2019/06/14 19:25

支援者インタビューは、今回のプロジェクトにてご支援頂いた方に直接お礼をお伝えしつつ、リバ邸になぜ支援して頂けたのか、どんな想いがあるのかをお伺いする企画です。


支援者プロフィール「ハイパーリバ邸準住民/後藤」

名前:後藤(以下:後藤)

活動:ハイパーリバ邸準住民


以下、インタビュー形式でお送りします。(敬称略)


お金の使い方が変わって、未来が変わった。

ぼり:この度は、パートナー枠(5万円)のご支援、ほんとうにありがとうございます…!

後藤さんは、それこそハイパーリバ邸の立ち上げのときのプロジェクトからずっといろんなリバ邸を応援してくださってると思うのですが、改めてリバ邸に関わるようになったきっかけをお伺いしてもよろしいでしょうか。


後藤:ぼくはもともと公務員のときに、なにか新しいことに挑戦したくて佐々木俊尚さんのオンラインサロンに入ったんです。

そのサロンのイベントで家入さんが対談してるイベントに参加して、リバ邸のことを知りました。

で、そのあとにハイパーリバ邸のクラウドファンディングプロジェクトをみつけたんです。

家と会社(学校)に続く「第三の居場所」になるシェアハウスを作りたい!


このときの衝撃がすごくて。


こういった居場所は今後絶対に必要になると思っていた矢先に、それを実現しようとしている人の想いを目にして、「これは支援しなくてはいけない!」と思い、支援したのがきっかけです。


ぼり:なるほど!じゃあほんとに最初はたまたまだったんですね…!

後藤さんが昔、リバ邸のプロジェクトとは別にぼく個人のクラウドファンディングに支援してくださったときに「自分にできないことに挑戦してる人に支援したくなるし、それで夢に関われた気がする」っていってたのがほんと印象的で。


挑戦する人をひたすら全力で応援できる方ってなかなかいないと思うんですけど、一貫して続けられる理由ってなぜなんでしょうか?


後藤:まず、前提として自分がリスクを負って、手を動かしている人がすごいなって思ってるのがあります。

で、クラウドファンディングのプロジェクトって、まだ世の中で当たり前ではない技術や活動だったり、もしくは個人の自己実現に向けた挑戦だったりすると思うんですけど、そういったプロジェクトを応援するのって、その方たちへの支援を通して自分の未来に投げ銭することだと思うんです。


夢や新しい技術に個人ができる投資をすることによって、技術や価値観がアップデートされていく。明るい未来のためにする投げ銭は自分の未来への投資だと思っていて。

そうした挑戦者たちによって実現する未来がなによりのリターンだと思っています。


もし、そうした活動が実現されて世界がちょっとだけ豊かになれば、まわりまわって自分の人生が豊かになっていくかもしれない。

それこそ、自分の老後を支えてくれるものがほしいなら今のうちに新しいものに支援しておけばいいんじゃないかなって思うんです。


あと、稼いだお金を自分の生活を贅沢するのももちろん素敵だと思うけど、人にお金を使うって自分の心にプラスになるものがあって。


ぼく自身の中でクラウドファンディングに支援するようになってから、「こーゆーお金の使い方があるんだな」って視野が広がりました。

今こうしてリバ邸に関わるようになったのも含めて、閉塞感の開放に繋がったんです。


お金の循環を自分の中だけで完結するだけでなく、クラウドファンディングなどを通して個人の間でもお金が流れるような寄付の文化がもっと広がってったらみんなが豊かになれるんじゃないかなって思ってます。


ぼり:素敵すぎます…ほんとその通りですね…

今、こうしてハイパーリバ邸の準住民として関わってくださってる上で、実際に住んでてなにか感じることとかってありますか?


後藤:リバ邸に住んでる人は根っこの価値観の部分に似ているところがあると感じているのですが、一人ひとりが違うことをやってるので刺激があります。

あと、岐阜に生活の拠点を置きながらと東京での2拠点生活するようになってから、リバ邸以外のコミュニティにもいろいろ参加して価値観が広がったなぁって感じます。

いい意味で既存の当たり前を疑えるようになりました


もっと、リバ邸が必要な人に届くまで。

ぼり:リバ邸のこれからの活動に対して思うところなどあればぜひ教えてください!


後藤:自分がけっこういろんなコミュニティにいて、オタク気質があったりして得意分野で秀でてるんだけど就職とかは苦手な感じの人に出会うことが多々あるんですよね。


でも、そういった人がリバ邸を知らないことが多くて。

やっぱりまだまだリバ邸の認知が広まりきってないな〜って感じるので、もっともっと知られてほしいなって思います。


人間誰しも、今自分の目の前にあって「絶対に大丈夫だ」と思ってる環境が崩れることってやっぱりあると思っていて。

そんなときに、リバ邸の存在を知っているのかどうか、関われるかどうかってすごい重要だと思うんです。


ぼくは今、公務員をやめてこういった活動をしてますけど、やっぱりこういったコミュニティや活動をしている人に出会える機会ってまだまだ少ないのが現状だなと。


最近は特に悲しい事件とか起きたりしちゃってるけど、もし居場所となるコミュニティがあったら起きにくくなるんじゃないかなって思うんです。


これからリバ邸の活動は更に拡大していくと思うけど、ずっと現代の駆け込み寺としてマイノリティの立場にいる方の居場所になるような存在で有り続けてほしいと思っています。

これからも、応援しています。


ぼり:ありがとうございます!!これからもよろしくお願い致します!!


活動報告

現在の当プロジェクトの進捗は以下となっております。

残り日数 15日

支援金額 1,006,888円

支援者数 144人

達成率  77%


引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?