。『さよなら、ハイスクール』や『どうせ片想いで終わりますけど?』といった漫画を描いています。今回のプロジェクトである『漂流くん』では、物語の構成やネームを担当しています。

トミムラコタさんから短いネームを見せてもらったのは、一年以上前のこと。無人島で一人、ヤギと戦いながら悶々としている男、「漂流くん」の姿に笑いました。どこにも発表されずに終わるにはもったいないキャラクターだと思いました。

それからずっと漂流くんの妙な魅力が忘れられず、今回、コタさんとタッグを組んで「漂流くん」の物語を作品として完成することを目指したいと思います。

ファンの皆様と一緒に魅力ある漫画を制作していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 (『さよなら、ハイスクール』『どうせ片想いで終わりますけど?』)

 

〜あらすじ〜

【悲報】海辺の田舎町でかくれんぼをしていた中2男子、誰にも見つけられず漂流する?! そんな彼が、20年の無人島暮らしを経て一般社会に舞い戻り、「漂流くん」として一躍時の人となった。中二の頃に恋したあの子との再会に揺れる想い…「心は中二、体はおじさん」という希少性に好奇の目が向けられ疲弊する日々…追い打ちをかけるように漂流くんに突きつけられる哀しき現実とは……。『ギャルと恐竜』シリーズがTwitterで大人気のトミムラコタ×森もり子が挑む、ゆるふわシリアスギャグ短編!!

 

今回のプロジェクトは、トミムラコタ・森もり子の合作作品である『漂流くん』の完全新作制作プロジェクトになります。

「漂流くん」は14歳から20年もの間、無人島で暮らした男の話です。

子供のまま大人になってしまった彼が、いきなり一般社会に放り込まれたら一体どうなるのか!?

こちら現在誠意制作中です!

 

 特別に『漂流くん』の第1話のネームを公開します!

 

 

 今回、ファンの皆さんと作品を一緒に作り上げたいという思いがあるため、

リターン品に「漫画の中に登場出来る権利」をご用意させて頂きました!

よろしければ『漂流くん』の世界に飛び込んで来てください!!

 


集まった資金を原稿料と換算して、漫画の制作を行います。

逆に目標金額に達成しなければ新作は制作しません。

目標金額である50万円が達成したら40話分(80P程度)制作します。

更に、100万円達成で『漂流くん』オリジナルLINEスタンプを制作したいと思います!!

 

クラウドファンディング期間:7/25(水)〜8/30(木)

漫画の連載スタート:9月中旬予定

※その後、1日1話のペースで更新する予定です。 
※連載は漫画アプリ「マンガトリガー」で掲載します。

その後、全話(40話分)の制作が完了したタイミングで、電子書籍化して単行本として販売する予定です。

勿論、支援者の皆様へのリターンに関しては、連載よりも先行してお届けさせて頂きます!!

 

実は『漂流くん』、ヤングマガジンで今秋の連載が決まっている『ギャルと恐竜』よりも早くに構想があり、制作を行っていました。トミムラコタ×森もり子としての、事実上処女作といっても過言ではありません。

20年間の漂流の後に発見された漂流くんのように、この作品がしっかり世に出て沢山の方のもとに届けられるよう精一杯がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    あと一時間!!(森)

    2018/08/29 22:57

    森もり子です。 目標金額、達成しました! 本当にありがとうございます!!   気づけば終了まであと1時間くらいですね……! 前回書いた記事で、続きを書くと言っていたのに全然書いていなくて もうこんな時間になっていました。あー、書く時間がない……! ストーリーについては、すいません...

  • Hyoryukun cover0816のコピー
    活動報告

    『漂流くん』の表紙デザイン、ひと足お先にお見せしちゃいます!

    2018/08/21 23:36

    こんにちは。『漂流くん』影の編集担当である、ナンバーナインの小禄(@coroMonta)です。すでにプロジェクトも達成しており、追加のご支援までいただいている中ですが、とうとうできちゃいました。 そう、漫画の顔とも言える表紙ができちゃったのです。 そこで、今回は連載開始を前にひと足お先に表...

  • 漂流くんネーム ページ 03
    活動報告

    原作担当者から見た『漂流くん』を描く意味①「構成」編

    2018/08/10 15:15

    はじめまして。 原作担当の森もり子です!   タイトル、固いですね。   さて、どうしてクラウドファンディングすることになったか、とかは どうしてこの漫画の原作を担当することになったか、とかは トミムラコタさんの活動報告を見ていただけると分かると思います。 (参考) 私がクラ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください