株式会社リバ邸のぼりです。


昨日、当プロジェクトのリターンであった「リバ邸1周年記念パーティー」が渋谷CAMPFIREオフィスのイベントスペースにて開催されました。


イベントには、普段協賛をしてくださっている

・BASE FOODさんのBASE BREAD

・POT LUCK

などが並び、普段お世話になっているTABETEの篠田さんからはお花まで頂いてしまいました。


パーティー自体は本当に各リバ邸や住んでいない人の交流が目的だったので、みなさんがそれぞれ関わっているリバ邸以外の方とも知り合いになれたりしたのであれば開催した意味はあるのではないかと思ってます。


改めまして、協賛頂いたみなさま、支援の上参加してくださったみなさま、支援者なのにスタッフとして手伝ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。


余談にはなるのですが、昨日のパーティーを終えてぼくの住んでいるリバ邸蒲田に帰ったあと、スタッフで参加してくださっていたリバ邸蒲田住人の「にがうりさん」と喋ってて、ふと気づくことがありました。

自分がその場にいてもいいと思えるのってほんとうに大切なことなんじゃないかなって。


リバ邸はシェアハウスを通して住民ひとりひとりがその場の空気を作っているものだと思うのですが、みんなが「ここにいていい」と思える居場所として引き続き有り続けてくれたらいいな〜って思います。


リバ邸のフリーペーパー配布について

当プロジェクトのご支援によって作成されたフリーペーパーの印刷も無事間に合い、参加者のみなさまにもお配りすることができました。

リバ邸のコンセプト、はじまり、どんな場所なのか?などを簡単にまとめたものになってます。

こちらは、リバ邸創設者である家入一真氏が作成費を捻出してくださり、今後任意のリバ邸や関係施設に置かれます。


欲しい方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください!

直接お会いできたときにお渡しさせて頂きます!


当プロジェクトのリターンはまだまだ続いていくのですが、昨年の創立記念パーティーに引き続き、1周年記念パーティーを無事に終了できたので、ご報告とさせて頂きました!


引き続き、よろしくお願い致します!


あと、実は昨年のパーティーの時点でタクミくんと会っていたという事実にビックリしました。



支援者インタビューは、今回のプロジェクトにてご支援頂いた方に直接お礼をお伝えしつつ、リバ邸になぜ支援して頂けたのか、どんな想いがあるのかをお伺いする企画です。


支援者プロフィール「ゲストハウス編湊オーナー/渡邉直太」

名前:渡邉直太(以下:直太)

活動:H25年12月難病(多発性硬化症)発症→H26年6月個人事業主として起業。H29年9月法人化。株式会社 ラッズ(茨城県かすみがうら市) 代表取締役/ゲストハウス編湊 (茨城県ひたちなか市) オーナー

HP:https://aminato.net/

Twitter:https://twitter.com/NaotaWatanabe


以下、インタビュー形式でお送りします。(敬称略)


人と人との出会いを編む

片倉:改めまして、パートナー枠のリターンにご支援頂き、ありがとうございます!!

なんでクラファン支援してくれたのかお伺いしてもよろしいでしょうか。


直太:れんくんがお声掛けしてくださった提案内容がすごくよかったなって。


片倉:リバ邸の公式サイトにゲストハウス枠のリバ邸として掲載するって話ですよね。


直太:そうそう、リバ邸の住人さんを招待したりして提携できるのが良い。

そもそもゲストハウスとシェアハウスってものが相性良いと思ってて、シェアリングエコノミーな感じが。なので、ぜひ進めていきたいです!


片倉:ありがとうございます、ぜひ!

直太さんがオーナーをされてる「あみなと」っていうゲストハウスについて教えてください!



茨城県ひたちなか市「ゲストハウス編湊(あみなと)」

直太:「あみなと」ってなまえが、編むって字とって字でできてて。湊って字には集まるって意味があります。

「人があつまり、人と人を編んでいく場所にしたい」


よそから来る人と地元にいる人が繋がれたらいいなと。


片倉:なぜゲストハウスだったんですか?


直太:ぼく自身、元々茨城のことが嫌いだったから、茨城にいたくなくて。

休日になる度に全国を旅しながらゲストハウスに泊まっていたんです。

そのときのゲストハウスでの出会いがほんとに楽しくて。


片倉:知らない人に会えるのって楽しいですよね!予定調和じゃない感じというか。


直太:あ、まさにそれです。

で、最初は茨城じゃないところでゲストハウスをオープンして独立するって思ってたんですけど、その矢先に難病に指定されている「多発性硬化症」になってしまって。


直太:結果として、今でも治療は続いているものの、復活できたんです。

そのときに救ってくれたのが、地元にいた両親と妻の支え。

そして茨城県かすみがうら市からのお見舞金だったんです。


精神的にも相当参っていた僕は、地域自体から頂ける「お見舞金」にもとても励まされたんです。


こうして「自分を救ってくれた茨城になにか恩返しがしたい」と思い、茨城でゲストハウスをすることに決めました。


片倉:めちゃめちゃいい…!だから茨城ではじめられたんですね。


直太:はい、ぼくは茨城にこだわってて。編湊っていうきっかけを通して「茨城よかったな〜」って思ってくれる人が一人でも増えたらいいなって思ってます。


片倉:素敵すぎます。最後に、ひとことお願いします。


直太:今回リバ邸とこーゆうような形で関われて、嬉しいです。 れんくんとも仕事出来てうれしいです。これからもよろしくお願いします!


片倉:こちらこそ、よろしくお願い致します!


活動報告

このプロジェクトは、2019-05-29に募集を開始し、201人の支援により2,240,666円の資金を集め、2019-06-28に募集を終了しました。


引き続き、よろしくお願い致します!

支援者インタビューは、今回のプロジェクトにてご支援頂いた方に直接お礼をお伝えしつつ、リバ邸になぜ支援して頂けたのか、どんな想いがあるのかをお伺いする企画です。


支援者プロフィール「全宅ツイ/グリップ君」

名前:グリップ君(以下:グリップ)

HP:https://www.kusobukken.com/

Twitter:https://twitter.com/kuso_bukken

活動:猛獣ひしめく不動産ジャングルを、その圧倒的な握力で生き抜いてきた不動産戦士、グリップ君。

底知れぬ体力と威圧感で長時間の商談を戦い抜き、物件を押し込むまで帰らない。

2週間に一度のツーブロックの手入れは欠かさない。

好きなもの:ペンギンのスープ・北京ダック

嫌いなもの:自営業者


以下、インタビュー形式でお送りします。(敬称略)


我々の魂を救済してほしい

片倉:この度は、リバ邸100軒プロジェクトの特大リターンにご支援頂き、ありがとうございました…!改めて今回リバ邸のクラウドファンディングに支援した理由をお伺いしてもよろしいでしょうか!


グリップ:「世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所」というリバ邸のコンセプトに深く共感し、是非我々もその未来を一緒に作っていきたいと思ったからです。

私共のメンバーには家庭が崩壊し、自宅に居場所がないおじさんがたくさんいます。

また、会員の半数がリーマン・ショック時に倒産や解雇を経験しています。

もう会社や家に帰りたくない。

その気持ち、痛いほどわかります。

このような素晴らしい事業を推進することは、ひいては我々の魂を救済することにほかなりません。


片倉:そもそも全宅ツイってなんなのでしょうか?


グリップ:全宅ツイは、宅建業及びその周辺産業に従事している者の中でTwitterを利用しており、その中で特に優秀な発言を繰り返す者を会員としています。

全宅ツイは、Twitter不動産業界における名実ともに最大の団体を構成しています。

不動産業者特有の、日中有り余る時間をTwitterに注ぎ込み、不動産に関する話題に対し活発に意見交換をしております。

コアメンバーは2014年頃から活動を始め、インターネット回線を通して信頼関係を醸成してまいりました。

その規模は年々大きくなり、また、会員相互の結びつきも強固になっており、昨年は会員間での取引が数億円に達しました。


片倉:全宅ツイの活動についてもお伺いしたいです!

グリップ:その年の不動産業界でもっとも輝いていた物件や事件を表彰する奇祭「#クソ物件オブザイヤー」の運営。

最前線で戦っている不動産戦士たちによる学級新聞「全宅ツイ不動産チンパンジー情報」の発行。

ツイッターでの酒チャンスの開拓などをしています。

基本的に皆ちゃんとした企業人ですので、自社ではレピュテーション上、もしくはコンプラ上できないことを実験する場として全宅ツイは機能しております。


片倉:全宅ツイ様との共同運営スタートするということで不動産業界で働いていたことのあるぼく自身がとても怯えているのですが、最後に一言お願いします。


グリップ:代表の片倉さんは非常に優秀な若者と伺っております。

私達のような目の輝きを失った中年に、片倉さんを始めとするリバ邸の運営メンバー・入居者の皆さんの爪の垢を煎じて飲ませていただければ、まだ僕らもキャバクラでLINE交換くらいできるかもしれません。

おじさん達のリハビリにお付き合いいただき幸甚に耐えません。

もう一度モテたいです。

よろしくお願い申し上げます。


ウホッ!


活動報告

このプロジェクトは、2019-05-29に募集を開始し、201人の支援により2,240,666円の資金を集め、2019-06-28に募集を終了しました。


引き続き、よろしくお願い致します!

株式会社リバ邸の片倉です。


昨晩の23時59分59秒で、今回のプロジェクト「【創立1年】#リバ邸全国100軒計画!友達と遊ぶようにリバ邸を作り続けたい!」が終了致しました。


結果は以下のとおりです。

支援金額 2,240,666円

支援者数 201人

達成率  172%

大達成でプロジェクトを終えることができました。

ご支援と応援をしてくださった皆様、本当に、ありがとうございました。


そしてタイトルにもある「トラブル」についてなのですが、昨晩の終了前ライブ配信で起きました。


プロジェクト終了5秒前にライブ配信終了

23時30分から開始したリバ邸経営メンバーでのライブ配信が、終了前のカウントダウンをしてる途中に急にライブ配信が終了しました。


ツイキャスというライブ配信サービスを使って配信したのですが、30分毎に更新が必要なサービスだったので、ちょうどタイミングがかぶってしまったようです…


これは完全に予期してなかったトラブルで、プロジェクトが終了したあとも配信を続けるつもりでいたので、膝から崩れ落ちました。


ライブ配信にコラボで参加していたタクミくんも、どうやら崩れ落ちていたようです。


なんというかこのしっかりしきれていない感じもリバ邸っぽいのかなって思いした。


ただ、ライブ配信をご覧になってくださっていた方は本当にビックリしたと思います、、、


本当に失礼致しました!!!


本当に嬉しいのだけど、本当にくやしかった。

ここからは、今の気持ちを本音のままに書きます。


毎回クラファンが終わった後に思っていることなのですが、「もっとなにかできたんじゃないかな」って思っちゃうんです。


大前提として、目標金額なんてとんでもない大達成だし、200名以上の方に支援していただけたことってただごとではないと思っています。


でも、もっとなにかできたんじゃないかなって思ってしまう。

もっと多くの人に伝えられたんじゃないかと思う。


欲張りに聞こえてしまったかもしれませんが、逆に言うと満足しないからこそ次に向かえるのかなって思ってます。



株式会社リバ邸は第2章に突入します。

昨年のリバ邸法人化プロジェクトの達成で第1章のスタートを切ったリバ邸は、このプロジェクトを達成したことで第2章に突入しました。


去年、そして今年のプロジェクトから関わってくれた方みなさんと一緒に「居場所づくり」という名の機会をつくっていけたらうれしいです。


#リバ邸全国100軒計画とともに、これからも遊ぶように人を巻き込みながら、リバ邸を盛り上げていきます。


追って、リターンの連絡を送らせて頂きます!


重ね重ねとなりますが、この度は本当に支援と応援をありがとうございました!!


株式会社リバ邸代表取締役 片倉廉

リバ邸のかたくらです。


とうとう今回のプロジェクトも最終日を迎えました。

残すところあと12時間で現在ご支援頂いた金額は2,040,166円!!!

200万円を突破いたしました!!!!!


最終日で追加の支援が多く集まり、すごい勢いとなってきました…!!

本当に本当に、ありがとうございます…!!!


また、心配されていた台風も逸れてくれたので、無事に唐揚げ会も開催できそうです!!!


それでは最終日の追加リターンをご紹介させていただきます!!!


最終追加リターン「学生&20歳以下限定リバ邸ご飯会」

ぼくとぼりさんと一緒に都内のリバ邸でランチしましょう!!!

・リバ邸に来てみたい方

・ぼくとぼりさんに話したいことがある方

・ぼくとぼりさんに聞きたいことがある方

とかいらっしゃったら、ぜひこの機会に!!!


その他追加リターンについて

ふざけたリターンも追加していますが、ふざけすぎているので、ぜひリターン画面を直接ご覧になってください!!笑


23時30分〜ツイキャスライブ配信します!!!

本日は19時から支援者無料(一般の方は500円)の唐揚げ会をリバ邸蒲田にて開催します。

そして、プロジェクトが終了する30分前の23時30分からツイキャスにてライブ配信を致します!!

ぜひご覧ください!


詳細は以下となっております。


【支援者無料!】ぼりの唐揚げ会&最終ライブ配信inリバ邸蒲田

日付:今日です!!!
時間:19時〜21時
場所:リバ邸蒲田(住所は別途お伝え致します)
費用:500円(支援者は無料)
飲物:持参
申し込み方法:以下のリバ邸公式TwitterにDMください!

https://twitter.com/livertyhouse

*支援者の方は当日、リバ邸蒲田入り口にて支援画面の提示をお願い致します!

もし参加人数が多すぎた場合は途中で募集を停止させて頂くことがございます!!


ライブ配信もリバ邸公式Twitterよりツイキャスの投稿をさせて頂きます。


最後の最後まで、お付き合いのほどよろしくお願い致します!!!


活動報告

現在の当プロジェクトの進捗は以下となっております。

残り日数 12時間

支援金額 2,040,166円

支援者数 181人

達成率  157%


引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します!!