2020/09/01 00:43

こんばんは、キャプテンの花守拓樹です。

いつもFUKUOKA NIWAKAをご支援いただき、誠にありがとうございます。

先程、RoboMasterの運営から、新型コロナウイルスの流行等を理由に、2020年のオフライン大会を中止する旨の発表がありました。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
大会運営本部による発表はこちらをご覧ください。
https://www.robomaster.com/en-US/resource/pages/announcement/1188
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


これにより、誠に遺憾ながら、RoboMaster2020への参加は不可能となってしまいました。
発表の瞬間、2019年の大会が終わった瞬間からこれまでの日々が想起され、筆舌に尽くし難い感情に襲われました。


しかし、ただ打ちひしがれ、立ち尽くすだけでは、「日本のものづくりで世界を驚かせる」という目標が遠ざかってしまいます。
これまで頂いたご支援の内、渡航費に充てる予定だった予算を、ロボットの製作費や作業環境の拡充に充て、これからも開発を続けていこうと考えています。


2020年の大会が中止になった今、できる事をできる限りやることが、2021年のより良い結果に繋がると思います。
そして何より、ここで歩みを止めず、少しずつでも前に進んでいくことが、これまでご支援頂いた皆様への何よりの恩返しになると考えています。


その第一歩として、9月13日までのクラウドファンディング企画は、最後までしっかりと実行してまいります。
これまでご支援頂いた皆様に、少しでも私たちの活動を身近に感じて頂くためにも、妥協せずにリターン品の製作を行おうと考えております。
また、大会中止に伴って生まれた時間を有効に利用し、更なる開発を続けるためにも、引き続き活動資金を集めることといたします。


大会で活躍する瞬間をお見せする事は叶いませんでしたが、今後も私たちなりに、私たちらしい活動を続けて行こうと考えております。
2021年大会でのより良い結果へと繋げるためにも、皆様のご支援は欠かせないものになると思っております。
これからも、暖かく見守っていただければ幸いです。

FUKUOKA NIWAKA キャプテン 花守拓樹

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?