プロジェクト本文

■ このプロジェクトについて

はじめまして、この出版プロジェクトにご興味を持っていただきましてありがとうございます。ニジノ絵本屋のいしいあやと申します。このプロジェクトは、88さいの漫画家:みやさかえいいちさんの夢である、人生で初めての、「オリジナル絵本」を出版するためにニジノ絵本屋が立ち上げました。この絵本は、「とんと・くるる と ともだちくん」という題名のシリーズ絵本(全2巻)になります。絵本の制作は、みやさかさんとの間で1年間に渡り行われ、現在2巻目の制作を精力的に進めています。

1
▲現在制作中のシリーズ絵本『うたいましょう』(2巻目)の原画。表紙はこれで決定しています。

私は都内で、「インディーズ絵本」を中心とした、小さな絵本専門店を開いています。今回は88さいの漫画家:みやさかえいいちさんのオリジナル絵本を出版して、子どもたちはもちろん、絵本が大好きな多くの大人の方たちにも、この絵本の魅力を感じてもらいたいと思い、CAMPFIREにてプロジェクトを立ち上げさせていただきました。動画では、絵本原画の制作風景、作家インタビュー、このプロジェクトへの熱い想いをメッセージ付きで紹介しています。ぜひ、ご覧になってください。ご一緒にこの絵本の魅力を届けましょう!

■ 88さいの漫画家:みやさかえいいちさんとの出会いについて

この絵本の制作に取り組み始めたのは、ちょうど2年前の春のことで、私が運営しているニジノ絵本屋に漫画家:みやさかえいいちさんがご来店されたのがきっかけでした。当時はお客様として通われていたみやさかさんでしたが、ある時、「オリジナル絵本を一緒に作ってみたら面白いでしょうね。」というご提案をいただきました。みやさかさんのお話しによれば、「漫画家として児童書を中心に、これまでたくさんの漫画や挿絵を描いてきた。しかし、気がつけば、自分はこれまでただの一冊も “オリジナル” と呼べるような絵本を残してこなかった。この年齢になって、絵本作家デビューというのもおかしいけれど、一緒に絵本を作ってもらいたい。」 という熱い想いの内容でした。

ニジノ絵本屋では過去、何冊かインディーズ絵本の出版を手がけたことがありましたが、今回、みやさかさんからご提案いただいた内容は、「シリーズ絵本(全2巻)」で。正直なところ、絵本屋では出版予算の「1巻分の印刷代」を工面するのがやっとです。それでも、みやさかさんのこの絵本の魅力を感じてもらいたいと今回、プロジェクトを立ち上げました。

2
▲今回のシリーズ絵本の作者、88さいの漫画家:みやさかえいいちさん。

■ インディーズ絵本について

「インディーズ絵本」という言葉は、ニジノ絵本屋が生み出した完全な造語になります。絵本屋では、「作家が自由制作した非流通型の絵本」と定義しています。音楽業界における、「インディーズCD」と使い方は同じになります。インディーズとはいえ体裁は絵本ですから、基本は「上製本(ハードカバー)」で制作しているのが前提です。また、大手出版社の絵本市場 “メジャー” に対してもちろん “マイナー” があるわけですが、その “マイナー” の中でも、さらにコアな作品があります。これがいわゆる、絵本屋の「インディーズ絵本」です。非流通型の絵本ですが、ニジノ絵本屋の中でも人気が高く評判の良い素晴らしい絵本は本当にたくさんあります。

3
▲写真はニジノ絵本屋店内の様子。2坪の小さな絵本屋ですが、そのミッションは、「絵本の作り手と読み手を繋ぐ架け橋になる」という大きな目標を掲げています。

■ インディーズ絵本 「とんと・くるる と ともだちくん」 について

今回、みやさかさんと一緒に作ろうとしている絵本は、「とんと・くるる と ともだちくん」という題名のシリーズ絵本(全2巻)になります。絵本の制作は、みやさかさんの描くペースを見ながら、この1年間ゆっくりと進行してきました。現在、2巻目の制作を丁寧に進めているところです。1巻目の『はっけようい』は、お相撲をテーマにした内容で、主人公たち(とんと・くるる)とともだちくん(どんぐりたち)の「助け合い」が見どころです。また、2巻目の『うたいましょう』は、音楽会をテーマにした内容です。こちらの作品は、主人公たちとともだちくんの「成長の姿」が見どころです。

4
▲シリーズ絵本『はっけようい』(1巻目)、左から中表紙、表紙、背表紙の原画です。

5
▲現在制作中のシリーズ絵本『うたいましょう』(2巻目)の表紙を決定するまでに、みやさかさんは何枚もラフを描いてきました。これはその一部です。

オリジナル絵本についてみやさかさんは、「物語においては押しつけがましくなくて、描写においてはディフォルメされていない絵本を描いてみたかった。ニジノ絵本屋のあやさんとはこの1年間、ゆっくりとしたペースで物語の構想を話し合いながら絵本を作ってきました。これまでお世話になってきた出版社のやり方とは全く違って、自由に発想して絵を描いてこられた。」と言っていただけました。もちろん制作の過程では、主人公たちの洋服のデザインや髪型などは、少しアドバイスをさせていただきました。表紙のデザインもみやさかさんと相談しながら決めてきました。

6
▲主人公(とんと)のキャラクターデザインも時間をかけて何パターンも考えてきました。

■ 88さいの漫画家:みやさかえいいちさんが生きてきた時代について

みやさかさんが生きてきた時代は「漫画」の全盛期で、ご友人であり同時代にご活躍された漫画家では、手塚治虫さんや藤子不二雄さん、長谷川町子さんなど、たくさんの方々がいらっしゃいます。ご先輩でみやさかさんをこの世界に引っ張ってくださった『のらくろ』の田河水泡さんとも親交が厚いものでした。また、雑誌『りぼん』の創刊時には、連載で作品も残されています(『かすりちゃん』)。後年は、「わらべ画」を中心に挿絵や漫画を描きつづけています。

7
▲みやさかさんの代表作『かすりちゃん』『よこづなよっちゃん』

8
▲雑誌『りぼん』の創刊時に連載された作品『かすりちゃん』

9
▲その他、学習漫画の作品もバラエティに富んで手がけています。

■ このプロジェクトを応援してくださった人びと

今回、制作中のシリーズ絵本は実は、日本語と英語を併記した「バイリンガル絵本」になります。絵本屋レーベルの「インディーズ絵本」の特徴の一つですが、これは実際に絵本屋にご来店いただくお客様からニーズを聞き出して、リクエストに応えていった結果です。今回、翻訳を担当してくださったのは遠藤直さん。こちらの依頼を喜んで引き受けてくださいました。
また、このプロジェクトを紹介するための動画を撮ってくださったのは牧一世さん。お忙しい中でしたが、みやさかさんの描く絵や人柄に触れて、快く撮影に臨んでいただきました。プロジェクトの動画から、みやさかさんの存在を尊敬するような気持ちがひしひしと伝わってきます。何度見ても感動するような映像に仕上げていただきました。

10

<プロフィール>
遠藤 直(えんどう なお)
会社員
ゲーム会社での台詞・字幕翻訳業務を経て、現在は実務翻訳を中心にオールマイティーに活動する何でも屋。英語をはじめ語学が好きなこと、洋画・洋書が好きなことなどがきっかけで翻訳の道に進む。

<コメント>
みやさかさんの絵を初めて見たとき、懐かしい、ほっこりとした「温かい気持ち」になりました。こんなに見る人・読む人の気持ちを温かくする絵本の英訳をできるなんて、嬉しくてたまりません。この「温かい気持ち」をうまく伝えられるように、翻訳も言葉を選びながら慎重に進めました。この作品は、「日本の古き良き文化」を可愛らしく盛り込んでいる内容なので、多くの外国の子どもたちにこの絵本を手に取る機会が増えてほしいと願っています。

11

<プロフィール>
牧 一世(まき いっせい)
合同会社ニゴテン代表
2010年、黒澤フィルムスタジオから独立し合同会社ニゴテンを設立。東京、横浜を中心に『DSLR Movie』を活用したウェディング、LIVE、WebCMなどの映像制作を行う。映像専門誌「ビデオサロン」での連載、全国各地でのセミナーやワークショップなどで、ムービーコンテンツの効果的な活用を指南する活動を積極的に行う。
www.nigoten.com
www.facebook.com/nigoten

<コメント>
みやさかさんの作品に対する真摯な姿勢は、同じクリエイターとして大変勉強になりました。いまや世界的に評価の高い「マンガ」の礎を築いたレジェンドのひとりである御年88さいの巨匠は撮影中、終止笑顔で、淀みなくインタビューに答えてくださいました。撮影のちょっとした空き時間に「絵の構図やカット割り」についての秘訣をこっそり教えてくださったりして、みやさかさんとの時間は、私にとって一生の宝物となる体験となりました。

■ シリーズ絵本(全2巻)の基本仕様

・タイトル『とんと・くるる と ともだちくん はっけようい』(1巻目)
・タイトル『とんと・くるる と ともだちくん うたいましょう』(2巻目)
各部の仕様は、出版部数:500部、1冊あたりの定価:1,600円(税抜)、サイズ:A5判ヨコ(H205×W148)、製本:上製本(ハードカバー)、フルカラー、24ページ
※シリーズ絵本(全2巻)は制作中のため、絵、サイズ、装丁は変更になる可能性有り
※シリーズ絵本(全2巻)はプロジェクトがSUCCESSした場合、5月刊行予定ですが支援者へのリターン履行は内容にもよりますが、最短で6月以降を予定しています

■ 目標金額について

このプロジェクトの目標金額は、シリーズ絵本(2巻目)の出版予算に当てる予定です。今回、1巻目の出版予算は何とか目処が立っていますが、どうしても2巻目の都合がつけられず、CAMPFIREを利用して絵本出版化の実現を目指したいと考えています。ちなみに各巻の出版予算は、印刷会社からの見積もりでは約70万円ほどです。目標金額だけではまだまだ足りませんが、みやさかさんの絵本を何としてもシリーズで出版したいのでパトロンの皆様、ご支援をよろしくお願いいたします。

■ リターンについて

・お礼のメッセージを添えて、CAMPFIRE限定(シリーズ絵本「とんと・くるる と ともだちくん」)ポストカードをお送りいたします。

12
▲漫画家ならではの写実的な画法も魅力的です。
※写真はイメージです

・シリーズ絵本「とんと・くるる と ともだちくん」(全2巻)セット ※作家直筆サイン入りもご用意いたしました

・シリーズ絵本へのお名前掲載

13
▲シリーズ絵本は今回、色えんぴつで丁寧に描かれているので優しい雰囲気。
※写真は絵本の原画です

・ニジノ絵本屋の読みきかせ専任スタッフによる「出張絵本読みきかせ」
※交通費実費を別途負担[往復:2名分(プロジェクト管理者と読みきかせ専任スタッフ)]していただければ、全国各地(学校、施設、個人宅、イベント会場、国内外問わず)に伺います!
※5月上旬以降。サクセス後、メッセージにてお打ち合わせさせていただきます。

14
▲専任スタッフによる絵本読みきかせ風景

<絵本読みきかせ専任スタッフ>
プロフィール:まえだゆり(ニジノ絵本屋)
大阪出身、人を感動させることが生きがい

<絵本読みきかせサンプル動画>




・シリーズ絵本『はっけようい』(1巻目)の貴重な色校正紙1枚(作家直筆サイン入り)※色校…実際の絵本の印刷や色の具合を確かめるためのプリント

・シリーズ絵本『うたいましょう』(2巻目)の貴重な色校正紙1枚(作家直筆サイン入り)※色校…実際の絵本の印刷や色の具合を確かめるためのプリント

・絵本原画とは別の「イメージ画(描き下ろし)」1枚を額装してお届けいたします!
※額装についてはこちらで手配させていただきます ※イメージ画はA4サイズを目安にしています(若干の変更有り) ※プロジェクトがSUCCESSしてから描き下ろすためイメージ画のお届けは7月予定

15
▲貴重なイメージ画をみやさかさんがCAMPFIRE限定で描き下ろししてくださいます!
※イメージ画は写真とは内容が異なります

16
▲写真右から漫画家:みやさかえいいち、プロジェクト管理者:いしいあや

■ プロフィール

・漫画家:みやさかえいいち
大正15年(1926年)東京生まれ
昭和25年(1950年)挿絵、漫画家として独立
昭和30年~50年にかけて少年少女漫画の月刊誌を中心に連載
『よこづなよっちゃん』『かすりちゃん』等、作品多数

・プロジェクト管理者:いしいあや
昭和55年(1980年)東京生まれ
目黒区は「都立大学」駅から徒歩1分の場所にある絵本専門店「ニジノ絵本屋」代表。
ショップオープンから丸3年が経過、独自の目線でセレクトした国内外の絵本や木製のおもちゃを中心に品揃え行う。近年、絵本屋レーベルで「インディーズ絵本」の出版も手がける。地元を中心に各所で、絵本読みきかせやワークショップの活動も行う。

・ニジノ絵本屋<ホームページ> http://nijinoehonya.com/

■ 最後にパトロンの皆様へ

プロジェクトの全容は以上です。最後まで読んでいただきましてありがとうございます。パトロンの皆様にはぜひ、お気に入りのリターンを見つけていただいて、プロジェクトの応援をしてください。プロジェクトがSUCCESSして、集まった支援金額については、みやさかさんの絵本を作り上げるための出版費用の一部として、大切に、心を込めて、使用させていただきます。最後になりますが、パトロンの皆様のご支援でぜひ、みやさかえいいちさんの人生で初の「オリジナル絵本」出版の夢を実現させて、多くの子どもたちに絵本を届けましょう! どうぞご支援よろしくお願いいたします!!

17

  • 活動報告

    プロジェクトのおわりに。

    2014/08/06

    みなさま、こんにちは。プロジェクト管理者:いしいあやです。 ニジノ絵本屋の「88さいのえほんづくり」プロジェクトですが、 先日、最後のパトロン(支…

  • 活動報告

    すべてのリターンを発送しましたっ!!!!

    2014/07/10

    みなさま、こんばんは!! プロジェクト管理者:いしいあやです!! 「88さいのえほんづくり」プロジェクトもクライマックス、 すべてのリターンを先日…

  • 活動報告

    シリーズ絵本が完成しましたっ!!!!

    2014/07/08

    みなさま、こんばんは!! プロジェクト管理者:いしいあやです!! 「88さいのえほんづくり」プロジェクト発足から約5ヶ月、 ついにシリーズ絵本(全…

レコメンド

  • 88さいの漫画家、みやさかえいいちさんが人生で初めての「オリジナル絵本」を出版するプロジェクト。ふたりの子ども、とんと・くるるが主人公の2冊の絵本が完成しました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください