2020/05/11 02:00

本年1/6(月)~2/2(日)に実施したミャンマーへのラクロス普及に向けたクラウドファンディングは、支援者94名、支援総額1,337,000円と、達成率111%で大成功にて終了となりました。

頂いた大きなご支援もさることながら、クラウドファンディングを通じて日々たくさんの方にこの活動を知って頂き、ご共感・応援頂けたこと、叱咤激励して頂いたことが我々の活動の強い追い風、力となったことは間違いございません。ありがとうございました。

また、我々の活動にご参加くださった皆様、ご協力・応援・見守ってくださった皆様、関わってくださったすべての皆様に感謝の気持ちを込め作成しておりましたムービーが完成いたしました。

◆活動報告ムービー 本編
https://youtu.be/CHUk5YhVLcE

ムービーのご紹介とあわせて皆様に深く御礼をお伝えするとともに、以下に活動報告を掲載させて頂きます。活動内容、ご支援の使途、おわりに、と長くなりますが、最後までお読みいただけますと幸いです。

活動内容

皆様からの応援を背に、2/7(金)~11(火)にかけてミャンマーの最大都市ヤンゴンを訪問しました。今回ミャンマーを訪問したラクロスプレーヤは、現役大学生が日本から12名、社会人が日本から12名、タイから2名、香港から2名、マレーシアから1名の計29名です。ミャンマー在住のラクロスプレーヤーの当日サポートもあり、無事5セッションのクリニックを開催し、ミャンマーの子どもたちのラクロス”Day 1”をつくることができました。

実施したクリニックは下記の5セッションです。
●8日(土)PM:Open Clinic
学校ごとではなく、有志の参加者を募り、開催。実施場所として、ヤンゴン市内にあるグラウンドを確保しました。日本人学校に通う兄弟と、近くでフットサルをしていた少年、そして近所に住む子どもたちが恐る恐る参加してくれ、はじめて触れるラクロスに目を輝かせ楽しんでくれました。前回開催時は触れ合うことのできなかったミャンマーのローカルの子どもたちとラクロスDay1を過ごすことができました。

●9日(日)AM:@Dream Train
小学生を低学年と高学年に分けて、2種類のクリニックを開催。低学年は空きペットボトルと木の棒でオリジナルDIYラクロススティックを作成する工作の時間からはじめました。そしてそれぞれが作ったマイスティックでラクロスの練習と試合を行いました。高学年は世界中のラクロスプレーヤーから寄付頂いた通常のラクロススティックで本格的に練習と試合を行いました。ビルマ語が公用語の彼らに新しいスポーツを伝えることに苦戦したものの、Dream Trainの通訳担当の先生に助けられながら心を通わすことができました。はだしで夢中で駆け回るこどもたちの姿が忘れられません。

●9日(日)PM:@ヤンゴン日本人学校
ヤンゴン在住の日本人の子どもたちと、通常のスティックを使ったクリニックを開催。「日本でもやったことない~」とはじめこそ少し緊張した声が聞こえていましたが、お互いにライバル心を抱きながら真剣に練習している姿が印象的でした。ご父兄も見学に来てくださり、ミャンマーでは日本の小学校に比べてスポーツをする機会が少ない、というご事情を伺いました。ラクロスがミャンマーに住む日本人の子どもたちにとっても、仲間と集まり一生懸命になる一つの機会になってくれることを期待します。

●10日(月)AM:@The Khayay International School
前回(2018年5月開催時)に引き続き2回目のクリニック開催。前回訪問時にペットボトルで作ったDIYスティックや、プレゼントした通常のスティックを使って事前練習をして、万全の状態で参加してくれました。クリニックに向けて準備をしてくださった先生方、ありがとうございました!参加者が小学校低学年だったこともあり、こちらもオリジナルDIYスティックの工作からスタート。DIYスティックを使って練習をした後、通常のスティックに切り替えて練習と試合を実施。小さい体には少し長めのスティックを一生懸命に使いながら、ぐんぐん上手になっていました。

●10日(月)PM:@International School of Myanmar
こちらも前回に引き続き2回目の開催。普段から授業に部活にとさかんにスポーツをしている子どもたちとのことで、吸収の早さには目を見張るものがありました。最後に行った試合では、名プレーもたくさん見ることができ、この子どもたちからいつか日本のラクロスプレーヤーと試合をする選手が出てくるだろうと期待が膨らみました。また、今回の訪問をアレンジしてくれた先生と体育担当の先生もスティックを片手にプレーの仕方やルール等について質問をしてくれるなどラクロスに興味を持ってくれました。授業、部活、なにかしらの形で継続的にラクロスに触れる機会が続いていくことを確信しています。

学校別の活動報告ムービーもあわせてご覧ください。
◆活動報告ムービー 学校別編
https://youtu.be/09ClFpWNm5A

ご支援の使途

皆様から頂いたご支援は下記に活用させて頂きました。
●現地での活動費 (移動、グラウンド、企画備品、Tシャツ、他)
●安全・健康対策に必要な物資の調達費 (救急バック、除菌スプレー、ウェットティッシュ等を含む感染症対策グッズ、他)
●返礼品の準備費
●今後の活動費

皆様のお力添えのおかげあって、ミャンマーも子どもたちに充実の環境でラクロスに触れてもらうことができ、我々チームの安全・健康の面でも万全の状態を準備することができました。ミャンマーとラクロスはまだまだ出会ったばかり、はじまったばかりです。今後の活動にも一部を活用させて頂きます。本当にありがとうございました。

おわりに

気づけばミャンマーでのクリニック開催からちょうど3か月が経ちました。
3か月前を振り返ると、日本でも数人の新型コロナウイルス感染者が出始めた頃でした。決行、中止の判断を悩む中、現地の学校や関係者の方々への状況の確認、除菌スプレーやマスクなど対策グッズの確保、チームのルール整備などを進め、なんとか実施に至りました。当時も状況把握に意思決定にと、大変慎重になりましたが、今この世界の状況を見ると尚、瀬戸際の開催だったと振り返ります。また、ミャンマーで触れ合った皆様と我々チーム全員が無事にクリニックを終えられたことを心より安心しました。日本、ミャンマーに限らず、逼迫した状況は続きますが、皆様が健康にお過ごしのことを願わずにはいられません。

さて、今回のミャンマーでのラクロスクリニックは、競技としての普及に加え、ラクロスを通じて少しでもミャンマー社会に貢献すること、そしてより多くの方々へラクロスとの新しい接点を生み出すこと、の3点を目標にしておりました。
現地で5セッションのクリニックを開催し100人近い子どもたちにラクロスDay1を提供でき、そのうち2セッションは再訪問、3セッションは新たな開催先でした。まだまだ始まったばかり、先は長いですが、今回のラクロスクリニックを通して、競技としての普及に向けた一歩を確実に踏み出せたと感じております。
また、2日目に訪問したDream Trainは様々な理由により親元を離れた子どもたちの養育施設です。開催に向けて調整を進めている際、Dream Trainのご担当者の方に、「様々な個性を持つ子どもたちに『夢中になれるもの』を見つけてもらいたい、その一つの機会になったら嬉しい」とのメッセージを頂きました。『夢中になれるもの』という言葉と向き合い、準備・実施した我々のラクロスクリニックが、Dream Trainの子どもたちにとって夢中になれた時間であり、夢中になれるものの一つになっていたら本望です。
そして、今回の活動には多くのラクロスプレーヤー、ラクロス関係者に様々な形でお力添えいただきました。前回は12人でしたが、今回は30人にのぼる大きなチームとなりました。また日本全国の大学ラクロスチームや国内外のラクロスプレーヤーの方々からラクロスクリニックに必要な備品をたくさん寄付して頂きました。さらに、このクラウドファンディングを通して、ラクロスと今まで関わりがなかった皆様にもご支援という形で関わっていただきました。
競技に関わる者たちがまた別の方法でラクロスに向き合い、競技に関わっていない方々が様々な形でラクロスと接点を持つ光景を目の当たりにし、ラクロスというスポーツ、コミュニティはこうして成長・発展し、次のステージに行くのだ、と身をもって感じることができました。

興奮冷めやらぬ中、日本では新型コロナウイルスが本格的に猛威を振るい4月には緊急事態宣言が発令、ミャンマーでも外出自粛や学校閉鎖となっていくのをうけ、我々も構想をはじめていた次のアクションを見送ることとなりました。
もどかしいところも多くありますが、今は、今できること、今あるべき姿に向き合い、今後我々ができるアクションとその時期を見極めていきたいと考えを巡らせております。

また近い未来に皆様にワクワクするご報告ができることを願うばかりです。


最後になりますが、ご支援頂いた皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

以上をもちましてミャンマーラクロスクリニックの活動報告に代えさせて頂きます。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?